スタジオスワンズスクエア (東京・上野毛のバレエスタジオ) オープンクラスのブログ

スタジオスワンズスクエア (東京・上野毛のバレエスタジオ) オープンクラスのブログ

主宰の押領司博子(おうりょうじ ひろこ)先生のもと、楽しくレッスンしています。

本日より上野毛スタジオにて月一回金曜日10時半より開催となったチェケッティクラス。

 

 

場所が変わってもいつもの新谷先生。

チェケッティ先生の数々のエピソードを織り交ぜながらレッスンが進みます。

 

 

例えばチェケッティメソッド独特のアンナバンの手の形。手首から先を下に下ろし手の甲を見せる変わったアンナバン

 

 

これは当時、芸人のお辞儀と言われていたそうです。

 

それには理由があり、普通のアンナバン(片手はアラセゴンド)でお辞儀をしようとすると、急ぐと背中が丸まってしまうんですって。

みんなでやってみます。確かに。

 

ところが、前の手をチェケッティ型にしてお辞儀をすると、背筋が伸びて丸まらないので礼儀正しいお辞儀ができると。

やってみます。

あ!確かに!

 

当時のダンサーが王侯貴族の前で踊った後に急いでお辞儀をするとき失礼のないようにこのようなアームスが考案されたのですね。

 

 

新谷佳冬先生プロフィール

 

英国ロイヤルバレエ学校ダンサーコース、ベジャールのムドラバレエ学校に学ぶ。
1994年ロイヤルバレエ学校PDTC教師課程卒。
英国インペリアル教師協会のチェケッティ及びナショナル教師免許、RAD教師ディプロマ取得。
新国立劇場バレエ研修所講師。

 

世界に通用するバレエを学ぶチェケッティバレエ資格受験可能クラスは、

受験はせずにバレエを基本から学びたいという方も歓迎です。

バレエ教師の方も、生徒さんも、16歳以上ならどなたでもレッスンに参加できます。

詳しくはスタジオHPをご覧ください。

 

 

 

いつものチケットで参加可能ですので在籍生の皆さんもぜひ!

体験レッスンご希望の方も大歓迎です。

 

keiko

チェケッティクラスレポ 2022年6月


ツキイチのチェケッティクラス、うっかりミスやら発表会絡みのスケジュールやらで久しぶりに出席できました!





相変わらずエッジの効いた新谷節が刺さりました😆

チェケッティメソッドの本流をきちんと習えている喜びはもちろんなのに、仰々しさを微塵も感じさせない新谷先生の軽妙な(でもアカデミックな)トークが知的好奇心を刺しまくります。



アームスと顔の付け方、オーロラ姫とバヤデールでは国が違うから逆でしょう?

たしかにそう言われてみれば!
今まで理由も知らずにスルーしてきた場面に解説が入るのが本当に面白いです。

今日は初めてお会いする受講者さんがいらして、とっても脚が綺麗で、素人さんじゃないな?とレッスン後話しかけたら、やはりプロの方でした!
教えに忙しくて自分の勉強がなかなかできないけどやっと時間が取れたので。。と。 

プロの方が「自分の勉強」という言葉を使ったことにキュンと来ました。素敵だなあと。私も別の道で生計を立てている身ですが、常に勉強はし続けたいと改めて思いました。

チェケッティクラス、どなたでも受講可能です。
お問い合わせは新川崎シティアーツまで!

Keiko

ゴールデンウィークにワークショップが開催されます。

2022年5月3日、4日
10:30〜12:00    ジュニアクラス小4以上
12:30〜14:00   シニアクラス,オープンクラス

ピアノ   稲葉智子先生
バレエ指導 押領司博子先生

参加費 3,500円
場所 新川崎スタジオ

みなさま奮ってご参加ください❗️