豪腕配達少年チョップソンの旅
第5話 「旅立ち、そして新たなる出会い!」

店主『ケ・ソリアン』との配達対決に負け、中華料理店『ケソリアン・ケソリアン飯店』で働くチョップソン。
敗北がきっかけではあったが、人気店だけあって配達の件数も多く、配達修行には持って来いの環境だ。
チョ「はい、こちらケソリアン・ケソリアン飯店です!餃子定食一人前ですね!ありがとうございます、すぐにお持ちします!
   店長!三丁目のガサーガーサさんから出前のご注文いただきました!イーガーコーテーヌーチーモーチーいっちょう!」
ケ「よろこんでケソ!チョップソン!ザヌ丁目のゴスンペシ・カンパニーさんへ出前行ってきてケソ!持っていくのはチンジャオロース、ニャンジャオロース、ドンジャオロース、ふんわりムース、ドン引きナース、ロサンゼルス・ドジャース、野茂英雄、振りかぶって第一球、投げた、ラーメン、チャーハン、ズーバン、バードン、ベーコン、キーポン、ズーサン、象さん、パーマン、パーコーメン。以上でケソ!」
チョ「かしこまりケソ!」
こんな風に、店に馴染んで働くチョップソンである。

そんなある日、店長から、大事な話があると言われた。
閉店後、事務所に行ってみると、そこにはケ・ソリアンと、自分と同じく配達対決に敗れ、ケソリアンケソリアン飯店で働いていた、『カペンル・メクメクふじこ』がいた。
ケ「君たちは配達対決の約束通り、私の店で働いてもらったでケソ。でも、もう十分、店に貢献してくれたでケソ。君たちのような若者には、新しい世界へ羽ばたいてもらいたいでケソ!」
チョ「店長…ありがとうございます!」
カ「マジっすか、店長パねぇっすね、マジサンキューっす」
そう言って二人は、店長から餞別の『中華風あんかけ岡持ち』をもらい、店を後にした。

チョ「ふじこ、お前はこれからどうするんだ?」
カ「おれっすか。おれはとりあえず、郵便局でも行ってみるっす。弓川センパイはどうするんすか」
チョ「おれは、隣町のパン屋に行ってみるよ。かなりの人気店らしいから、きっと配達の修業にもなるはずだ!」

翌日、チョップソンは履歴書とゴムを持って、パン屋を訪れた。
チョ「昨日お電話した弓川です。本日は面接よろしくお願いします!」
店長「君が弓川君か。私がこの『ドドメモチョリッペチョリッベーカリー』の店長、『パン焼く蔵』だ。元気があって気持ちいい少年じゃないか。さっそく働いてもらうことにするよ」
チョ「ありがとうございます!ではまずはどこへ配達に行きましょうか?」
パ「ん?君は何を言っているんだ?うちの店は出前サービスなんてやっていないぞ!というか、ほとんどのパン屋はやっていないんじゃないか?」
言われてみれば確かにそうだ。
チョップソン自身、実家にいた頃は、近所の『パン屋与兵衛』に毎日買いに行っていた。

失意を覚えたチョップソンは、その足で、ケソリアンケソリアン飯店へと戻るのであった。

大阪ライブ

テーマ:


行って参りました、ポアロ大阪ライブ。


初の大阪でしたが、現地の方と合流できたおかげでスムーズに周れました。

ちん爆さん、ありがとうございました。


開場してみるとロビーにはあの大物からのお花が!


太陽爆発相談員の一単語人生相談-橋下徹


さすがポアロさんですね。


開演


お客さんは120人ほど

こんなもん

7割~8割ほどはポアロライブ初めて

ステージからは前列しか見えないのでFu-と同じ


小屋が広い

ステージがFu-と変わらない


別に気を使う必要なんて何にもないけど、一応酒を飲んでない


鷲崎、新大阪でかばんを忘れた。

財布と薬と…覚醒剤と


伊福部組、新幹線に乗りなれないお手て・きゅうりが改札でトラブル

稔さんも改札で愚鈍


観光中、きゅうりさんはやっぱりカメラバカ

過剰に感動を乗せたがる

トーク作るために観光してるのに、きゅうりさんがTwitterに書いちゃう

大阪城公園でファンに見つけられて写真を撮る

伊「夜もよろしく」

「夜は行かないです」


稔さん登場

楽屋にバンドステッカーが貼ってあったのでポアロも貼る

トイレから戻ってきた稔さんに探させるも見つからず

開演時間になり置いてきた

稔「見つけましたよー」

剥がしてきちゃった

愚鈍な稔さんがポアロと出会っていなかったらどうなっていたことか

年収も大幅アップ(結構具体的に仰っていました)


お客さんはどこでポアロを知ったのか

やんぐ、馬鹿力など古参も多数

稔さんは馬鹿力から

電波歌をバンドメンバーに聞かせて「お前らに足りないのはこれだ!」


曲(知らない歌でした。昔はよくやっていたとか。)


テーマトーク

お客さんからの質問


・女の嫌いなところはあるが、憎めないところは?

伊福部、オチも内容も無い話にイラッとする

鷲「カラを早いうちに見つけて…」

伊「唐十郎を」

鷲「そう、アメリカでは早くから注目されてたけど…

  李麗仙が裸足で逃げて…」

伊「その話を大阪でする必要が全然無い!」

鷲「お前がフッたんやんけーー!!(かっこいいポーズ)」


・次に地方ライブをやるならどこ?

鷲「長崎行ってみたい。稔さんがいいって言ってた」

稔、説明しようとするもうまく伝わらない

伊「こいつアホやなー」

鷲「ちょっと待てその吉田茂の『こいつアホやなー解散』」

伊「パッパラパーやなー」

鷲「『パッパラパー解散』は楽しそう

  『貧乏人はグミを食え!』」


・大阪芸大に通っています。芸大の魅力は何ですか?

ゲーダイガー、忍者研究会

いけすかないブスがいっぱいいる

景色を見て「きれいやなぁ。名前付けようか」

映画を写真って言う

ボウズの女はいっぱいいる。いっぱいいてどうすんだよ


・新しいアルバムは出ないんですか?

出ないです


・最近卒業した物は?

鷲崎、コンビニ飯などを減らし、ご飯を炊いて焼き魚の朝食

伊福部・稔にとってはカップラーメンも料理

袋麺なんて大料理

サッポロ一番満漢全席


曲 愛し愛されて生きるのさ


M-1グランプリ

めんどくさい-1グランプリ


1.確定申告

めんどくさすぎておもしろくならない

お客さんの挙手で決めるが、お手てさんの数え方がアバウト

19点


2.「私と仕事、どっちが大事なの?」

ベタ過ぎて言われない。鷲崎は「私とポアロ…」と聞かれて「同じくらい」と答えた

60点。お手てさんのさじ加減じゃないか。M-1もそうやって採点してたのか。


3.業務化したセックス(本当は「義務化」だったが、お手てさんが間違えて書いてしまってそのまま進行)

客席に5歳がいるのに

1点


4.修理に持って行った先で正常に動く

58点


5.ポアロの説明

稔さんも困ることがある。最終的にちょっと馬鹿にした感じになっちゃう

92点

全然カブが無い


6.リモコンでテレビをON→あれ、点かないもう一度みぎ点いてすぐ消える

39点


7.腰が痛いというと「ヤリすぎた?」という人(敗者復活・伊福部推薦)

こう言う人は自分に縁のない人だと思うことにしてる

手「ごじゅう…」

伊「えーもっといない?」

手「じゃあ74点」

鷲「54点だったらカブなのに」


8.忘れ物を取りに帰る(敗者復活・鷲崎推薦)

「忘れた自分」が惨め

61点


9.商品見てて話しかけてくる店員(敗者復活・稔推薦)

伊「さあこれで優勝が!」

手「はちじゅう…」

伊「あ、もう決まっちゃった」

手「じゃあ81点」

鷲「カブだー!」


優勝「ポアロの説明」


曲(カラオケ)

dreams NEVER come true

プレイボーイの悲劇

Super Girl


終演後はロビーにて撮影会

大阪のお客さんは緊張して手ブレしちゃうので、東京の慣れた客にやらせる



いやー非常に楽しいライブでした。

マンスリーそのままといった感じでしたが、マンスリーでこれだったら「今月は大当たりだな」というくらい。

特に唐十郎のくだりと、こいつアホやなー解散が超おもしろかったです。

1/16放送分

テーマ:

BBS高齢化社会の現実


・三人組コントグループのリーダーであり、コーラを一気飲みするおじいさん

・老化やボケの事が気になるのか、いつも脳の事ばかり考えているモジャモジャ頭のおじいさん

・灰皿で自分の頭をポコポコ叩くおじいさん

・プレッツェルを喉に詰まらせてしまい呼吸困難に陥ってしまう、アメリカのちょっと前のおじいさん



インタビュー


・河原の石をひっくり返した時に下に隠れている虫
 虫気持ち悪い

・ミカン・スター
 ビートルズは不良の音楽なので嫌い。
 リンゴ・スターの隠し子であるミカン・スターも嫌い。

見ました

テーマ:

崇へ

今朝、プリティリズム見ました。

普段は見る番組ではありませんが、崇が脚本をした番組なので真剣に見ました。

崇の名前が出たときは感動しました。

これからもいつも応援していますので頑張ってください。


昨日は札幌出身の歌手、藤沢のりひろさんのコンサートに行ってきました。

28歳で、デビュー四年とのこと。

地元でのコンサートだったので、すごい高いテンションで楽しいステージでした。

やはり生は違いますね。


そちらも余震が頻繁にあるのでしょう。

くれぐれも気を付けてくださいね。

719

テーマ:

大変遅くなりましたが、行って参りました、719。

でも感想ではなく、業務報告です。
実は昼の部終了後にポアロのお二人へサプライズプレゼントを送らせていただきました。

始まりは去年の12月26日、大喜利茶会終了後のファミレスにて。

「来年(2010年)はポアロが出会って15周年

 何かプレゼントとか、お祝いができないか。」

ということを、私が言い出してしまいました。

この時点で私が言い出しっぺで主催で主犯になることが確定。

正直、言わなければよかった。

言い出した時点では何をプレゼントするかほとんど考えていませんでした。

「良い酒」くらいのテキトーな考え。

しかしその場の打ち合わせにて、メカウロコ君が「ペアリング」と言い放ったため、ペアリングに確定。


実際の計画としては、ポアロにバレるのを防ぐため、mixiのマイミク限定日記等で協力者を募集。

ご協力いただける方にはお一人1000円と、ポアロへのメッセージカードをお願いしました。

指輪には文字が刻印されており、彫ってある言葉は

「EVEN IF YOUR POCKET

 BECOMES SUDDENLY EMPTY.(鷲崎さん側)

 THERE IS NO ANXIETY

 ANYTHING DOESN'T CHANGE.(伊福部さん側)」

(君のポケットが急に空っぽに突然なってしまっても、

 何にも心配事はないさ、何にも変わらないさ)

空っぽのポケットより



どういうタイミングでお渡ししようか、というのは大きな懸念事項の一つでしたが、いろいろあって719にてお時間を割いていただけることに。

イベント時間中は時間が無いので昼の部終了後、ご協力いただいた方が客席に残り、ポアロに再登場していただき私からお渡しすることに。

これが決まったのは一週間ほど前。

ここから緊張がまったく収まりませんでした。


そして当日、公録終了後。

ひたすらに緊張が高まる。

ポアロが出てこられて、しゃべりだす私。

「アイツが仕切んのか」

そりゃそうですよね。

お二人は何も知らずに連れてこられてるんですもの。

ド緊張であわあわぐだぐだな司会でごめんなさい。

なんとかお渡しすることができました。


イベント終了後、帰宅してTwitterにて改めて伊福部さんにご挨拶をしました。

そして伊福部さんからお返事をいただきました。

これを見て「ああ、719が終わったんだな」としみじみ感じました。

半年以上の指輪企画

自分がweb予選すら通過できなかったこと

三ヶ月以上に及ぶ判定考査のフィナーレ

そしてポアロファン仲間との交流

さまざまな思い出が去来し、号泣していました。

たぶん10分くらい止まらなかったと思います。

悲しいとか、嬉しいとかじゃなく。

もっとダイレクトに、魂というか、それが安っぽい表現なら、価値観を掴まれて揺さぶられたのは初めてでした。

指輪計画なんて面倒なことはもう二度としませんが、大喜利をしたい。

次回のシステムや舞台がどうなるかはわからないけど、絶対に決勝に出たい。

大喜利おもしろくなるために色々考えています。

絶対に、絶対に。


いつの間にか指輪計画じゃなくてイベントの感想になっていました。

じゃあ719のレポはこれでいいや。

とにかく計画にご参加いただいた皆様、お忙しい中ご協力いただいたスタッフの皆様、鷲崎さん、伊福部さん、ありがとうございました。

そして公録&判定考査、お疲れ様でした!