今日はいろいろなところでレースがあったと思います。

皆さまお疲れさまでした!

 

 

昨日は少し外食で炭水化物をとったせいなのか

なんなのか

夜何度か起きてしまった。

 

で、朝は早起きせず、

 

朝食兼昼食は

プロテインと

おでん

ピーナッツ

チーズ

 

で海へ!

 

潮が引き始めてから入ったのだけど

風はあるが、堤防の影響もあり

 

腰肩のサイズで

自分の板の長さでは

アウトで波をつかめるため

ぼわぼわの波でも

今日はたのし~~って感じ!

 

それなりに

体的には軽い感じはある。

 

正確に言うと

砂浜を走るときは重いけど

横になってのパドルは軽い

 

(inbodyでは、

同世代の比較で

下半身のそれより上半身の筋肉のほうが多いと

表示される。

やはり下半身の筋肉、筋力不足?そういうことか?

膝の影響か)

 

今日の波など

パドルはそんなに大変でないけど

 

一瞬のパワーが出にくい、って感じる

これは、

糖質の影響なのか?

 

波がほれてしまう前のぎりぎりを超えるときとかに

出したい

グワーッとしたパワーが

少しどうかなって感じ

(まあ糖質代謝を考えるとそうだよね)

 

糖質制限をしている先輩方なら

その対策と対応など

感じがわかるのかもしれないなあ。

 

スポーツ時においては、

少し、糖質も

うまく利用するのも手なのかもしれない。

(サッカーの長友さんも糖質制限だけではスポーツのパフォーマンスが落ちた時期があったみたいだし。ランの先生もラン前はちょっと糖質が必要と言ってたし。)

 

栄養の先生方にきいたり

ネット、本を見て、

パフォーマンスの向上だね。

 

 

海の後は

友人に会って

テクノロジーやAIがつくるであろう

近未来にあり得る

社会構造の変化の

話しをきけて、

楽しかった!

 

栄養に興味があり、論理的な思考の彼も

前回あった時に栄養療法のことをお伝えしたら、

来週に

栄養療法のための採血に奥様と行かれるようで

 

三石巌先生の本お渡ししました。

ここから入っていただければ、先生の話も理解が早いハズ!

 

 

 

 

 

藤川先生の本もお渡ししたよ!

 

そしたら、

僕こっちから読む!

とか言ってて

みんな奥様のことが心配なんだな、って

思った。

 

キャリアウーマンの女性にありがちな症状も

子育てママにありがちな症状も

精神論ではなく

摂取した分子の過不足に原因がある場合があるから

しっかり

対策が打てるとよいよね!!!

 

わたしもそうだけど!

 

 

いままで

大学時代の友人と

良い時間を過ごせました!ありがとう!

 

 

さて、今日は、、、、

朝日がまぶしくて

起きてみると、、、昨日の感じと違って

完全に、足が軽い

そして夜は一度も起きずにぐっすり寝られていた!

(すごいなケトン体!)

 

 

でも私のとった行動、、、

 

 

 

二度寝   ガーン

 

 

 

そんな、二度寝で見た夢は

単位が足りなくて焦っている自分。。。

起きて、夢だよね!よかったって久しぶりに思った。。。

(実際はそんなこと全くない。。。大学時代)

 

問題は、、、問題は、足が軽くても、

トレーニングに気が向かないこと!

 

鍼の先生に

関節は、腫れてないけど

足の痛さを伝えたら、、、

 

 

「曲げられないほどの激しい筋肉痛でしょ~~~

ハードなトレーニングをしたら自分でもなるよ。

ましてや、動かしてこなかった、

走る筋肉ができてないところだからね~~

 

関節の問題はないんでしょ?

最近筋トレしてないでしょ?コンディショニングしてないでしょ??

弱ってきたら、過去の負のスパイラルにもどるよね」

 

って。

 

 

要はトレーニング不足。。。

 

 

 

となると、

これを超える、

メンタルが必要

 

 

先生に、スポーツ選手がどうやって

超えていってるのかって聞いたら

 

本よんだ、今どこにあるかな~

とかおっしゃてったので

 

 

そうかあ!メンタルだってたくさんの本あるよね!

結構本読むのに、ここはスルーしてた。。。

って思い、ダウンロードしたのが、、、

 

 

 

 

「レジリエンス」

 

っていう単語がたくさん出てくるのだけど

これをこの本では

「逆境を受け入れる力、または逆境から立ち直る力」

と定義されていて

 

「レジリエンス・アドバンテージ」

 

逆境を乗り越えて飛躍できる人は、レジリエンスを備えているだけでなく、武器としても活用している

 

って言っている!

 

だから、う???え???

不利な条件ってものが、、、、

アドバンテージになれる!!!

むしろ

アドバンテージにする!

 

 

おおお~~~

そう、起こったことを

どのようにとらえなおせるか。

 

ね、せっかくの人生

 

ね~~ばり強く

転んでも転んでも、

雑草だろうが

カエルちゃんだろうが、、、

何かをつかんで!!つみとって

ただでは転ばないよ!

 

レジりエンシー高く

生きていきたいもんね爆  笑

 

本もっと深く読んできます!

 

 

ぐっすり寝られたのか、

葛藤なしで

まだ外は暗い時間に起きて

 

パワースポットといわれる場所にむかう

 

すべてが清らかな

朝の時間

 

公園の不整地のラン

 

 

 

透き通っている空気の水を吸い込んで

少ししっとりしている地面に生えた草

 

 

ああ、こんなふうに

走れるってなんて素晴らしいんだ!!!!

 

 

 

って思いかけてきたときに、、、

いつも奴らはやってくる。

 

 

左足の

爆  笑腸脛靭帯、外側広筋あたりからの、、、痛み~叫び

プンプン鵞足から、ハムストにかけての、、、痛み~叫び

そしたら

ショボーン大腿二頭筋部の、、、痛み~~叫び

 

不整地を走っているなか

これらの筋が固まって動きに制限がかかってくるので

スピード(筋肉への指令の行き来)

が鈍くなるのがわかる

 

非常に慎重にかつ

緊張感をもって、

不整地を踏みしめる

(正直無駄に疲れる。本来の目的に集中したい)

 

 

しなやかに、

リラックスして

やわらかく

のびやかに

イメージを瞬時に表現するように

 

走りたいなあああ!

 

 

奴ら対策には

1、レッグエクステンション(どうやら四頭筋が効くときはいい感じがするような気がする)

2、スクワット

3、ランが痛いときでもそのあとの生活でも

メンタルを平常に保てる自分でいる

 

 

今のトレーニングは

有酸素メインでの持久力アップと思っていたが

そこまで持っていくだけの、

筋肉がまだまだできていない(ただ左膝のみ)

 

つまり

無酸素運動の筋トレはマストっぽい。。。

 

 

しかし

ランでこの症状が

急性的に起こると、終わってからも

ほぼ曲げができない状態で

何とか生活動作をするため

回復まで時間がかかり

その後のトレーニングに支障がでてしまう。

ラン(トレーニング)を避けがちになる

実力がつかず、また痛みがでる

 

悪循環にはまっている。。。

この痛みの矢印をひっくり返すだけの

エネルギーと

モチベーション。。。

 

 

初心に戻って、、、考えると

どうせだめなら、

絶対できないことしようっておもった。

 

ただそれだけだったけど

すべてはじめて

起こること起こることに我慢と忍耐ができた。

 

今気持ちの上で

ちょっと二の足を踏んでいる

いけてないって思うことは、、、

 

あのレベルってだけの夢に向かって

がむしゃらに痛みに耐え続けられたことを経験して、

 

次に思う

次のレベルに行くまで

どのくらい大変なのか

勝手な予想が可能になったように思うこと。。。

 

 

 

想像を超えた未来にもっともっと満足をむけたい、、、(この書き方が、、、すでに自分を止めてる気がする)、

 

なんで自分の経験値の中だけで考えてしまうんだろう、、、

もっと枠を超え

もっと自由に、

もっとがむしゃらに!

もっと私でいること!!

 

 

おっと、

深刻にならない。。。

すべては

ゲーム。ゲーム。。。あそび。あそび。