本日の動向・・・。

テーマ:

本日の焦点は、『欧州の債務問題』と『金融市場のリスク許容度(欧米の株価主導)』及び『米国の経済指標の発表』。ニコニコ

米国の経済指標は、
・米)週間新規失業保険申請件数(21:30)
・米)貿易収支(21:30)

米国以外の経済指標は、
・豪)失業率新規雇用者数(9:30)
・中)貿易収支(11:00)
・英)貿易収支(17:30)
・加)貿易収支(21:30)

経済指標以外では、
・欧州議会本会議(12日~開催)
・米国の主要企業の決算発表→JPモルガン・チェース、グーグル、他
・明日から、G20財務相・中央銀行総裁会議の開催(14日~開催)を控える点
金融市場のリスク許容度
・欧州の債務問題が主因での欧州不安
・他の金融市場の動向(米株式、米国債(長期金利)、金、原油、
米国以外の株式など)
・世界経済の先行き懸念(欧米の景気先行きが主体、中国の動向も)
・欧州各国の国債の動向
・金融当局者や要人による発言
・今週に、米国の長期国債の入札が相次ぐ点
・日本政府&日銀による為替介入の実施と警戒感
などの要因に注意ですね。ニコニコ




FOMC議事録(9月20日&21日開催分)公表明け。

米国の経済指標は、週間新規失業保険申請件数と貿易収支がメイン。
その他、JPモルガン・チェースの決算発表への注目度も高いです。ビックリマーク


先週末の相場は米国の雇用統計発表や格付け機関によるイタリアとスペインの国債格下げダウンの影響で大きく動き、今週に入っては欧米の株式市場が大きく上昇し、リスク回避の巻き戻しが加速している。叫び


引き続き欧州の債務問題金融市場のリスク許容度、世界経済の先行き懸念での方向性を見極めながら、米国の経済指標の発表などでの反応に注目ですね。ガーン


昨日は、スロバキア議会でのEFSF拡充案が承認に向けて前進したとの見方が固まったとニコニコ
諸々の材料で欧州不安が後退し、リスク選好の流れが加速しましたねアップ

追加金融緩和期待で、米国の株式市場が上昇アップで、リスク選好の流れが更に加速しました。
リスク選好の流れは、ドル売り・円売り・欧州通貨&資源国通貨買い。

FOMC議事録公表で、追加金融緩和への思惑が高まっています。得意げ
株価が更に上昇も、為替相場の反応は限定的となりました。


欧州の銀行不安が燻り、欧州不安が再燃し、欧米の株価の上昇は急激に縮小叫び
NYクローズにかけて、為替相場のリスク選好の流れも巻き戻し気味ビックリマーク

ユロドルは、リスク選好のユーロ買い・ドル売りで大幅上昇アップその後も高値圏で推移しています。
ドル円は、リスク選好の円売りでジリジリ上昇する展開となり、最終的には大きく上昇しました。


といったとこでしょうか・・・・。合格


本日の動向・・・。

テーマ:

本日の焦点は、『FOMC議事録の公表』と『欧州の債務問題』及び『金融市場のリスク許容度(欧米の株価主導)』の大まかに3点!!


米国以外の経済指標は、
英)失業率&失業保険申請件数(17:30)
・欧)鉱工業生産(18:00)
・加)新築住宅価格指数(21:30)


経済指標以外では、
・豪)デベルRBA総裁補佐の発言(13:00)
・米)FOMC議事録(27:00)
・欧)トリシェECB総裁の発言(27:30)
・欧州議会本会議(12日・13日開催)
・米国の主要企業の決算発表
・金融市場のリスク許容度
・欧州の債務問題が主因での欧州不安
・他の金融市場の動向(米株式、米国債(長期金利)、金、原油
、米国以外の株式など)
・世界経済の先行き懸念(欧米の景気先行きが主体、中国の動向も)
・欧州各国の国債の動向
・金融当局者や要人による発言
・今週に、米国の長期国債の入札が相次ぐ点
・日本政府&日銀による為替介入の実施と警戒感
・G20財務相・中央銀行総裁会議の開催(14日~開催)を控える点





FOMC議事録/9月20日・21日開催分(27:00)の公表日ですね。

昨日のブログといい、自分の月曜からのSポジといい、ボケてました。

結果、ポジの方は、無事、利確で問題は無かったのですが。。。。。あせる



本日は、注目度の高い米国の経済指標の発表はありませんねぇ~。しょぼん


先週末の相場は米国の雇用統計発表や格付け機関によるイタリアとスペインの国債格下げの影響で大きく動きました。叫び


今週に入っては欧米の株式市場が大きく上昇しアップリスク回避の巻き戻しが加速した。合格


本日は、引き続き欧州の債務問題金融市場のリスク許容度、世界経済の先行き懸念での方向性を見極めながら、FOMC議事録の公表などの反応に注目です。にひひ

最も重要なのは、欧米の株式市場ひらめき電球


これらの動向によって為替相場の方向性が決まりやすい状況には、変わりません。ニコニコ


昨日は、スロバキア議会の採決待ちで欧米の株価が揉み合いを続け、金融市場のリスク許容度も方向感は全く無しなし・・・。むっ

ユロドルは、欧州不安で上下アップダウンしながらも底堅い展開むっ

ドル円は、まったく始終小幅レンジで揉み揉みしょぼん


結局、NYクローズ後にスロバキア議会で否決され、一時的に欧州不安が高まった状態での本日への突入になっておりますが、さてさて・・・・・。ニコニコ


本日の動向・・・。

テーマ:

本日の焦点は、『日本、米国、カナダが休場明けとなる点』『FOMC議事録の公表(27:00)』、そして『欧州の債務問題』及び『金融市場のリスク許容度(欧米の株価主導)』でしょうか!?

米国の経済指標は、
特に注目度の高いものはありませんね~ぇ。べーっだ!

米国以外の経済指標は、
・英)鉱工業生産(17:30)
・英)製造業生産高(17:30)
・加)住宅着工件数(21:15)
の3点でしょうか・・・。メラメラ

経済指標以外では、
・欧)トリシェECB総裁の発言(16:30)
米)FOMC議事録(27:00)
東京、米国、カナダが連休明けとなる点
・米国の主要企業の決算発表
金融市場のリスク許容度
欧州の債務問題が主因での欧州不安
他の金融市場の動向(米株式、米国債(長期金利)、金、原油、米国以外の株式など)
・世界経済の先行き懸念(欧米の景気先行きが主体、中国の動向も)
・欧州各国の国債の動向
・金融当局者や要人による発言
・日本政府&日銀による為替介入の実施と警戒感
・G20財務相・中央銀行総裁会議の開催を控える点
などの要因に注意しましょうね。にひひ




日本、米国、カナダが休場明けで、FOMC議事録(27:00)が公表されます。チョキ


米国の株式市場の動向は、金融市場の流れを見極める上で非常に重要な要因。
米国の長期金利(米国債)及び金や原油などの商品市場の動向も為替相場と関連性が高いです。得意げ


先週末の相場は米国の雇用統計発表や格付け機関によるイタリアとスペインの国債格下げの影響で大きく動き、今週に入っては欧米の株式市場が大きく上昇し、リスク回避の巻き戻しが加速した。
本日は、引き続き欧州の債務問題金融市場のリスク許容度、世界経済の先行き懸念での方向性を見極めながら、FOMC議事録の公表(27:00)での反応に注視でしょうか・・・。得意げ




最も重要なのは、欧米の株式市場の動向。爆弾為替相場の方向性が決まる位に、ここ最近では重要視してもなんら、おかしくない状況ですね。にひひ


昨日は、日本と米国、カナダが祝日で休場だったにも拘らず、ユーロがゾンビ化ドクロ

独仏首相が月内に銀行の資本増強策をまとめる事で一致しました。

諸々の材料が欧州債務懸念を緩和する方向で、欧州の債務問題に対する懸念が緩和。
その結果、リスク回避の巻き戻しになったから、さぁ~大変叫び


リスク回避の巻き戻しから、ドル売り・円売り・欧州通貨&資源国通貨を買い走り~の、欧米の株価が大幅に上昇アップアップ

そんでもって、リスク選好の流れが加速&商品市場も上昇。アップ

ドル円は、リスク選好の流れもドル売りが円売りを相殺。その後、小幅レンジで推移・・・。ぐぅぐぅ


ユーロドルは、ユーロ買い戻し・ドル売り加速でアップ、大幅上昇しゾンビ化ドクロした、凄い一日でした。えっ