スピリチュアルボイスカウンセラー須藤三智穂ブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2019-06-17 07:49:40

6月17日満月メッセージー射手座

テーマ:ブログ


2019年6月17日満月メッセージー射手座


命は永遠につづくエネルギー
けれどもこの地球では肉体を持って生きる時間は短い
宇宙から見ると一瞬の輝き
だからその短い生涯を思いっきり生きてみるといい


それぞれが持っている
才能
特徴
欠点に見えるところさえ
実は大きな光が隠されている


人はルールを作り正しい生き方を求めてきた
それは多くの命が快適に生きるためには必要なものだけれど


排除されていく輝きがないように
生きとし生けるものすべてが
自分を見失わないものであることが
宇宙の願い


だから今の自分を信じて
喜びや希望を持つことを許して
一瞬の輝きのような命を
生き切ってください


どこにいても
誰であっても
何をしていても
命を結び
光を与えるのは
あなたが持っている愛と呼ぶもの
その大きなエネルギー


いつも感じていつも信じて生きてください


今日は1年の真ん中の満月。前半と後半の切り替わりの時。


今の自分を信じて愛を感じて進んでいきたいです。


今日はた行を声に出しましょう。
迷わず前へ踏み出せるように。

2019-06-15 07:20:08

サイキックアタックと呼べないアタックについて

テーマ:ブログ


サイキックアタックと呼べないアタックについて


サイキックアタックとは、誰かの念ー嫉妬や悲しみーなどがきてしまうために


痛みや不眠、傷やアザの出現、呼吸困難、血圧上昇などの不調が現れることです。


ところがカウンセリングや鑑定の場で、時々恋愛のお相手の霊体が来てしまうという話を聞きします。今までお聞きした中では、男性が女性の所に霊体となってきてしまうことが多かったです。これは女性のお客様が多いせいかもしれませんね。


自分の気持ちを抑えて言わないようにしていると、気持ちだけがやってきてしまうようです。


風船の根元を押さえると反対側が膨らむように、口にできない気持ちが膨らんで出口を求めてきてしまいます。


ふわっと暖かいものがかぶさる感じ


背中がビリビリする、皮膚の感覚などそれは様々です。


中には霊体が体の中にすっぽり入ってしまって、違うエネルギーが入る為に、寝ても寝ても疲れが取れないという症状になることもあります。


ただし恋愛の場合、受け取る側の女性達は嫌がるということはありません。


サイキックアタックという名前がそぐわない感じです。


人の気持ちはとても不思議だなと、つくづく感じます。

2019-06-12 22:08:33

看取り看護師めぐー死ぬとは最期まで生きること」ブログより

テーマ:ブログ


アメブロの「看取り看護師めぐ」という方のブログを読んでいます。
その中で緩和ケアの西先生という方のお話があります。


そこからの引用です。


苦しんで苦しい苦しいとずっと言って、昏睡状態になって亡くなっていくというのが普通のイメージだとしたら、そうではない亡くなり方も結構あるということを知っていてほしいです。


そういうことがあるから、もしかしたら明日亡くなってしまうこともあるんだから、1日1日を大切に。明日にはもう声が聞けないかもしれない、明日は状況が全然違うかもしれないのが人の亡くなり方なんだということを知っておいてもらいたいです。


今日言わなければいけないこと、言っておきたいことは、今日のうちに行ってほしい。会いたいと思う人がいるなら今日は会った方がいい。本当に1日1日の時間が大事なんだということを知ってほしいです。


こういうお話です。


「死」から照らされる「生」ではなく、本当は「生」そのものをいつも大切にできたらと思いますが、それはやはり難しいことですね。


その方のあるいは家族の、いま今現在を細やかに感じたい。それは自分のいま今現在を大切にすることだから。


ノーマ・コーネット・マレック『最後だとわかっていたなら』


という死にこういう言葉があります。


「ごめんね」や「許してね」や「ありがとう」や「気ににしないで」を伝える時を持とう。
そうすれば、もし明日が来ないとしてもあなたは今日を後悔しないだろうから

2019-06-10 19:34:00

カラオケに行きました

テーマ:ブログ


カラオケに行きました

昨日かなり久しぶりにカラオケに行きました。
歌っていると本当にいい歌だなぁと思う曲がいくつかあります。


松任谷由実さんの「春よ来い」はピアノの伴奏がとても綺麗です。そして古語を交えた歌詞がしっとりしています。


「春よ、遠き春よ。瞼閉じればそこに、愛をくれし君の、なつかしき声がする」素敵だなぁと思いました。


あいみょんの「マリーゴールド」も好きです。空と雲とマリーゴールドの花畑の情景が浮かび


他の歌詞もとても良いのですが、中でも「本当の気持ち、全部吐き出せるほど強くはない」のところが心に残りました。


そうかもしれません。


「花は咲く」は東日本大震災の復興支援ソングです。歌詞の中に祈りがあって、歌っていて泣きそうになってしまいました。「叶えたい夢もあった、変わりたい自分もいた」


「傷ついて傷つけて、報われず泣いたりして」のところが気持ちが溢れます。


歌っていいですね。


自分がいいなと思う歌には花が必ず入っていることもわかりました。そして自分で歌うと、歌手の人たちはみんなやっぱり本当に歌がうまいんだなぁと、心から思いました。

2019-06-06 11:46:04

『生きている ただそれだけで美しい』アウグスト・クリよりその2

テーマ:ブログ


『生きている ただそれだけで美しい』アウグスト・クリより その2


自分の失敗にとらわれてはなりません。


避けることの不可能な敗北もあります。


敗北したとしても、人間の知性にとって底なし沼は存在しないことを知りなさい。


目には見えなくとも出口は必ずあります。


それを見出すために、自分の存在の小道を歩むことを学びなさい。


私たちの世界は、クルミの殻の内側にあるのです。クルミを割って、そこに脈打つチャンスを見つけなさい。


感情に新しい風を入れなさい。


昔、失敗ばかりしていた時、この文章を読んで「存在の小道」という言葉にひどく感動したのを覚えています。
自分が存在しているその小さな道。


小さくていいんだと思いました。そこをゆっくり確実に歩めばいい。


失敗すると自信がなくなり、その繰り返しの中で、どんどんミスをしてしまう自分になっていく。


負のループがあることも後で知りました。


その自分に失望して相談に来られる方もいます。


まずは小さな「できること」を積み上げていくことも


出口への道だと思います。

2019-06-06 11:17:50

川原神社にて

テーマ:ブログ


こんにちは今日は名古屋市昭和区にあります川原神社に来ています。
川原神社は宮司さんもそれから神主さんもみんな女性です。
伊藤宮司さんにお話を伺いたいと思います。
「宮司さんこの神社はどんな神様が祀られていますか?」
「今から1100年ほどですね前にですね、太陽の日の神様と水の神ミツハノメノカミ、そして土の神埴山姫様がお祀りされています。
昔はこのあたりは田畑ばっかりで、五穀豊穣を願うにはどの神様がいいかなということで、まず太陽と肥沃な土と水があれば五穀豊穣間違いなしとお考えになったんでしょうね。この三人がお祀りされております。」


「この川原神社の特徴はどんな所にありますか?」
「特徴と言いましてもね、そんなに特徴もないんですけど、まぁまず明るいということ、今幼稚園の方もよくここにお散歩に見えます。
そして私等職員はその希望があったことですかね。こういうことをお参りしたいって言うとそれに合ったこと全てを祝詞に書きましてですね、それをあげさせて頂いておりますね。
先ほども古希だということで、皆さんお揃いの紫のたすきを作られていて、宮司さんこれを祓いしてほしいと、そしてこれをみんなで着けたいということで、持って来ていただきまして、私も祝詞を書かせていただきまして、お話させていただきました。」


「はい、川名駅から鶴舞線の川名の駅から徒歩5分です。よかったら是非いらしてください。

2019-06-05 21:24:39

「ね」の神様からのメッセージ

テーマ:ブログ


「ね」の神様からのメッセージ


大人になるたびに言えなくなっていったね


振り向いたとき
誰もいなかったらどうしよう


子どもの頃は怖いものがなかった


手をつないで顔を見せれば

全てが一致していなくても


一人が怖くて
でも独りになりたくて

自分の中で何度も何度も言い訳をした


けれど
もう胸を閉じるのはいや


その痛み
少しずつしか進めない私を
許して


あなたの胸の隙間に
いさせて欲しい


波のように乗り越え
乗り越え

と微笑んで助けてもらった
雲のような暖かさ


溺れながら
抱きしめ


大人になったわたしはわたしに


わたしの中の光るあなたに


微笑みかける


遠くてもかすかでも
目をそらさずに見ていてくれれば
それでいい


きしませながら
やっと開いた胸の扉
そのまぶしい隙間から


「ね」を堂々と言える時は、自分も相手も周りの環境も、心から信じている時です。


たとえ誰も同意しなくても、自分の意見を貫くことができれば、素晴らしいのですが


そこまで強くなれないことがあります。


胸の扉は閉じる時も開く時も痛みを伴います。


自由に気軽に開けたり閉じたりするには、自分をうんと自由にしなくては難しいと思います。

2019-06-03 07:39:34

2019年6月3日新月メッセージー双子座

テーマ:ブログ


2019年6月3日新月メッセージ双子座


あなたの中から湧き出る
感情
考え
感覚
すべてをそのまま受け入れなさい


否定すると苦しくなる


自分に言い聞かせたり
罪悪感を持ったり
あなたは真理ではない布でぐるぐる巻きになり
本当の自分がわからなくなる
重たくなる


いいとか悪いとか
宇宙にはない
あなたが異和に感じることは違っていること


ほんの少し変えればいい


考え方の角度
方法
方向
できる時に
できる量だけ


自分の中に沈むことはいい
けれどまわりの景色を忘れてはいけない


近くにいる人
空の色
行き詰まったら今いる場所を離れて
風にあたるといい


夜空を見上げることは
宇宙思い出すこと
そしてそのままに咲いて枯れていく花草に触れるといい
本当の自分も思い出せるから


自分をありのまま受け入れることは案外難しいです。後つけて得たものが私たちを苦しめることがあります。


宇宙や自然を思い起こしましょう。


今日はわ行を声に出しましょう。


小さな自分がもっともっと広がるように。

2019-06-02 13:41:09

天使の存在

テーマ:ブログ


天使の存在


天使は本当にいるのだろうか?
本当にいます。
私の場合カウンセリングの途中で、シートの上にポチッとキラキラ光る粉のようなものがつくことがあります。お客様に見てもらうこともあります。


多分その方を守っている天使だと感じています。


お客様の顔の横の空中が、ピカッと光ることもあり、その方を守護している天使が「そのアドバイスでいいよ」と言ってくれているのだと判断しています。


また、小さな羽が目の前にあったり、人によっては空からたくさん降ってきたという話もあります。


そうやって、守ってくれていることを知らせているのですね。


私の場合は、外に出ると体の周りにキラキラがたくさん見えることがあり、急に明るい所へ行ったからかなとか目の病気かなと思っていたのですが、もしかして天使?と最近は思うことにしています。
きっと目に見えない存在が、たくさん私達を守ったり、励ましたり、メッセージしたりしているのでしょうね。


写真の羽も、ちょっと古いですが、2013年の6月に急に目の前に降ってきたものです。


そばに羽毛布団もなかったし、ダウンジャケットもありませんでした。だからきっと天使の羽だと感じています。

2019-05-31 22:00:36

スピリチュアルボイストレーニングー声が変わった!

テーマ:ブログ


スピリチュアルボイストレーニングー声が変わった!

スピリチュアルボイストレーニングとは、ボイスセラピーのメニューの一つです。ひらがな五十音を声に出し、その方に合った詩や絵本を読みあうこと、そこからのメンタルがカウンセリングを通して、その方の心のブロックを解放したり、進みたい方向へ導く、いわば「声のコーチング」です。
昨日はあ行の声と、ターシャ・チューダーの絵本『すばらしい季節』を読み合いました 。
T さんは声が伸びないでかすれてしまう傾向があったのですが、あ行の声で、呼吸の分だけ無理せず声が出せるようになりました。


『すばらしい季節』は、6歳か7歳くらいの女の子サリーが.春夏秋冬の季節と触れ合っていく様子が.柔らかい色彩の絵とともに描かれています。


ゆったりと季節を味わうっていいなといつも感じます。


T さんは、ご自分の小さい頃やご両親のことー特に亡くなったお父さんの事をお話しされました。


最後に「自分が好きじゃない」「声が低くて自分の声は嫌い」と言われました。


自分の声が好きということは自分が好きということになります。


1回目はいつものTさんの声で読まれました。


そこで、少し声を高めにして読んでいただきました。そうしたらとても優しく綺麗な声が出てきたのです。
録音して聞いていただくと「これ本当に私の声ですか?」と言われ「びっくりしました!本当に私の声ですね!なかなか良いのではと思いました。とっても嬉しいです!」
この声がきっとTさんの本当の姿なのでしょう。


たかが声かもしれません。でも朝一番いい声が出ると、とても気持ちがいい。


声は心と深く繋がっています。
スピリチュアルボイストレーニング‪http://www.voicetherapy.info/spiritual-support/spiritual-voice-training/‬

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>