炭屋な毎日

炭屋な毎日

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ダリやガウディが生まれた国

 

本日の友人たち追悼曲 La Rumba - Entre Dos Aguas

 

 

向こう河岸に変な形の建造物・・・気になって仕方なかったので行ってみた。

観光客来ないので英語表記なし・・・まったくわからぬが、敷地内に潜入。

 

まずオリーブ畑、ローズマリー畑、素敵な公園・・・・なんだこの優しい感じは。

そして遺跡・・・建物は改装してあるな、入ってみよう。

 

いくつかの部屋に分かれて展示してあるモダンアート、美術館だ!

1ヶ月宗教画ばかり見てきたので、頭の中にすごく新鮮な風が吹いた。

 

宗教画って描きたくて描いたものばかりじゃない・・・昔イタリアでそう思った。

パトロンに札束で頬引っ叩かれて描かざるを得ない、苦悩もこもっている。

 

モダンアートは展示も余裕があり、見応えがあって楽しかった。

NY近代美術館よりいいな、と思ったくらい・・・タダだしね。

 

別棟に素敵なカフェやアートスクール、古いチャペル・・・ずっといたい気分。

後で調べたら修道院跡・・・この心意気が素敵、営利目的で近代化させるのが街じゃない。

 

そーだ、ここはダリやガウディが生まれた国だった。

 

 

 

 

SHORT LIVES-バナー←いつもクリックありがとう

 

 

 

 

 

 

 

 

路地マニア

 

本日の友人たち追悼曲 Jasio Velasco

 

 

世界中どこでも路地が好き❤︎なるべく路地を歩く・・・良い子は真似しないように。

ってか、海外街歩きに慣れてない人は、危険かどうかの判断甘いのでね。

 

大きな真っ直ぐの道で行けるところも、なるべく路地を通って回っていく。

つまんないとわざと道間違えたりする・・・wifiないけど磁石と地図あればなんとかなる。

 

幸せなことに脚は丈夫、ここヤバいと思っても走れる。

下町探索で昨日は一日中歩いた、そして好きな地域見つけた。

 

ライヴハウス、いい食料品屋、レコード屋、骨董屋、フリーキーなカフェやバー。

そりゃそういう地域は物乞いやホームレスが沢山いて、皆じもっぴと友達。

 

ライヴハウス帰り、遅いからさすがに帰りは大通りで帰ろうと思ったけど・・・・

そんな心配はいらない・・・・路地の方が人がてんこ盛りで・・・・

 

すいませんねちょっと通して、と言いながら帰った。

 

 

 

 

 

SHORT LIVES-バナー←いつもクリックありがとう

 

 

 

 

 

 

 

 

王子様たちは愛する人に花束

 

本日の友人たち追悼曲 David Bowie - Valentine's Day

 

 

ついに食べた!・・・・公園にアチコチ落ちてるが、行くてをはばむかのように・・・

チャンス!一応水飲み場で洗う・・・酸っぱい・・・でも香りはすごい。

 

今日はバレンタインデー、日本みたいにバカ騒ぎしない・・・チョコの日じゃなく愛の日。

すれ違う男は素敵な花束持ってるんだもん・・・・映画に出てくるみたい、たまらん。

 

ぐやじー!!!うらやましい!!私だってあんな花束欲しい!!!!

だけどあんた、公園で落ちたオレンジ食う変なオリエンタルおば・・・羨ましがる資格なし。

 

ふんっ!!仕方ないから今から、ふてくされてライヴハウス行ってくる。

 

 

 

SHORT LIVES-バナー←いつもクリックありがとう

 

 

 

 

 

 

 

アンダルシアの恵み買ってきた

 

本日の友人たち追悼曲 カルメン. 闘牛士の歌

 

 

お野菜を買いに大きな総合市場へ・・・

お魚やお肉は外で食べるけど、どうしても野菜不足になるので・・・パプリカめちゃうま。

 

毎日陽にあたるし、絶対野菜は摂らないと・・・・

今何がおいしいか聞くと「苺」、日本のみたいに甘くてふわふわじゃないよ。

 

豚も鶏も味が薄く臭みもない、なのでお料理に胡椒はじめ香辛料は使ってない。

この街は牛肉を売ってるの見たことないぞ・・・闘牛するのにね。

 

そういえば闘牛場の博物館見てきた。

闘う牛も、マタドールも、皆が神聖化して敬っているのがよくわかった。

 

残酷って言うけど、機械的に育て、いっぱい屠殺して食べ残す事も残酷だ。

 

 

 

SHORT LIVES-バナー←いつもクリックありがとう

 

 

 

なぜか謝るしかない

 

本日の友人たち追悼曲 R・シュトラウス:交響詩「ドンファン」

 

 

みなさま、この方がドンファンだそうだ・・・・紀州のじゃないよ。

ドンファンは実在していたのか?カサノヴァはいたね・・・一度お会いしたかった。

 

イタリアの伊達男が千人斬っても、あまり驚かないが・・・・

スペイン男がやたらと女口説くのは想像できないけど・・・モテたんだろう。

 

しかしスペイン人はやはり男女ともに、美しい。

背格好は日本人と同じ位(脚は長いのは決定的に違う)で黒髪。

 

顔の造作がやたらでかい・・どこかでいきなり顔を合わせると、かなりびっくりする。

今朝もエレベータの扉が開いていきなりスペイン美人、さらに美しくメイクしてスマイル。

 

迫力にかなりびっくりして・・・・とっさに私・・・・・なぜかあやまってしまった。

 

 

 

SHORT LIVES-バナー←いつもクリックありがとう

 

 

 

演者は渾身でやりませんんと

 

本日の友人たち追悼曲 フラメンコ

 

 

今夜のフラメンコも良かったなー。

ギタリスト、歌い手、ダンサーが各自渾身でやる。

 

明日の朝友人はバルセロナへ、私はもう1週間ここにいて遊ぶ。

今回地方都市というのは良いという事がわかった。

 

私はあと1週間でロックライヴハウスを探すことにする・・・多分ないだろうけどね。

苦悩し、不満を持って、問題意識など生まれなさそうにないこの街にはないと思う。

 

でもフラメンコ見ていると・・・・すごくいい勉強になった。

 

 

 

 

SHORT LIVES-バナー←いつもクリックありがとう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のんびりのつもりが・・・・・

 

本日の友人たち追悼曲 アンダルシアに憧れて 山崎まさよし

 

 

海辺の街にのんびりしに来たのに、なんでしょうこの騒動は・・・・

うに祭りらしく、あちこちで生牡蠣生うに販売、なのに買うタイミングが悪く食えず。

 

旅行中に生魚貝は食うな、という個人的おきてにのっとった。

悔しいがまぁいい、シーフードが美味しい地方なので魚料理ばかり食べていたが・・・・

 

日本の魚には負ける。・・・日本は新鮮なまま食卓に届ける、という技術がある。

どうしても野菜不足な毎日、今日は野菜いっぱいのスープを作るもんねー。

 

やっぱりお料理することが、私の元気の基本のようだ。

 

 

 

 

SHORT LIVES-バナー←いつもクリックありがとう

 

 

 

満月を見上げて反省

 

本日の友人たち追悼曲 Down by the Seaside - Led Zeppelin

 

 

ギター中心のフラメンコ・・・・・・ブラボー!

 

ギターはもちろん、唄も、ダンスも、とっても素晴らしい!

と感動してる場合じゃない、このグレードで2000円ちょっとかよ。

 

人前で同じくらいのお金を頂きライブしている以上、もっとなんとかしなくちゃと・・・・

ひたすら反省した帰り道、いいもの観たという感動と共に・・・・

 

いい勉強になったと、満月を見上げて歩いた。

 

 

 

SHORT LIVES-バナー←いつもクリックありがとう

 

 

鳥さんたちの為にある

 

本日の友人たち追悼曲 西郷輝彦 星のフラメンコ

 

 

街中どこにでもあるオレンジの木、なんでみんな食べないんだろう?

よく見ると下の方の実はなくなっている・・・人がいなかったら、私よじ登るのに。

 

そして落下・・・・大怪我か死亡・・・・・・ニュースに流れる。

海外向けのニュースで、日本にも報道される。

 

邦人女性、どうしても食べたくて、公園のオレンジによじ登り落下と報じられる。

こっちのオレンジは本当に美味しいが、そんなことで有名になりたくない。

 

今からスーパーマーケットで買ってくる。

 

 

 

 

SHORT LIVES-バナー←いつもクリックありがとう

 

 

 

 

 

死にはしない

 

本日の友人たち追悼曲 ジプシーキングス・ボラーレ

 

 

見にくいけどわかる?キーホルダーに付いた3つの鍵。

今朝ホルダーのストラップがブチッと切れたので、フロントでなおしてもらった。

 

日本人ならありえないけど、なんで鍵があっちこっち向いて付いてんの?

”Take it easy.” って・・・・笑えて困ってるっちゅーの。

 

宿の部屋の設計も、なぜに?というところが多いし・・・お皿洗うと床が水浸し。

まぁニューヨークよりいいけど・・・その点リスボンは素晴らしかった。

 

昨夜、カフェの親父や従業員全員と大爆笑大会。(言葉は通じないが、おもろいことは通じる)

キーホルダーが変でも死にはしないし、楽しいほうがいい。

 

きちんとしてると面白くないんだ・・・・・Take it easy!

 

 

 

SHORT LIVES-バナー←いつもクリックありがとう

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>