主体的市民 福田 正(ふくだただし)のブログ

主体的市民 福田 正(ふくだただし)のブログ

狭山市をおもしろく・・・
保守にもの言う保守

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

※この文章は172秒で読めます。
狭山市公式WEBを用いはじめて「狭山市長へ」「私の提案」をしてみた。

タイトル
狭山市立こども動物園の「ヤギ」を入間川河川敷中央公園の雑草処理に役立たせたい。

■現状では・・・
 入間川河川敷中央公園は広大な面積をもち、特にサッカー場跡地を埋め立て、桜等の樹木の植樹を施してあるが、殆ど使用されていないのが現状である。
 その理由としては、年に数回程度(春から秋)の除草を実施しているが、雑草の成長が著しく早く、繁殖の強い時期には3週間後には元の姿に戻ってしまい、 足を踏み入れることが出来ない状態にしまう。実際に足を踏み入れることが出来るのは、年に数週間、一般人の休日(土日祭日)と限定すれば、極端に少なく なってしまう。雑草処理直後しか利用できないことになる。
 利用用途としては、本来何を目的にして造成されたのか曖昧で、単に雑草を見ているだけの公園に化しており、利用率とコストから費用対効果を算出した場 合、誠に採算性のない公園としての位置づけになる。元来公園に、採算性を求めることは適当ではないが、公園の機能を十分に発揮させているとも思えない。除 草作業をするためだけの公園になっているからである。
 狭山市駅から徒歩で約10分、国道16号線に新富士見橋、昭代橋を渡り隣接と交通のアクセスとしては申し分のないロケーションを持つ。

■狭山市立こども動物園のヤギの場合
 同園のヤギは開園当初(30年前)から何代にも渡り、飼育展示されてきており、現在では約十頭が飼育されている。ヤギは殆どの植物を好む傾向があり、毒性の強いモノは本能的にそれを食さないと言われている。
 当園の植生を見るにつけ、ヤギの餌に適した草木が大半を占める。そこにヤギを木から木へロープで繋いでおくことができれば、餌の多くは間に合うことになる。

 以下は、一般的にヤギが好むとされている自然の草木である。
 (★のついているものは特に好きなもの)
★クワ ★アカシア ★サクラ ★ケヤキ クリ ★カキ ハギ ヤマブキ エノキ
★ダンコウバイ ヤナギ コナラ ウリカエデ ★アケビ ウメ ★イタドリ ★クズ ★スイバ ★スギナ ヨモギ ★クローバー タンポポ ボタンズル ヤブマメ シロザ ススキ メヒシバ ★シラカシ ノイバラ ヤマイモ等

 以上、「ヤギは毒性の有るもの以外なら何でも食べる」と言われ、実際そうらしいが、結構好き嫌いがあるのは確かであり、飼い方と個体によっても違うらしい。
 ヤギの餌になる植物生態の詳細等については、その多くは、当公園にて確認済み。確実なところであれば、都市緑化植物園「緑の相談所」にて調査することが望ましい。
 尚、「動物園」と「植物園」を共に有している、この規模の自治体は、全国的にみても珍しい。両園の協働による企画も興味深いものがある。

■類似例等
 ヤギに雑草処理を他の自治体や各公社、民間企業に至るまで多くの試みとして、行われているが、失敗例はほとんど無く、成功例の方がはるかにそれを上回る。特に人が足を踏み入れることが危険な急勾配地の除草は威力を発揮している。
 ヤギによる除草を目的にした場合の問題は、ヤギをいかに入手するかであるが、わざわざヤギを購入している場合と、本業でヤギのリースを行っている専門業者に委託し、ヤギを貸し出してもらう方法があるが、当市の場合その手間は一切無いことになる。

■現状での予想される問題点
 狭山市立こども動物園は指定管理者(埼玉県公園緑地協会)のため、詳細な契約を締結していると考えるが、ヤギを雑草処理に用いる事が可能か否か。当然、職員も常駐させることになるので、新たな業務が増え、出費があればそれをどうするかと言うことが事前に考えられる。
 しかし、この案は「手段であって目的ではない」ので、市と当該締結業者の熱意と円満な調整により解消できると思われる。
 「ヤギは、展示品でありその他の目的外の使用は認めない。」「環境を変えると健康状態等支障をきたす恐れがある。」と最初から言われると、この提案は一瞬にして空となり、ハード、ソフトの両面からも市民の大いなる損失に繋がりかねない。

■効果として・・・
 当公園は、まちづくり、地域コミュニティの観点から、入間川、水富、柏原、奥富地区に隣接しており、各種の使用方法の検討の余地が多分に含まれている。
 発想によりお金を生む可能性を多分に含む公園への期待も高まる。将来的には従来の有料公園施設型の都市公園からの発想の転換をし、見本市、展示会場、コンベンション会場等のイベント会場としての機能を充分兼ね備えた、立地と広さを有しているとか考える。
同時に今の形態を維持しつつ、条例規則等の変更、もしくは解釈の変更により運用を可能とさせ、使用目的等を変更するのであれば、公園内に「市民BBQ場」「オートキャンプ場」、特に昨今のBBQ場は市民ニーズが高いと思われる。
 その際は、現在使用を停止している既存のトイレを有効的に活用し、上下水道を生かし、水場(広い用途で水が使える場所)の整備が必要であると考える。

ぜひ慎重なるご検討をお願いし、実現させていただきたい。

 今後の、市とのやり取り回答等に関しては全てSNSにて随時、市民へ投稿いたします。

狭山市広瀬東3-31-4
福田 正 E:メール ff.tad@p1.s-cat.ne.jp


テーマ:

指摘投稿
健常者しかたどり着けない身障者用トイレの場合
某所某公園(源義高記念公園と呼んでいる)のトイレは最新鋭のおもてなしトイレとしてこの春完成した。
身障者に優しいがコンセプトである。しかし、このトイレ健常者でないとそこにたどり着く事が出来ない。廻りには子供の身の丈ほどの草が巾を効かせ、車椅子や老人用カートでは入り込めない状況が続いた。
先日、S市(情熱一番がうたい)に何とかアプローチの部分除草が出来ないかと申し入れした。するとさすがに状況は把握できたていたが手が廻らないとの理由であり、早急に対応するとの回答。

ビフォアー&アフターは写真のとおり。
親切で迅速なS市「みどり公園課」の対応に感謝する次第です。
しかし、この広く桜が植り、普段は草ボウボウで、利用できない公園の利用促進に向けて皆さまのお知恵をお借りしたい。
福田 正


テーマ:

あの大きな大きな「靖国神社」ではなく、赤紙一枚(召集令状)で出兵し御国に御霊を捧げた地元の若者達を祀った神社が廣瀬神社境内にある。
「霞神社」だ・・・

その由来は・・・
「霞神社は明治の日清日露の戦役以来、昭和16年の太平洋戦争に至る数次の戦役事変に、本地区旧水富村の在住の若者が出征され、尊い生命を日本国の為に捧げ散華された人々の御魂を斎奉られた鎮魂のお社です。 平成13年4月吉日 」 (現地案内板説明文より)
写真参照

霞神社はどちらかと言うと小さなお堂であるが、過去の幾多の大戦で故郷や家族を思い、不本意にも命を落とした〝御霊”が祀られている神社である。

日の丸、千人針、万歳、おめでとう。・・・
あの教訓は何だったのか。   日本国憲法9条って何だ。

福田 正

— 場所: 狭山市 廣瀬神社内 霞神社
福田正さんの写真
福田正さんの写真
福田正さんの写真
福田正さんの写真
福田正さんの写真

テーマ:

ただいま・・・・
おはようございます。
入間川河川敷中央公園(通称・源義高記念公園)の清掃作業から帰宅。
吉岡勇三さんに手伝っていただき、無事終了いたしました。
おかげさまで日常のきれいな河川敷に戻りました。
清々しい気分です(この笑顔・・・)。。。
福田 正

吉岡 勇三さんと入間川源義高記念公園にいます。
福田正さんの写真
福田正さんの写真
福田正さんの写真

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。