スタジオスワンズスクエア (東京・上野毛のバレエスタジオ) オープンクラスのブログ

スタジオスワンズスクエア (東京・上野毛のバレエスタジオ) オープンクラスのブログ

主宰の押領司博子(おうりょうじ ひろこ)先生のもと、楽しくレッスンしています。

10月30日(金)は五週目のため上野毛オープンクラスは休講になります。

お間違いのないようお気を付けくださいね!

 

keiko

向こう3ヶ月のチェケッティクラスの開催日が決まりました。

10月23日(金)10:15〜12:00 
11月20日(金)10:15〜12:00 
12月11日(金)10:15〜12:00 

@新川崎スタジオ

です。

今日は9月のチェケッティクラスがありました。

8つの方向の腕と足の形をイラストにしたプリントが配られ、音楽に合わせて8種類順番に踊ります。



バレエの基本練習で今まで何度もやったことがあるものですが、新谷先生の教えは、ただ形をこなすのではなく、それぞれの形が観客に与える印象を考えるというもの。

例えば、エカルテなら、キトリに代表されるように強い意志のあるイメージ。
エファセ・ドゥヴァンなら、アルブレヒトがヨロヨロになるまで踊らされるシーンに代表されるように受け身感のあるイメージ。



さらには、ポーズにも表情などで自分なりの表現を込める事が大事で、形も、お手本通りの形というよりは自分が一番美しく見える形を研究するべし、というものでした。

私は、動きながら新谷先生をチラチラ見ていたのですが、なんとも柔らかな表情。
チェケッティを検索すると出てくるいろいろな写真に共通する、柔らかく優しいイメージが重なりました。

それに引き換え私たちは、真面目に形だけを追っているように見えて、表情が怖いそうです。

観客が、踊り手を見て幸せな嬉しい気持ちになるような踊りをしなさいとのコメントに、ハッとした私でした。

マニラで3回発表会に出たときもフィリピン人の先生は、とにかく笑いなさい、笑顔のダンサーをお客さんは見たいのよ、足なんかよりまず笑顔!
とよくおっしゃっていました。

マスクをしていても私たちの表情の乏しさを指摘した新谷先生。さすがです!

月に一度のチェケッティクラス。
体験、ビジターさんも受講可能です。

お問い合わせはスタジオまで!
電話  044 544 5175

Keiko

発表会が終わり新しいシーズンが始まりました。
今日も上野毛オープンクラスは大盛況❤️


マスク着用、検温、換気、消毒バッチリのスタジオです。
発表会から2週間経過しましたが感染ゼロの安心スタジオです。


押領司博子バレエクラスでは、8月24日(月)より秋の入会キャンペーンを実施いたします!!
3歳から大人まで!芸術の秋、クラシックバレエを始めてみませんか?

★入会金半額!
9月中に入会手続きを行った方は、入会金が半額になります。

★全クラス対象体験レッスン!
通常レッスンでは行っていない体験レッスンを期間中は受付いたします。体験料:2,200円


※予約制となりますので、体験ご希望の方はスタジオはお問い合わせ下さい。


詳しいお問合せは、お電話またはスタジオにてスタッフにお問合せください。
上野毛スタジオ Tel::03-3703-6208
見学はいつでも歓迎いたします!