伊豆の中心で愛を酒ブログ★杉山商店日記

伊豆の国市で酒屋の店長をしている、すぎちゃんこと杉山雅一がお酒や趣味のアレコレ、そして伊豆の魅力をお伝えします。


テーマ:

早くも伊豆も梅雨の時期に突入。

先日行ってきた兵庫県から、連れて帰ってきちゃったみたい(笑)

 

どうも! 伊豆の国市にある酒屋

「お酒と食」のセレクトショップ 杉山商店の杉山雅一です。

 

さて、先日出張で行ってきた兵庫県北部の但馬「美方郡香美町」。

 

以前も一度行ったことのある僕的には・・・

「美カニ郡カニ町」的なイメージがあります(笑)

 

それもそのはず・・・

 

この地方の海でとれるカニは超有名。

前回も戴いて感動するほど美味しかった♪

 

 

今回も戴きましたよーーー!!しかも朝食から!!

 

ハンパないでしょ!? というのも、前日の夕食は、セミナー講演の懇親会の為、宿のご主人である友人ガクの粋な計らいで、朝食からカニという贅沢が実現しました。

 

写真の後ろ側のオジサンが(笑)

ここのカニの宿「民宿かどや」を経営する友人、今井学(ガク)さん。

彼の計らいは粋を越えた大粋と呼べるビックリするレベルでした。

 

 

黄色いタグがこの地域の海で採れた証。

なんと!1,000匹に1と言われるレアな「黄金ガニ」♪

もう鼻血が出るくらい旨いのなんの。日本酒が欲しいーーー

 

 

僕は途中から、全部剥いてからカニ味噌で食べるという作戦に切り替え、贅沢かつ一旦キレイにした手が再び汚れることのない方法でガッツリ行きました(笑)

 

 

ノドグロの塩焼きも旨かったーーー!日本酒欲しいーーー

 

そんなワケで、帰りの電車の時刻まで、香美町ツアーを楽しむコトに。

 

「スギフジツアー in 但馬」 のスタートです!

 

朝食時から思わず何度も叫んでしまった、「日本酒欲しい。」

その欲望の甲斐あって、蔵元見学からスタート(笑)。

 

生酛(きもと)造り、山廃仕込みにこだわる「香住鶴」。

 

蔵元の工場見学と、試飲も楽しませてもらい大満足♪

この蔵元は、タンクの大きさと数、設備を見ても、けっこう大きな蔵元。

観光にも力を入れていて、直売所も良く考えられた造りになっていました。もちろん、お土産に買いましたよ~♪

 

そして、旅の二日目のメインともいうべき場所に移動。

 

会いたかった友人夫婦が営む牧場です。

 

日本の和牛の総本山ともいえる「但馬牛」を育てる二人。

 

「田中畜産」の田中カズマ田中あつみちゃん。

シャレオツで仲の良いステキなご夫婦。

 

実は2年前に、香美町に来たときには二人はまだ知らない存在でした。

ホントにすぐそばまで来たことがある。意外と覚えていた風景もチラホラ。

SNSで二人の事は、何となく共通の友達を介して情報を見ていました。

僕と同じように夫婦ともに、業態は違えど、仕事からプライベートまでほぼ四六時中いる身。気にならないワケがない。

 

二人の優しい人柄と家族愛、仕事愛がやはり一番の魅力だと思う。

 

あの先日ツイッターで知った生まれたばかり仔牛にも会えたーーー♪

 

写真を撮ろうとしたら、すかさずお母さん牛がガードに入る。

とっさの母牛の行動に、人間だけじゃない母性愛の基本を感じました。

 

牛を育てるということは、

命の育み、自然との共存、生と死、食文化の継承 ets... 

 

ボキャブラリーがない僕にはその位しか思い浮かばなかったけど…

なんか仔牛を見ていると、生命の力強さを感じながらも、先の見える定められた命にも感じて、ちょっと寂しく感じてしまったのが本音。

 

それを全部受け止めて知ったうえで、人間の豊かな食生活に貢献しようとする、彼ら牛飼いの人たちはホント凄いと思った。

 

だって正直、僕は肉を食べることが、大好きだもん。

 

彼らが居なければ、美味しいお肉を食べることはできません。

人が笑顔で生きるのに必要な、豊かな食の担い手な訳ですから敬意を持って当然です。ましてや僕は、飲食に少なからず携わる仕事をしている身。いろいろと考えてしまうのも、そんな理由からなのかも。

 

 

僕らがサングラスをかけて、ふざけた格好で登場したにも関わらず、ネタとして、面白おかしく対応してくれました(笑)。

 

 

お家にもお招きいただいて、記念撮影

 

せっかっくなので、先日ココを訪れた師匠の藤村正宏先生のオマージュにみんなでチャレンジ!

 

コレが本物の藤村先生とハッピー橋本さんの訪問写真。

 

コレが今回の僕たちのオマージュ写真。

 

どうです?かなり再現性が高いでしょ??(笑)

 

さすが!キャメラマンカズマ!!角度もバッチリ♪

 

オマケに・・・

 

SNS投稿時によくある「みんな無言」風景を撮られてたーーー!!

 

うん、確かにコレ見ると、いったい何しに来たんだろう(笑)

 

ランチは二人のオススメするお店で、

 

ほぼほぼ「神戸牛」と同じ肉質を誇る

「但馬玄(たじまぐろ)」のローストビーフ丼

 

これはマジで旨かったーーーー!!完全に2杯は食べられた。

思わず朝食のお腹いっぱい加減から、ご飯小盛をオーダーした自分をおもいっきり攻めました(笑)

 

最後に記念に、僕に合わせてわざわざ着替えて来てくれた、

Keisuke okunoyaブランドのお揃いのポロシャツで記念撮影。

 

いや~束の間だったけど、めっちゃ楽しかった~!!

 

カズマとあつみちゃん、

一緒に旅してくれたスギフジメンバーの、まちこちゃんすみかちゃんアオジ

そして、運転手兼、香住の観光プランナーのガク

どうもありがとうーーー!!

 

 

実はその後、帰りの新幹線の中で知った出来事なのですが・・・

 

あつみちゃんのツイートから、

 

まじかーーーーー!!

 

これはスゴスギ!!すかさず

 

 

冗談で、僕の大好きな「富士山」にちなんだ名前をお薦めしたところ

 

ホントに「富士山」の名前に決定したよーー!!

 

なんかメッチャ嬉しいーーーー!!

 

カズマも、

 

 

仔牛「富士山」の成長を定期的にツイートしてくれるんだって。

 

楽しみだな~!!

 

ぜひ富士山好きの方は、兵庫県の「富士山」にも注目ですよーーー!!(笑)

 

それでは、長くなってしまいましたが、ここまで読んでくれてありがとうございます!!

 

ではでは

 

 

 

杉山商店案内図

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは! 伊豆の国市にある酒屋、

「お酒と食」のセレクトショップ 杉山商店の杉山雅一です。

 

な、な、なんと!

伊豆の国市から新幹線と電車で、約6時間も離れた地方、兵庫県豊岡市で、恐れ多くも、町の酒屋視点の講演をさせていただきました。

 

地方の僕と同じような、地域密着型のお店さん向けです。

 

大変恐縮です!!

 

講演後に参加者の皆さんと

 

今回、主催者の コムサポートオフィス さんからお声を掛けてもらいました。

 

約6年前に「町の酒屋は必要ない時代なのか?」と悩みを抱えていた時に、エクスマの藤村先生と奇跡的に出会い、それから日々の仕事に楽しみを見出せるようになったまでの体験談です。

 

 

辛いこと大変だったこと、いろんなことがありましたが、どれもが貴重な体験だったなぁ~と、今ではステキな思い出として感じられます。

 

つたないトークながら、を最後まで聞いてくださった参加者の皆さんには、本当に感謝です。

 

その時の内容を書いてくださった参加者の方のブログ

 

「今西食品」の今西さん

 

「サイクルランドようか」の小野山さん

 

早速、ありがとうございました!!

 

概ね、何かしらの気付きを得てもらえて、メッチャ嬉しいです♪

 

しかも、開催場所がステキな場所だったーーー!!

 

豊岡劇場、通称「豊劇」。

 

なんと!ここは、オシャレでレトロな「映画館」!!

 

 

ね、机を入れてあるから狭く見えますが。シートはあの映画館のシート。僕はこのシートには最後まで座れませんでしたが(笑)。

こんなステキな場所でお話しができて光栄です!!

 

 

一応、最後に自撮りの記念撮影もさせてもらいました。

 

参加者の皆さん、どうもありがとうございいましたーーー!!

 

それから、もう一つのエピソード。

 

この講演から、時を遡るコト6時間ほど前・・・

 

なかなか行く機会がないだろう、兵庫県北部に行くのだからと、今回の主催者の一人、「民宿かどや」の主人である友人ガクの案内で、観光スポットとグルメを楽しんできました♪

 

運転してくれているのが、ガク。

そして、僕の講演の応援がてら、一緒に観光を楽しんでくれたのが、このメンバー!

 

スギフジツアーでもお馴染みの、後部座席左から、御殿場市のヤマトヤさんの重役夫婦の友人アオジすみかちゃん

そして、同じ兵庫県内ながら、この場所まで3時間もかけて来てくれた、淡路島のお洋服屋さんオルフェウスのまちこちゃん

正直、兵庫県なめてました!めっちゃ南北に長くてデカい!!(汗)

 

3人ともホントにありがとね!!

 

あ、コッチの写真の方がわかりやすかった(笑)

 

集合場所の城崎温泉駅にて。

 

ちなみに、アオジご夫婦は、まさかの寝坊により、約一時間遅れの到着。

 

なので・・・

 

 

当然、城崎温泉の美味しいランチと乾杯は無し!!アーメン

 

 

兵庫県但馬地方と言えば、「但馬牛」。

その中の、ほぼほぼ「神戸牛」と呼べる、貴重な「但馬玄(たじまぐろ)」の肉を使った「ビーフシチュー」を戴きました!!

 

とろける柔らかさと旨味のコク、そして脂分の甘さがハンパなくインパクトある、美味しいビーフシチュー。これは昼時からヤバかった♪

 

その後は、豊岡市にガクの運転する車で移動して、

 

 

コウノトリの郷に行っていました。

 

1971年に一度は絶滅した「コウノトリ」を、見事に野外復帰させた場所。コウノトリって、何となくは知ってたつもりだったけど、説明を聞いて、全然違かったー(汗)。実際に見て、まずその大きさにビックリ。

 

しかも鳴けないから、くちばしを高速で叩いで、鳴き声に似た音を出してるんですって。まるで映画ジュラシックパークのラプトルの鳴き声みたいに。恐竜が鳥に進化したという説がなんとなく頷ける独特の音。

 

黒い尾のトリが「コウノトリ」。あとは、エサを欲しがってやってきた「サギ」。時間のある方はじっくり探してください(笑)。

 

 

飼育スペース前を望む、まるで絵画を飾る額ブチのような、建物内からの眺めも絶景。まるでパノラマ写真。何気ない風景も癒しの風景に見えました。

 

ただ・・・

 

この施設に入る前に事件が!!

 

 

寝坊により遅刻してきた友人アオジのスマホ画面がまさかの落下!!

 

アーメン!!(笑)

 

続きはまた明日。

 

最後に・・・

 

 

もうかれこれ、一年以上前からSNSで仲良くしてくださっていた、日本酒が大好きな藤井さんご夫婦に、この度初めてお会いできました。やっとリアルにお会いできて嬉しかった~♪

同じくツイッターで繋がっていた「でんこさん」こと、大江田さんにも会えて良かった~♪

 

兎にも角にも、参加者の皆さんと、主催者のコムサポートオフィスの今井ひろこさん、今井学さん(ガク)どうもありがとうございました!!

 

 

 

杉山商店案内図

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!伊豆の国市にある酒屋、

「お酒と食」のセレクトショップ 杉山商店の杉山雅一です。

 

突然ですが、日本酒好きの方に質問です!

 

「天空の誉富士」ってご存知ですか?

 

静岡県では、静かなれど熱く話題になっている地酒なんです。

 

それもそのはず、日本が誇る霊峰「富士山」にまつわる日本酒だからです。

 

なんと!

「富士山で熟成させた日本酒」と言えば、心を掻き立てられませんか?

 

はい、そんなロマンあふれる日本酒が、極少量ですが入荷しました!

 

  富士山で熟成した「天空の誉富士」 臥龍梅 純米吟醸

 

「誉富士」は、ご存知だと思いますが、静岡県を代表する酒造好適米(酒米)です。その誉富士を100%使用して造られた日本酒を富士山で熟成させました。

 

なぜに?富士山なの?

ただ単にご利益がありそうだから??と思われた方、

実は、それ以上に意味があるんですよ!


富士山は、私たちが住んでいる平地とは比べ物にならないほどの厳しい自然環境です。実はこの高地ならではの、「低温、低圧、低酸素」の環境は、お酒の貯蔵には最適なんだそうです。(静岡県工業技術研究所の調べ)

この点に着目して、平成25~26年に富士山頂で貯蔵試験を実施しました。

そして熟成したお酒を、県内蔵元の杜氏らによるプロの利き酒官能評価において、平地貯蔵より「まろやかで香味のバランスがとれている」という結論に至ったことで、昨年の11月~4月までの半年間、富士山須走5合目の山小屋で貯蔵熟成させました。

 

静岡新聞の掲載記事

 

4月25日に富士山浅間神社で山下げの神事を行った後、これらのお酒を「天空の誉富士」の統一名称で限定販売となりました。

 

      「天空の誉富士」だけに貼られる限定ラベル

 

 

富士山の山小屋への貯蔵の際、厳冬期にはマイナス20℃にもなる厳しい寒さの中、極寒に耐え切れずに瓶が割れてしまった日本酒も数多かったと聞きます。

 

この度、そんな夢とロマンの詰まった「天空の誉富士」の「臥龍梅 純米吟醸」が極少量ですが入荷しました!

今年初めて一般リリースされたという事もあって、マニアの方の中では注目される日本酒でもあります。

 

今回は、全量30本限定の蔵元より、「4本」だけですが譲っていただきました。

 

 

桐の箱に入った豪華さが、富士山の神々しさを纏った姿にも見えます。

 

富士山好きの僕も「1本だけ」入手!

2月23日の「富士山の日」に飲もうとワクワクしてます♪

 

富士山の神秘とロマンを感じながら味わいたい方はオススメですよ~!

 

 

720ml: 5,000円(税込)

 

残りあと 1本!

 

 

 

先日、偶然捉えた神々しい富士山。

 

きっと霊峰富士山のパワーも少なからず、酒の旨味にも反映されているはずです。僕も個人的に飲むのが超楽しみな酒です!

 

それでは、今日もステキな晩酌をお楽しみください♪

 

 

 

 

杉山商店案内図

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。