こんにちは!西南学院大学硬式野球部2年マネージャーの高木です!
本日行われた令和二年度春季リーグ戦第2週3日目の九州国際大学との試合結果をお知らせします!

〈4月18日〉VS 九州国際大学

西南大 l 000 110 310 l 6
九国大 l 000 001 000 l 1

〈安打数〉

九国大:4 西南大:14



《西南大スターティングオーダー》

1  一    辰見 鴻之介(3年/香住丘高)
2 ニ 久保山 大輔(4年/東明館高)
3 三 小中 健蔵(3年/九産大九州高)
4 左 矢野 駿典(4年/龍谷高)
5 指 福島 悠介(2年/筑陽学園高)
6 中 長澤 壮真(4年/北筑高)
7 右 甲斐 雄也(4年/済々黌高)
8 捕 木実 健太郎(4年/東明館高)
9 遊 大平 幹太(2年/福大附属大濠高)
 
P  仲山 和希(3年/福翔高)

西南大の先発ピッチャーは仲山(3年/福翔高)。毎回のようにランナーを出す苦しい投球ですが、味方の堅い守りと粘り強い投球で得点を与えません。

一方西南大は、ランナーを出しますが相手の好守に阻まれ得点することができません。

試合が動いたのは4回表。この回先頭の6番長澤(4年/北筑高)が快速を活かし内野安打で出塁すると、その後1死2塁から8番木実(4年/東明館高)がライトへ安打を放ち1死1・3塁のチャンス!打席には今季からショートを託された9番大平(2年/福大附属大濠高)。スクイズを確実に決め、西南大が1点を先制します!

さらに5回表。1死から4番矢野(4年/龍谷高)が四球で出塁すると、盗塁を決め追加点のチャンス!その後2死2塁となり、6番長澤がセンターへタイムリーヒットを放ち2-0とリードを広げます!

リードをもらった仲山は尻上がりに調子を上げ九国大打線に的を絞らせない投球を披露します!

しかし6回裏。1死から四球で出塁を許すと、盗塁をされます。その後2死2塁のピンチ。九国大の3番打者が放った打球はセカンドへ。セカンドの久保山(4年/東明館高)も打球に追いつきますが、内野安打を許します。その間に2塁ランナーに生還され2-1と1点差に迫らせます。その後は同点を許さず仲山は6回1失点と先発の役割を終えます。

失点を許した直後の7回表。この回先頭の2番久保山が相手のエラーにより出塁します。なんとしてもこのチャンスを活かしたい!ここでバッターは3番小中(3年/九産大九州高)。鋭いスイングから放たれた打球はライトへ一直線のツーランホームランにより4-1と差を広げます。その後2死から5番福島 悠介(2年/筑陽学園高)。先日の第一戦の勢いそのままに振り抜いた打球はレフトへの大飛球!そのままスタンドに吸い込まれホームラン!5-1とさらにリードを広げます。

7回裏。先発の仲山からマウンドを引き継いだのは福蔵。3人でピシャリと抑え相手打線についた火を消します!

すると8回表。この回先頭の8番木実が高めのストレートを完璧に捉えてソロホームラン!
6-1と九国大を突き放します!

7回からリリーフした福蔵は9回まで無失点で抑える好投を見せ試合終了!
6-1と勝利しました!

《次の試合》
4/24
@桧原球場
15:00〜
vs久留米大学

第2週を終え、3勝1敗の2位につけています!
リーグ戦もいよいよ折り返しの第3週です!優勝に向けて負けられない戦いが続きますがどうぞ応援宜しくお願いします!
こんにちは!西南学院大学硬式野球部2年マネージャーの高木です!
本日行われた令和二年度春季リーグ戦第2週1日目の九州国際大学との試合結果をお知らせします!

〈4月16日〉VS 九州国際大学

九国大 l 002 000 000 l 2
西南大 l 000 130 01×  l 5

〈安打数〉

九国大:8 西南大:7



《西南大スターティングオーダー》

1  一    辰見 鴻之介(3年/香住丘高)
2 ニ 久保山 大輔(4年/東明館高)
3 三 小中 健蔵(3年/九産大九州高)
4 左 矢野 駿典(4年/龍谷高)
5 指 福島 悠介(2年/筑陽学園高)
6 中 長澤 壮真(4年/北筑高)
7 右 甲斐 雄也(4年/済々黌高)
8 捕 木実 健太郎(4年/東明館高)
9 遊 大平 幹太(2年/福大附属大濠高)
 
P  吉田 龍ノ介(4年/九産大九州高)

西南大の先発ピッチャーは吉田(4年/九産大九州高)。初回を三者凡退で抑える最高の立ち上がりを見せます。

先制点が欲しい西南大は毎回のようにランナーを出しますが一本がでず、無得点に終わります。

試合が動いたのは3回。2死から安打と四球で1・2塁のピンチを向かえます。相手の4番の打球が左中間深くに抜ける2点タイムリースリーベースで先制されます。

すぐに追いつきたい西南大は4回。この回先頭の2番久保山(4年/東明館高)が四球で出塁すると、続く3番小中(3年/九産大九州高)もヒットで出塁し、0死1・3塁のチャンス。ここで打者は4番矢野(4年/龍谷高)。きっちりと犠牲飛で仕事を果たし1点返します。

さらに5回。1死から9番大平(2年/福大附属大濠高)がヒットで出塁すると1番辰見(3年/香住丘高)もヒット、2番久保山も死球で続き満塁の大チャンス。この絶好の場面に回ってきたのはまたしても4番矢野。冷静にボールを見極め四球を選び、同点に追いつきます。さらに5番福島悠介(2年/筑陽学園高)のタイムリーで逆転に成功します。

一方吉田は、2点を取られて以降ランナーを背負うも粘りの投球で相手に得点を与えません。

追加点が欲しい西南大は8回。この回先頭の代打村上(3年/香椎高)が四球で出塁すると、6番長澤(4年/北筑高)も四球で出塁し、またしても1・2塁のチャンスに代打柴田直旺(3年/福岡西陵高)。犠打をしっかり決め1死2・3塁とチャンスを広げます。さらに申告敬遠で1死満塁の大チャンス。ここで打者は代打山下真輝(4年/糸島高)。初球を振り抜いた打球はライトへのタイムリーヒット!1点追加します。

3点リードしてからの9回のマウンドにも吉田があがります。先頭打者に四球を出すものの後続を経ち、0点で抑え試合終了。5-2で勝利しました。

平日の試合にも関わらず多くの方々にご来場頂きありがとうございました!

《次の試合》
4/18
@筑豊緑地球場
15:00~
vs九州国際大学

中1日空けての試合です。
熱い声援をよろしくお願いします🔥📣
こんにちは!西南学院大学硬式野球部2年マネージャーの高木です!
本日行われた令和三年度春季リーグ戦第1週2日目の北九州市立大学との試合結果をお知らせします!

〈4月11日〉VS 北九州市立大学

西南大 l 000 000 210 l 3
北九大 l 000 050 00× l 5

〈安打数〉

西南大:6 北九大:6



《西南大スターティングオーダー》

1 一 中本 和弥(4年/武田高)
2 ニ 久保山 大輔(4年/東明館高)
3 三 小中 健蔵(3年/九産大九州高)
4 左 矢野 駿典(4年/龍谷高)
5 指 福島 悠介(2年/筑陽学園高)
6 中 長澤 壮真(4年/北筑高)
7 右 甲斐 雄也(4年/済々黌高)
8 捕 白石 圭(3年/大分舞鶴高)
9 遊 大平 幹太(2年/福大附属大濠高)
 
P  仲山 和希(3年/福翔高)


西南大先発ピッチャーは仲山(3年/福翔高)。4回1安打無失点の好投を見せます。

この好投に応えたい西南大打線ですが、相手ピッチャーの前にあと1本が出ず、無得点のまま前半戦が終了します。

迎えた5回裏、西南大先発仲山は相手打線に捕まります。先頭をヒットで出塁させると、その後フォアボールとボークにより二、三塁のピンチを招くと、続く9番のタイムリーヒットにより1点を失います。その後も内野ゴロの間に1点を奪われ、0-2。さらにその後、4番にスリーランホームランを打たれ、3点を失います。西南大、この回一挙5失点。

6回裏、西南大ピッチャー交代。仲山に代わって井上(2年/東福岡高)がマウンドに上がります。先頭に死球を与えたものの、その後は相手打線を寄せ付けず、6回を無失点に抑えます。

7回表、先頭の長澤(4年/北筑高)がヒットで出塁すると、相手のエラーにより三塁に進塁。続く甲斐(4年/済々黌高)のタイムリーヒットにより1点を追加。反撃を開始します。その後も相手のエラーによりランナーが二塁に進塁。内野ゴロの間にもう1点を追加します。西南大vs北九大、2-5。

8回表、西南大の勢いは止まりません。先頭の小中(3年/九産大九州高)が内野安打で出塁すると、その後二盗に成功。福島悠介(2年/筑陽学園高)の代打の西村(4年/熊本第一高)のタイムリーヒットにより1点を追加。3-5の2点差に迫ります。

8回裏、西南大ピッチャー交代。井上に代わって瀧口(4年/筑前高)がマウンドに上がります。ヒットを打たれながらも、この回を無失点で切り抜けます。

ピッチャーになんとか勝ちをもたらしたい西南大打線でしたが、9回表、相手ピッチャーの前に三者凡退。試合終了、3-5で敗戦しました。


《次の試合》
4/16
@PayPayドーム
16:00~
vs九州国際大学

ドームでの試合になります!
熱い声援をよろしくお願いします🔥📣
こんばんは!西南学院大学硬式野球部2年マネージャーの高木です!
本日行われた令和二年度秋季リーグ戦第1週1日目の北九州市立大学との試合結果をお知らせします!

〈4月10日〉VS 北九州市立大学

北九大|000 003 000|3
西南大|001 002 001×|4×

〈安打数〉

西南大:6 北九大:3



《西南大スターティングオーダー》

1 一 中本 和弥(4年/武田高)
2 ニ 久保山 大輔(4年/東明館高)
3 三 小中 健蔵(3年/九産大九州高)
4 左 矢野 駿典(4年/龍谷高)
5 指 福島 悠介(2年/筑陽学園高)
6 中 長澤 壮真(4年/北筑高)
7 右 甲斐 雄也(4年/済々黌高)
8 捕 木実 健太郎(4年/東明館高)
9 遊 大平 幹太(2年/福大附属大濠高)
 
P  吉田 龍ノ介(4年/九産大九州高)

西南大先発ピッチャーは吉田(4年/九産大九州高)。1回の表、相手打線を三人で打って取り、抜群の立ち上がりを見せます。

試合が動いたのは3回裏。木実(4年/東明館高)がツーベースヒットを放つと、その後相手のエラーによりホームに生還。先制の1点をあげます。

先発の吉田は、この1点を守り抜いたまま、5回無安打無失点の好投を見せます。

しかし6回表、相手打線に捕まります。先頭をフォアボールにより出塁させると、その後2番にも死球を与え、二死1、3塁のピンチ。続く2、3番の連続タイムリーヒットにより、この回一挙3失点。1-3と逆転を許します。

ところが6回裏、西南大打線も奮起します。フォアボールと相手のエラーによりチャンスを作ると、続く4、5番の連続タイムリーヒットにより2点を追加。同点に追いつきます。

その後もせめぎ合いの試合が続き、同点のまま試合は9回に突入します。

9回裏、甲斐(4年/済々黌高)がフォアボールにより出塁すると、代走の辰見(2年/香住丘高)が二盗を決め、無死2塁のチャンスを生み出します。最後は中本(4年/武田高)のタイムリーヒットにより、サヨナラ勝ち!4-3で西南大が勝利しました!

《明日の試合》
@久留米球場
12:00~
vs 北九州市立大学

明日も熱い声援をよろしくお願いします📣⭐️
こんにちは!西南学院大学硬式野球部2年マネージャーの高木です!
本日行われた、九州三菱とのOP戦の試合結果をお知らせします💁‍♀️

《試合結果》

九州三菱|000 002 230|7
西南学院|000  120 200|5

《安打数》

九州三菱:10 西南学院:11


試合が動いたのは4回裏、6番にソロホームランが飛び出し、西南大が1点を先制します。

その後も西南大打線の勢いは止まらず、5回裏、またまた9番にソロホームランが飛び出します。さらに2番がツーベースヒットにより出塁。4番のタイムリーヒットによりもう1点を追加します。

しかし6回表、相手の反撃が始まります。ツーアウトから3番がヒットで出塁すると、味方のエラーによりツーアウト2、3塁のピンチ。ここで5番のタイムリーヒットが飛び出し、2点を追加されます。

西南大打線も負けていません。ツーアウトから3番がフォアボールにより出塁すると、4番の内野安打、5、6番のタイムリーヒットにより2点を追加します。

しかし相手打線の勢いも止まりません。ワンアウトから9番がツーベースヒットによりチャンスを作ると、続く1番のタイムリーツーベースヒットにより1点を追加。同点に追いつかれます。さらに続く3番のタイムリーヒットによりもう1点を追加。勝ち越しを許します。

その後7回裏、西南大は再び反撃に出ます。3番がフォアボールで出塁すると、続く4、5、6、7番の連続ヒットにより2点を追加。再び相手を引き離します。

しかし8回表、またも相手の猛攻が始まります。5、6番がヒットで出塁すると、8番のタイムリースリーベースヒットにより2点を追加。再度勝ち越しを許します。その後味方のエラーによりもう1点を追加され、5-7と引き離されます。

その後8回、9回と相手ピッチャーの前に反撃の兆しが生まれず、5-7で敗戦しました。


春季リーグ戦開幕まであと5日!
優勝目指して頑張ります!!

こんにちは!西南学院大学硬式野球部マネージャーの中西です!

今回が初めての投稿になります!

これからよろしくお願いします☺︎

本日行われた、日本経済大学さんとのOP戦の結果をお知らせします!


OP vs日本経済大学S

@田尻グリーンフィールド 14:00試合開始


《試合結果》


西南大|211 100 203|10

日経大|020 000 000|2


《安打数》


西南大:13 日経大:5


開始早々、試合が動きます。2番がヒットで出塁すると続く3番のタイムリースリーベースヒットが飛び出し、1点を先制。続く4番のセンター前ヒットで1点を追加します。


2回表、相手のエラーで8番が2塁に出塁すると9番のバント、1番の犠牲フライにより1点を追加。


3回表、4番がツーベースヒットを放つと56番がこれを繋ぎ1点を追加し3-2とします。4回表、9番のスリーベースヒットを1番の犠牲フライで繋げてさらに1点を加えます。


ここまで好調の西南打線でしたが、56回は安打を出すものの三者凡退に終わります。


しかし7回表、調子を取り戻し34番が2点を追加。最終回では3番がフォアボールで出塁すると、続く4番のスリーベースヒット、さらに5番のダメ押しのツーランホームランで3点を追加し、10-2で西南大が勝利を収めました!



《次のOP戦》

44日(日)

vs 福岡工業大学

 FIT 10:30試合開始


次回も応援よろしくお願いします!!

こんにちは!西南学院大学硬式野球部マネージャーの高木です!本日行われた、近畿大学産業理工学部さんとのOP戦の結果をお知らせします!

OP戦 vs近畿大学産業理工学部S
@田尻グリーンフィールド 10:00試合開始

《試合結果》

近大理|000 000 000|0
西南大|010 030 000|4

《安打数》

近大理:4 西南大:6

1回表、西南大先発ピッチャーは、三奪三振の好投を見せます。

試合が動いたのは2回裏。5番がフォアボールで出塁すると、続く6番のヒットと相手の捕逸により三塁に進塁。7番の犠牲フライにより先制の1点をあげます。

その後4回、5回と、西南大先発ピッチャーは、相手打線を寄せ付けない投球でこの1点を守ります。

すると5回、この好投に打線が応えます。二死ランナー無しの状況から、1番のソロホームランが飛び出し、2-0。続く2番の三塁打、3番の二塁打、4番のタイムリーヒットにより、さらに2点を追加。4-0と引き離します。

その後6、7、8、9回と、西南大先発ピッチャーは好投を続けます。相手に1点も与えないまま試合終了。
9回無失点10奪三振の先発ピッチャーの活躍により、完封勝利を収めました。


《次のOP戦》
3月31日(水)
vs 日本経済大学
 @田尻GF 14:00試合開始

明日も応援よろしくお願いします!!

こんばんは!西南学院大学硬式野球部1年マネージャーの高木です!本日行われた、東海大学九州キャンパスさんとのOP戦の結果をお知らせします!

《3月27日》vs東海大学九州キャンパス @田尻GF

東海大九州|100 010 020|4
西 南 大|100 000 010|2

〈安打数〉
東海大九州:11 西南大:7


1回表、早速試合が動きます。西南大先発ピッチャーは、相手の1番にヒットを許すと、続く3番、4番、5番にも連続ヒットを打たれ、1点を失います。
しかしその裏、西南大は、1番がフォアボールを選び出塁すると、その後相手のエラーにより生還。同点に追いつきます。

その後2回、3回、4回と、両先発ピッチャーの好投が続きます。どちらのチームもあと1本が出ず、同点のままゲームは後半に突入します。

しかし5回表、西南大先発ピッチャーは、9番をヒットで出塁させると、味方のエラーによりランナーが三塁に進塁。2番の犠牲フライにより1点を追加され、勝ち越しを許します。

7回表、西南大ピッチャー交代。2番手ピッチャーは、相手の攻撃を4人で終わらせる好投を見せます。

しかし8回表、西南大ピッチャーは相手打線に捕まります。6、8、9、1番のヒットと味方のエラーにより一挙2失点。点差を広げられます。

8回裏、西南大も負けていません。先頭の9番がヒットにより出塁すると、1番がフォアボールを選び、ノーアウト1.2塁。続く2番が送りバントを決め、ノーアウト2、3塁のチャンスが生まれます。すると3番のセカンドゴロの間に三塁ランナーが生還。1点を返します。

この勢いのまま追いつきたい西南大でしたが、9回裏、相手ピッチャーの前に三者連続三振に倒れ、試合終了。4-2で敗れました。


明日もオープン戦があります。今日の負けを明日に活かせるよう全力で頑張ります。応援よろしくお願いします!

《次回のOP戦》
3/28 vs鹿屋体育大学W
@田尻GF 10:00開始
こんにちは!西南学院大学硬式野球部1年マネージャーの高木です!
先日行った、東亜大学とのオープン戦の結果をお知らせします!

〈3月23日〉vs東亜大学W

〜 第1試合 〜

西南大|000 003 002|5
東亜大|001 001 020|4

《安打数》

西南大:7 東亜大:8


試合が動いたのは3回裏。西南大は、2つのフォアボールによって1アウト1.2塁のピンチを招くと、その後牽制ミスにより1点を失います。

その後、西南大はヒットやフォアボールによりチャンスを作るもあと1本が出ず、そのまま試合は後半戦に突入します。

迎えた6回表、西南大は、1番がツーベースヒットでチャンスを作ると、続く2.3.4番の連続フォアボールにより押し出しの1点を追加します。なおも1アウト満塁のチャンス。すると相手のタイムリーエラーによりさらに2点を追加します。西南大はこの回一挙3得点をあげ、勝ち越しに成功します。

しかしその裏、西南大は6番をフォアボールで出塁させると、7番のタイムリーツーベースにより1点を返されます。

その後も、東亜大の勢いは止まりません。8回裏、4番のヒットの後、5番がセカンドゴロを打つも併殺を取れず1アウト1塁。5番の盗塁の後、6番のタイムリースリーベース、7番のタイムリーヒットにより2点を失い、逆転を許します。

しかし迎えた9回表、再び西南大の反撃が始まります。9番、1番がフォアボールにより2アウト2、3塁のチャンスを作ると、相手のエラーにより1点を追加。土壇場で同点に追いつきます。なおもランナー3塁のチャンス。ここで4番のタイムリーヒットが飛び出し、さらに1点を追加。西南大が再び勝ち越しに成功します。

その裏、西南大ピッチャーが相手打線を三者凡退に抑え、試合終了。第1試合は5-4で勝利しました!

〜 第2試合 〜

東亜大|001 000 000|1
西南大|100 000 000|1

《安打数》

東亜大:4 西南大:4

1回裏、早速試合が動きます。2番がフォアボールを選ぶと、その後盗塁と捕逸により進塁。ランナー3塁のチャンスが到来します。ここで頼れる4番のタイムリーツーベースヒットが飛び出し、1点を先制します。

2回、勢いのままに追加点を上げたい西南大ですが、相手ピッチャーの前に3人で攻撃を終了します。

しかし西南大先発ピッチャーも負けていません。味方のエラーによりピンチを作るも、1ヒットも許さない投球で、2回を無失点に抑えます。

3回表、西南大ピッチャー交代。2番手のピッチャーは、1、2、3番に連続フォアボールを与え、1アウト満塁のピンチを招きます。すると4番のタイムリーヒットにより1点を許し、同点に追いつかれます。その後は挟殺とショートゴロにより、なんとかピンチを脱します。

しかし4回表、西南大2番手ピッチャーは、2つの三振を奪い相手打線を三者凡退に抑える好投を見せます。

その裏、この好投に応えたい西南大打線ですが、三振と牽制アウトにより3人で攻撃を終了します。

5回表、西南大は3人目のピッチャーを投入します。3番手ピッチャーは、先頭打者を三振に打って取るも、その後2つのフォアボールにより2アウト1.2塁のピンチを作ります。するとここでピッチャー交代。4人目のピッチャーがマウンドに上がります。4番手ピッチャーは、相手の4番をサードゴロに打ち取り、このピンチを無失点で乗り切ります。

その後、勝ち越しの1点が欲しい西南大ですが、相手ピッチャーの前になかなか打線が繋がりません。同点のまま7回表に突入します。

7回表、西南大は5人目のピッチャーを投入します。5番手ピッチャーは、先頭打者をヒットで、2番を内野安打で出塁させピンチを作るも、7回を無失点に抑えます。

ピッチャーに勝ち星をつけたい西南大ですが、あと1本が出ず、7回8回の攻撃も無得点で終えます。

迎えた9回、西南大は6人目のピッチャーを投入します。6番手ピッチャーは、先頭打者をフォアボールで出塁させるも、相手の攻撃を4人で終了させる好投を見せます。

勝ち越しの1点を求めて、9回裏。西南大はフォアボールと申告敬遠により1、2類のチャンスを作りますが、最後は3番の代打が空振り三振を喫し、試合終了。1-1の同点となりました。

2試合勝利をあげることはできませんでしたが、これからもチーム一丸となって頑張ります!応援よろしくお願いします!

次のオープン戦の日程です!

2月27日 vs東海大学九州キャンパスS
                  14:00〜 @田尻GF
こんにちは!西南学院大学硬式野球部硬式野球部1年マネージャーの高木です!本日行われた、Honda熊本とのOP戦の結果をお知らせします!

vs Honda熊本 @Honda熊本球場

西 南 大 | 0 0 0 0 0 0 0 0 0 |
Honda熊本 | 5 0 0 1 1 0 0 0 x |

<ヒット数>
西南大 : 4
Honda熊本 : 13

1回の裏、西南大ピッチャーが相手打線に捕まります。先頭バッターのヒットを打たれると、そのまま相手の勢いを止められず、合計で6本のヒットを許します。この回一挙5失点と、苦しい立ち上がりとなります。

点を返していきたい西南大でしたが、三振や併殺が重なり打線がうまく機能しないまま、2,3回を無得点で終えます。

4回、西南大ピッチャー交代。するといきなり1番、2番、3番に連続ヒットを許し、味方のミスも絡み1点を失います。

その裏、西南大は5番がヒットによって出塁するも、またも併殺によって3人で攻撃を終了します。

5回、西南大は敵のエラーによりランナー三塁のチャンスを作るも、三振に終わり得点に繋がりません。

その裏、相手打線の勢いは止まりません。6番がヒットで出塁すると、8番のヒットでさらに1点を追加。7-0と西南大を引き離します。

7回、西南大ピッチャー交代。3番手のピッチャーは、相手を3者凡退に抑える好投を見せます。

この好投に応えたい西南大打線でしたが、打線に勢いを持ってくることができず、8回の攻撃も3者凡退で終えます。
迎えた9回表、先頭打者がヒットによって出塁します。しかし、代走が牽制に誘い出され、このチャンスを失います。その後反撃もかなわず、試合終了。7-0で敗れました。


敗戦がつづいていますが、まだまだ応援よろしくお願いします!


<次のOP戦>

3/21(日)vs九州産業大学
@九産大グラウンド 10:00~