整理収納アドバイザーのsaikoです。
いつもブログに訪問いただき
ありがとうございます。音譜
 
 
 
「わー、久しぶりー!お元気ですか?」
 
 
スーパーマーケットで、バッタリ。
以前子供さんの預かりを
させていただいたお母さまMさんに会いました。
 
 
「Sちゃんはお元気ですか?今はどちらに?」
 
「大阪の大学です。
滅多に帰ってこないのよー。」
 
 
Sちゃん(女の子)を
小学1年生から3年生まで
平日に自宅で17時半から19時まで
お預かりしていました。
 
 
宿題を済ませ、
 
お絵描き、
 
折り紙、
 
ビーズでアクセサリー作り、
 
おやつを作ったり、
 
楽しく過ごしました。音譜
 
 
その子供さんも大学3年生。
月日が経つのが早くて・・・あせる
 
 
自分も年を取っていることを
実感させられます。
 
 
「我が家も同じです、
息子二人は県外ですから
滅多に帰ってきませんねー。」
 
 
お母さまはお医者様で、
当時はかなりのハードワークでした。
 
 
今は、開業されてお休みも
取れるようになったようです。
 
 
救命救急センターで勤務されていた時は、
お正月も関係なく勤務。
 
 
子供さんの、書初めの宿題も
勤務の合間に見るという忙しさ。
 
本当に頭が下がります。
 
 
「若い人が(看護師さん?)が辞めてしまうのよ。
バブルの頃みたいにガツガツしていないのね。
他に資格を取るとか考えないのかなぁ?
安定志向よね。」
 
 
「そうですよねー。
でもそういう人だけではなくて
資格を取りたいと思っている人はいますよ。」
 
 
「あっ、そうだ、実は私・・・」
 
自分の名刺を出すと。
 
「わー、名刺出てきた!」
 
 
子どもたちが、
それぞれ県外に出たことを機会に、
整理収納アドバイザーと
整理収納教育士の資格を
取得したことをお話しすると、
 
 
「やっぱり自分を
追い込まないとダメよねー。」
 
 
わたし自身もまずは、
できるかできないかを考える前に、
 
試験の申込をします。
 
参加しますと手を挙げます。
 
 
最初に「目標設定」をする。
 
 
やりたいと思ったら、
 
そこに向けて自分を
やらないといけない
状況に追い込みます。あせる
 
 
Mさん
「私も、子供たちがいなくなって
時間ができたから、
ファミリー・サポートしようかと思って・・・。」
 
 
「えっ、ファミリーサポートですか?」
 
今までずっとハードワークだったので、
時間ができると何かできないかと
考えてしまうそうです。
 
時間がもったいないと・・・
 
 
「M先生、ファミリー・サポートの講習が
5日間ほどあります。(午前と午後)
それを受けていただかないと
会員登録できないんですよ。」
 
 
11月には新規の会員向けの
講習会がありますのでご興味のある方はどうぞ。
予定はまだ未定です。
 
 
 
☆まつやまファミリー・サポート・センター
 
 
 
 
「やっぱり、難しいかな?」汗
 
 
本業(お医者様)がありますからね。
 
 
でも、すぐに立ち直り
 
「講習会などでお話もできますよ。」
と言っていただいたので、心強いです。
 
 
ファミリー・サポート・センターでは、
会員向けに、育児や介護の
フォローアップ講習会を開催しています。
 
 
 
 
また、ご縁がつながるかもしれません。ラブラブ
 
 
ファミリー・サポートは
わたしの
コミュニケーションツール。
 
 
 
 
saiko
 
 
 
整理収納アドバイザー資格を取りたいと
考えている方はこちらからどうぞ音譜
 
認定講師の方が全国で
講座の開催をされています。
 
 
☆整理収納アドバイザー2級認定講座☆サーチ
 
 
 
 
ハウスキーピング協会
 
 
 
 

♡ホームページ♡

 

 
 
☆こちらもおすすめです☆
 
にほんブログ村テーマ
介護・福祉全般
 
 
 

ブログ村テーマ
100円ショップ!ダイソー☆大創!

 

 
 

ブログ村テーマ
暮らしを楽しむ

 

にほんブログ村テーマ
何でもブログ

 

ブログ村テーマ
子育てを楽しもう♪