高崎市にあるコーヒー専門店の一角にあるカフェスペース。
 
豆を買いに来た人用の休憩スペースかなと思って、
 
正直あまり期待していなかたけど・・・(←すみません)
 
 
 
ぜんぜん違ったみたいあせる
 
コーヒーが美味しいのはもちろんだけど
 
一緒に頼んだイチゴのタルトがとっても美味しかった笑顔
 
 
 
IMG_20170414_185225131.jpg
 
 
 
いちごがこんなにたくさんのっているキラキラ
 
生地がクッキーのようにサクサクしていて、コーヒーの苦みに合う優しい甘さ。
 
私、生地の部分にクリームたっぷりのタルトって苦手なのです。
 
 
 
日によって並んでいるケーキが数種類あって、テイクアウトもできるみたい。
 
他のケーキも試してみたいな♪
 
店内では、豆はもちろんドリップするための器具やマグカップも販売されていて
 
家で美味しいコーヒー飲みたいと思ったら、ここでこだわりの道具を一式揃えられそう笑顔
 
 
IMG_20170414_185225150.jpg
 
 
 

過去のカフェの記事読み返してみると

私のお気に入りのお店って傾向があって



四角01窓が大きくとってあって自然光がたっぷり入って明るくて、天井が高くて開放的な店内

 
四角01木製のイスやテーブルを使用していて、ナチュラルな雰囲気のインテリア
 
四角01いつもブラックのコーヒーしか飲まないから、コーヒーが美味しいのはもちろんだけど
 一緒に食べるケーキやお食事なんかも、そのお店のこだわりを持って作られていて美味しい。
 
 
IMG_20170414_185224819.jpg

 

 

 

友達や旦那さんとワイワイ過ごす時間も好きだけれど
 
ひとりでこんな空間で、コーヒーを飲みながら
 
ぼーっと過ごしたり、一週間の予定やToDoを確認する時間も
 
頭の中がすっきりするというか、気分転換になるから好きクローバー
 
 
 
IMG_20170414_185224642.jpg
 
 
 
 
高崎市菅谷町531-10
027-360-6513
10:00~19:00
定休日:火曜・第1、3水曜
 
 

アロマテラピーを行う上でかかせないもの

それが『精油』です。

精油は、植物から香りの成分だけを抽出して、ギュッと凝縮したもの。



今や色々なメーカーから発売されていて

どれを買ったら良いのか迷ってしまう方も多いかと思います。



メディカルアロマの先進国であるフランスやベルギーでは

薬物と同じように厳しい品質基準が設けられていますが

日本では精油は、雑貨として扱われているので、品質基準は設けられていません。



特にお肌に塗って、自分の健康や美容のために役立てようとした場合

粗悪な精油を使うと、化学物質や農薬が体内に吸収されてしまい

健康になるどころか逆効果になってしまう可能性が!



アロマテラピーを安全かつ効果的に行うために、楽しんで使っていくために

まずは良質な精油を選ぶ目を養っていくことが必要。



なかには、『メディカルグレード』『高品質』などと

 

紹介されている精油もありますが

 

何をもってメディカルグレードとしているのか

 

自分なりに見極めることが大切だと思います。




 

 


【精油を選ぶチェックポイント】

四角01何の植物から抽出したのか学名が明記されていますか?
合わせて、どのように採油したのか、植物のどの部位から採油したのか明らかですか?

学名はラテン語で書かれた世界共通の植物の名前です。
学名がある=どんな植物から作られているか調べればわかります。
例えば、ティートゥリーは『Melaleuca alternifolia』という学名の植物から抽出した精油になります。

また、植物は花、茎、葉など抽出部位によって、含まれる成分が異なります。
例えばオレンジビターの花から抽出されたものは「ネロリ」、葉から抽出されたものは「プチグレン」、果皮から抽出されたものは「ビターオレンジ」と呼ばれ内容成分が大きく異なります。

薬理効果や使用目的を知る上でも、どの部分から抽出されているかを確認する必要があります。



四角01「成分分析表」がついていますか?

「成分分析表」とはロットごとの精油の証明書のようなもの。
この精油が、どういった成分から構成されているのか。ということが分かるからこそ、

どの場面で使えるだとか使用する上で注意することがわかります。

メディカルアロマで大切なことは精油の成分をきっちりと把握すること。
成分分析表が付いているメーカーでは、化学分析を行いどんな成分がどんな割合で含まれているかや
屈折率、比重、遮光度についても分析・検査され不純物の混入など問題がないか確認されています。



四角01精油の原料は、オーガニックな状態で育ったものですか?

農薬や薬剤が使われていると、精油の中に凝縮して取り込まれている恐れがあります。
メディカルアロマでは、高濃度で精油を使用することもあるため、凝縮された農薬成分が入っていたらそのまま体内に取り込んでしまう可能性があります。

オーガニックと表示されている物や、成分分析表がついていて「残留農薬検出なし」の記載がある物を選んでください。

 

 






メディカルな目的で使用する場合、高濃度で皮膚に塗布する場合は

以上のポイントで選んでいただきたいのですが・・・



まずは、気軽にアロマテラピーを生活に取り入れていただきたいですし

手元にある精油を使ってみたい♪という方もいらっしゃいますよね。



それぞれの精油メーカーの良さがありますし

成分分析表がないなら、ないなりの使い方ができます。



ただ、100円ショップで売られている物や極端に安価な物

合成の香料で作られていたり、添加物が含まれている物などは

アロマテラピー用ではないな。と考えて避けていただいた方が良いかなと思います。



私の講座では、ベルギーのプラナロム社の精油を使用しています。

上記の条件を満たし、再度国内で検査・分析を行っているという徹底した品質のもの。

 

香りも素晴らしいですし、安心してアロマテラピーを勉強していただけますニコニコ

 

アロマテラピーに欠かせない精油。

精油とは・・・

香りを放つ植物が自らの体で作り出した香りの分子を抽出して

ギュギュッと凝縮したもの。
 
 
 
それらの分子はそれぞれに
 
私たちの自律神経を整えたり、
 
ウィルスや細菌から守ってくれたり
 
痛みを和らげたり・・・などの作用を持つものもあって
 
心や体の健康をサポートしてくれます。




 
 

では、植物が香りの成分を作りだすのは何でか?

まだ正確には解明されていないようなのだけど・・・



四角01香りで花粉を媒介してくれる昆虫や鳥を引き寄せて子孫繁栄をはかる。(誘引効果)

四角01昆虫や鳥などの苦手とする香りを出し、寄せ付けない。(忌避効果)

四角01有害なカビや菌などの発生・増殖を防ぐ。(抗菌効果)

四角01他の植物の発芽や成長を抑制し、自分の身を守る。

四角01精油(芳香物質)を蒸発させて、暑さから身を守る。

四角01紫外線吸収作用・抗酸化作用として

四角01植物間のコミュニケーションとして


という可能性が考えられるのだとか。



地面に根をはって、見動きの取れない植物たちは

香りを放つことによって、我が身を守ったり

子孫の繁栄に役立てたりしているだなんて素晴らしいシステム!!



しかも植物間コミュニケーションって、人間の気が付かないところで

香りを放って植物同士で会話しているなんて

『おもちゃのチャチャチャ』をみたいラブ







このことを知ってから、やっぱり植物って生きてるだなって

当たり前の事だけど、改めて認識するきっかけになって

植物を見るたびに何だか愛おしくなりました好



精油はそんな植物たちが作り出した香りの成分を凝縮した

植物たちにとっては血液のような物。



私達はそんな大切な物を使わせてもらっているのだから

一滴一滴を大切に。



そして、精油成分を取り込んで植物の命を分けて貰った

自分自身の心も身体も大切に扱ってあげたい。ということを

アロマを勉強するようになって実感するようになりましたバラ