Sui-Johについて① | Sui-Joh〜カンボジア発アパレルブランド〜

Sui-Joh〜カンボジア発アパレルブランド〜

Sui-Johは2012年にプノンペンで生まれた、世界にひとつを作るシャツ・アパレルブランドです。
試行錯誤や喜怒哀楽が散りばめられたこのブログ&Sui-Johをよろしくお願いします!
そしてカンボジアから「Happy」が、水の上を漂う笹舟のようにぷかぷかと届きますように。


テーマ:
スースダイ!!

このエントリーでは、

Sui-Johとは?

コンセプトは? 

何を目指すのか?

などを書かせて頂きます。


<名前の由来>

Sui-Joh「スイジョー」=「水上」です。

この地球を取り巻く大海原。
私たちは海で繋がっています。
その大海原を、ぷかぷかと漂う笹舟のように、
小さな幸せを皆様にお届けしたい!

Sui-Joh ~ カンボジア発のシャツブランド ~-ロゴ

そんな想いと、もう一つ。

カンボジアにも水上集落があり、
水上で人生が繰り広げられ、
そこには人生と言う喜怒哀楽が散りばめられている。

水の上、そこは何かを運ぶ道であり、そして人生の舞台でもある。
それが「水上=Sui-Joh」。


<コンセプト>

・カンボジアからブランドを!安かろう悪かろうからの脱却を!
・現地貢献、雇用拡大、そして仕事への誇りを!
・大量生産 大量消費の製品にはない、
 一品シャツの味わいを!!

カンボジアに偽造品、模造品は多々あれど、
カンボジアから世界に発信されているブランドは皆無に等しいのが現状です。
そんなカンボジアでは、まだまだ商標権、特許等の認識も薄く、
しかし、その中カンボジア発のブランドが日の目を浴びれば、
スズメの涙程度かもしれないけれど、
カンボジア人への啓蒙活動にも繋がるはず!
(と同時に模造品も出てくるでしょうが…)

そのようなブランドになる為、
Sui-Johのシャツは、某有名ブランドで型紙師を歴任された
日本人をアドバイザーに迎え、型紙作成のご協力頂き、
カンボジアや東南アジアでのオーダーでありがちな
「なんとなく違うんだよな」を無くした、クールなシャツを作ります。

またテーラーも私自身が複数のテーラーを訪ね、試作を重ねた結果、
より高度で、安定した縫製技術を駆使できるテーラーと契約する事で、
縫製の甘さ等の問題点を最小化し、そして改善しています。
加えて、オーナーの柔軟性、性格も加味し、
共に高品質を目指せるテーラー達です!

その結果、彼女達が少しでもより高い技術、
世界基準を習得する事ができれば、
他のテーラーとの差別化にもなり、
彼女達自身の生存競争の強化にも繋がると共に、
他のテーラーへも相乗効果が生まれる様、
我々のテーラーだけではなく、全体の水準向上が出来れば、
とSui-Johは考えます。

そして、例えば、いつか1人のテーラーが独立し、
そこで雇った子達が同じ様なクオリティの商品を作る事で、
カンボジア製品自体のクオリティが上がる。
そのような連鎖が起これば、とてもハッピーです!

また、お客様へもシャツを介し、1品物の温もり、
アジアの雰囲気もお届けできるようなシャツを目指します。
一方、お客様から頂いた(叱咤激励を含め)お言葉を、
テーラーとも共有する事で、お客様とのコミュニケーションを感じてもらい、
自分の仕事に責任、誇りを持ってもらい、
向上心に繋げていきたいと考えます。



Facebookページもよろしくお願いします虹

Sui-Joh 〜 カンボジア発のシャツブランド 〜さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス