「あきらめる」って言葉がネガティブな意味でつかわれるようになったのは最近なんだそうです。





「あきらめる」はもともと「あきらかにする」と同じ意味で
「本当のことを知る」という意味がありました。








「欲しいけど手に入らないもの」をしぶしぶあきらめるんじゃなくて
「自分を苦しめるものは、本当は自分には必要なものじゃないんだ」と知ってあきらめる。
『愛とセックスで幸せになる秘密  二村ヒトシ著P206より』








あきらめる→あきらかになる
心にすとんと落っこちてきました。
諦められないのは、 
知らないこと、
わからないことが
多すぎるから起きる錯覚なんだなぁぁぁ。