今日は、本の紹介をしたいと思います。

 

宇宙人が地球にやってくる、宇宙人コンタクトの本です。

 

 

11月から読み初めまして、ようやく読み終わりそうです笑い泣き

 

 

「幼年期の終り」という本です。

 

 

題名からは宇宙人が来るなんて予想できないですよね~

 

でも、作家さんが有名みたいだから、知ってる人はどんな系統の話か想像できるのかな?

 

最初のうちは、面白いんですが、

 

まあ、ふーん、そうなの?って感じだったんですが・・・

 

後半に行くに従って、これって、今の時期のことなんじゃびっくり

 

ってことが書いてあるんです。

 

 

ネタバレになっちゃうからあんまり書けないけど、

 

編み物が流行ってるとか!

(流行ってますよね~、編み物。え?私が好きなだけだったりして笑い泣き

 

最近は宇宙人コンタクトの本ってよくあると思うんですけど

 

この本って凄い昔に書かれてるんですよ。

 

ほら↓

 

 

まだこの頃って宇宙人コンタクトとかってあまり一般的ではなかったですよね~。

(今でも一般的じゃないのか笑い泣き

 

 

まだ最後まで読んでないけど、

 

どうなるのかなキョロキョロ

 

やっぱり、今までの地球って、宇宙的に見たら幼年期だったってことかな…。

 

あ、違うか

 

幼年期だったのは地球じゃなくて地球の人間ですね爆  笑

 

 

各種セッション&講座募集中です音譜音譜
■太陽と草原~Sun&Grassland~ ご提供メニュー■