手を抜いていませんか?

テーマ:
皆さんこんにちは。
週に一回の登場になってしまった飯田です
今は羽田空港のラウンジにいます。
福岡市は21℃らしい。もうお春ですね



さて本日のタイトル「手を抜いていませんか?」です
起業し始めから2年間くらいはとにかく走り回っていたと思います。皆さんはいかがですか?
入社して1年間くらいは必死に仕事を覚えて戦力になろうと思っていませんでした?
入学してサークルやクラブに入りやはり1年間くらいはやみくもに突っ走っていませんでした?
新婚生活の時、奥さんは一生懸命旦那さんに美味しいご飯を作ろうと思っていませんでしたか?



さて、皆さん現在の自分をふと振り返っては如何ですか?
創業、新入社員、入学、新婚時代に比べて手を抜いていませんか?
もし今現在で最初のパワーだったらもっと伸びていませんか?



確かにずっと全力疾走は出来ません。抜くときは抜かないともちません。
でも、抜いていいのは「息」であって「手」ではありません。



昔の自分を思い出してみてください。必死にやっていませんでしたか?
一生懸命やっていませんでしたか?



結局成功者はずっと手を脱いていない人なんです。一度今の自分を振り替えってはいかがでしょうか?



では本日はここまで。また来週会いましょう!

先週はすいません・・・

テーマ:

みなさんこんにちは

先週は海外出張だったので書けませんでした。

(じゃあ帰ってきてから書けよって・・・)←ごもっともです・・・

なので今週は2回書きますね。これで勘弁してください・・・




さて、本日は読んでいる本で素晴らしい内容だったので、そのままみなさんにお伝えしますね




できる人の5つの力とは?

1 行動力

2 先見力

3 相手力

4 危機管理力

5 ブランディング力

この5つの要素を持っている人ができる人との事。冷静に考えてみると確かにおっしゃる通りです





ではそれぞれの解説を




1 行動力
 ビジネスをするうえで「結果を出す」ことは必須。効率的に業務を進め、結果を出すことがデキるビジネスパーソンの条件です。
 仕事を効率的に進めることについて「目の前の仕事にとにかく着手する」ことが大事だとしています。頭で考え過ぎると手が動かなくなるというのは多くの人が経験しているのではないでしょうか。
 また成果を出し続けている人は「ある程度見切り発車している」といいます。完璧を求めすぎることも、行動に移せない原因となるのです。




2 先見力
 たとえばスポーツでは、ゲームの展開を読んで、相手がどう出てくるかをあらかじめ考えておくことで試合を優位に運ぶことができます。事態を「先見すること」は弁護士の仕事でも他の仕事でも大事なことです。
 この「先見力」を養うために、

・「観察」…偏見を入れず、物事をありのままに見ること。
・「察知」…観察したことのなかの問題やその原因に気づくこと。
・「想像」…相手の立場に立って追体験すること。
・「仮説」…見えてきた問題の解決法や結論を仮説する。
 などの力を養うことをすすめています。



3 相手力
 相談に来るクライアントの不安や悩みを聞き続けているなかには、クライアントに対して独善的な態度を取り、「話はわかりました、後は任せてください」と相手の話を打ち切ってしまう人もいるといいます。
 しかし、これではクライアントに不安を抱かせることにもなりますし、仕事の拡大にもつながりません。
 常に相手の立場に立って物事を見ていれば、もっと親身になって相談に乗れるはず。自分の目線だけでなく相手の目線でも物事を見ることは、どんなビジネスでも必要とされることです。



4 危機管理力
 自分が今行っている仕事に含まれるリスクや危険を、早い段階で察知できるかどうかも、仕事がデキる人とできない人の分かれ道になります。
 しかし、表面化していないリスクに気がつくことは難しいものです。リスクを早めに察知できる人の習慣として、
・あらゆることを想定する
・小さな変化に目を向ける
・過去の失敗を生かす
ことを挙げています。

5 ブランディング力
 希少価値の高い資格を持っていれば安泰という時代は終わりました。
 たとえば弁護士も、弁護士の数は増えたものの仕事自体の数はさほど変わっているわけではないため、自分をブランディングして売り込んでいかないと「はやらない弁護士」になってしまうのだそうです。
 ブランディングとは、「自分がどういう人間で、どういうことができるか」をわかりやすい形で発信していくこと。
 一朝一夕にはいきませんが、根気強くブランディングを続けることで、自分の人生を変えるようなチャンスが舞い込む可能性は増すはずです




という感じです。みなさんはこの5つを持っていますか?持ってなければ持つ努力と持つマインドが必要にです。頑張りましょう!!




では本日のここまで!

本日のブログで良かったと思うところがあれば「良いとこノート」に書き残してください。要らなければスルーしてくださいね。また読者登録とお友達紹介もお願いいたしますね




では今日も頑張っていきましょう!

みなさんこんにちは

毎週月曜にブログを書くことが定着してきた感じです。すいません(=_=)




まず報告です。昨年も福岡大学さんの非常勤講師をしましたが、今年も引き受けることになりました。私の講義は5月10日(木)1030~です。興味があれば聞きに来てください




さて、本日のタイトル「ありがとうの気持ちは伝えていますか?」です

ありがとう。いい言葉です。でもなかなか伝えられていないのでは?と考えます。

ちなみに3月1日から当社の第9期がスタートしました。当社の第9期のスローガンは「ありがとう5倍化計画」です。お客様からたくさんのありがとうを集めよう。そのために我々は何をしていけばいいのか?各セクションで話し合い提出し、会議に挙げてありがとうを昨年の5倍貰う為に頑張っていこう!を開始します。




では何故ありがとうなのでしょうか?私が所属する経営塾で「利益はありがとうの数、利益は経費、お客様からお金とありがとうを貰って初めてビジネスである!」と伝えられました。おっしゃる通りです。サービスや商品を提供してその対価を頂くのが通常ビジネス。でも他にもっと良いサービスや商品があればお客様は逃げてしまう。そうではなく、ありがとうまで頂ければそういう事態にならない。また頂いた利益を経費に変えて新しいサービスや商品をお客様に還元する。そしてまた対価とありがとうを頂くというサイクルがビジネスである。




ではありがとうの気持ちをどうやって伝えているか?これは人ぞれぞれ、やり方も何万通りでもある。でもやっていない人が多い。もったいない。とりあえず簡単なことから始めましょう。当社はお名刺を頂いたら必ず当日か翌日にはお礼の絵葉書を送る。そして年に4回のお手紙を送ることにしています。また入金を頂いたお客様には必ずその日に、お礼のFAXを送っている。季語のあいさつと豆知識を添えて。もちろん感謝の気持ちも入れています。これは簡単なことです。でもやっているとのやっていないのは雲泥の差ができます。また一度ではだめでやり続けることが大切です。




また僕自身もみんなにありがとうって意識して言うことにしています。バスに乗って降りるときも、ご飯を食べた時も買い物をしてお釣りをもらうときもありがとうっていうことにしています。その意識が大切だと僕は考えています。




みなさんは「ありがとう」を伝えていますか?一度考えてみてはいかがでしょうか?

では本日はこれまで!本日のブログで良かったと思うところがあれば「良いとこノート」に書き残してください。要らなければスルーしてくださいね。またお友達紹介と読者登録もお願いいたします




では本日から1週間頑張っていきましょう!!