スピリチュアルボイスカウンセラー須藤三智穂ブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

書くということ


書くということ


メッセージでもメールでも日記でも、自分の中の言葉を書くースマホのメモでもいい、パソコンのワードでもいいーそれをすると、頭の中に無かった言葉が出てくることがあります。


自分の中から出すことの大切さ。


言葉にして文字にすることの深さ。


音楽だと音符になるのかもしれません。


自分史ーひとーはどこまでも続く森のような海のような、想いの宝庫を持っているのかもしれません。


中にある限り、意識できないところがあります。


絡まった糸。苦しくて辛い。それは自分の気持ちを見失っていることから始まります。


糸を一本一本解いて、何色のどんな気持ちなのかを明確にすると、軽くなります。


分からないことが、不安を生み胸を痛めます。


書いて解いていく。言葉にして自分を知ると、相手のことがわかり、少し光が見えてきます。

秋晴れの日


秋晴れの日


昨日は抜けるような青空の下で、


ボイスセラピーに長く関わってくださったお客様の告別式に参列しました。


最後の2年間くらいは、 LINE のやり取りや入院された時は(まだその頃コロナがなかった頃だったので)お見舞いに行ったり、数日前にはお電話でお話もできました。


その時の声を忘れません。
ご家族に見守られての死でした。


たくさん泣きました。
帰り道、その方の笑顔ばかりが浮かびました。
初めの頃、私は、絶対死なせない、とひとりで息巻いていました。


もっと前、


音信不通になってからお一人暮らしだったある方が、後でお家に訪れた方によって発見されたということがありました。


知らせを受けた時、本当につらかったです。二度とこんなことを繰り返したくないと思いました。


私のエゴだったかもしれません。
でもその方が生きていてくださることが、自分の中の支えだったと思います。


明るくて家族思いの方がでした。


半年くらい前、「自分は今まで人に遠慮して何も言わないようにしてきたけれど、これからは正直に思ったことをはっきり言う事にした」と決意され、それを実行されて行きました。


強いなあと思いました。


これからはきっとご家族を見守っていかれると思います。


私も時々話しかけさせてもらいます。


人の死はやっぱりとても悲しいです。

ワークショップ ひろがるひらがな50音とわたし は行 生まれる音 呼吸の音 ミニ祈りの会

自分、ご家族、大切な人、亡くなった方、ご先祖様のために祈りたい、サイキックアタックを祈ることから遠ざけたい方へ

12月5日(土)13:30~15:30 対面・zoomオンライン(ダウンロードの方法はお伝えいたします)
ひとがたに祈りたい方のお名前などを書いてセラピールームの神棚にお供えし、は行の声、呼吸にのせて「ひふみの御祓え」を唱えて祈ります。 

事前にひとがたを書いてお持ちいただきます。参加ご希望の方は郵送いたしますのでご連絡ください。
当日急遽参加が可能になった場合は、対面ではその場でひとがたをお書きいただけます。オンラインの方は、まことにお手数ですが、5日に間に合うようにご返送ください。(お一人様7枚までとさせていただきます)ひとがたの書き方はプリントを同封いたします。
一社カウンセリングルーム祈りの部屋にて  
費用 2800円

ひとがた

Voice Therapy でずっと使っているひとがた。
この丸い感じが好きで、久しぶりにまた注文したくなったが、チラシももう見当たらず、調べてもホームページもない。
一社に引っ越しする前の資料を探してやっと見つけた。
8年も歳月が流れていた。
恐る恐る電話をしてみたら、以前いつもチャキチャキ注文を受けてくださっていた女性の懐かしい声。
事情でホームページは出さないことにしているとのこと。

こちらに引っ越す前は、祈りの会を定期的に行っていた。その時ひとがたにご自分やご家族、大切な人、ご先祖さまなどを書いていただき、参加くださっていた方たちとで真言で祈り上げた。祈りの言葉は一つの宗教に偏らないように様々。
今は、先祖供養の時や、カウンセリングでどうしても苦しい人間関係ー親子、恋愛、職場などや、ご病気がある場合、最近はサイキックアタックの相手などをひとがたに書いていただき、ご一緒に祈ったり、祈らせていただいている。
神棚の前が、ひとがたでいっぱいになったら、川原神社の宮司さんにお願いして、お焚き上げをしていただく。

ひとがたにまつわる時間の流れ。
今また繋がれたことはとてもうれしい。
そして、スピリチュアルカウンセリングを始めてからの長い年月を感じた。
ご相談内容もあの頃と同じだったり、新しい項目が、加わったり…。
いろいろなことを考えさせられた。

2020年11月15日新月メッセージー蠍座


2020年11月15日新月メッセージ蠍座


苦しい時
不安の雲が頭を覆う
辛い出来事や人の言葉
生まれては消える


体は硬くなり
目の前が見えなくなる


まだ何も起きてはいない
あなたはいつもと同じ生活をしている


出来事がやってくるその瞬間まで


今の場所にいなさい
湧き上がる感情を抑えて


今すべき日常や仕事
目の前にいる人に心を傾けること


体を動かせるように
足元がふらつかないように


不安がさらに痛みをうまないように


あなたが静かになれるように


それでもどうしようもなく
力が萎える時は
任せなさい
大きな流れに
慌てて言葉を発しなくてもいい
あなたはもう力を尽くした
十分悩んだ


どうにかしようと思うことを手放しなさい


全ては真の方向へ進むために起きている
いつも自分の未来を
そして助けてくれる人が用意されていることを
信じなさい
そして祈りなさい



不安は体を痛めます。まずお腹が痛くなり目の前を見ているのに見ていないようになります。


普段から自分が安心していられるシェルターを作っておくといいのかもしれません。今日はさ行を声に出しましょう。できれば無声音で。自分の周りに静かな空間を作りましょう。

2020年11月15日新月メッセージー蠍座

アップしました。
秋が深まりましたね。
お読みいただけるとうれしいです。

http://blog.livedoor.jp/voicevoice2/archives/55207338.html

『はしばみ色の目のいもうと』水野るり子さん詩集より


『はしばみ色の目のいもうと』水野るり子さん詩集より


風が吹くとちいさないもうとがたずねて来ます


はしばみ色の目を伏せて 台所で菊の花をゆがいています


かたわらの鍋で湯があわあわと吹きこぼれています


《みずが いっぱい ほしいよ》


という声にふりむくと さっきゾウのいた付近から夕月がのぼっています


如雨露をもってはだしで裏庭におりていくと


ゾウは萎えた植物の匂いを立てて臥せっています


それは地を這うエレファンタ属というハーブの一種です


遠い星にいつか生えていた薄色の草です


…台所でほのかにエプロンが揺れています


ちいさないもうとのうしろ姿の近くを 死んだ母が通りぬけていきます


(そこはひとつの星です)


菊の花の香りがただよい


鍋の湯があわあわと吹きこぼれています
「秋の妹」より抜粋


毎年このころになるとこの詩集を取り出して読んでしまう。


生と死、動物と植物、日常と非日常。


ちいさないもうとがつなぐ両極の世界。


秋分の日に読むとちょうど良かったのかなと思いながら、本をひっくり返す時間は何て贅沢なのだろうと思う。


ねばならない世界に追われて取りこぼしたものを拾って歩くような、


そしてその中にささやかな光を見つけて手のひらにそっと包むような、


そんな時間を大切にしたい。


いつも二つの世界は同時に存在する。それを感じて生きていきたい。

ひらがな50音ワークショップ た行 跳ぶ音 立ち止まる音




50音の一つ一つの音を、イメージしながら丁寧に発声して言葉を話したら、それはどんなにか美しく深い言葉になるだろう。
昨日はそんなことを思った。

た行を声に出す時、その前に息をつめる。それは次へ移るために、力が必要だから。
た、と、つ、て、ち…まずは足裏に意識を置いた。
まっすぐ歩く、左右を確かめながら、すり足で…音によって歩き方が変わる。
足にも手と同じように親指、人差し指、中指、薬指、小指があることを普段は忘れている。
楽器を鳴らしながら、天宇受女命(あめのうずめのみこと)をイメージしながら歩いた。
そして、手。手を眺めることも普段はなかなかしない。
今回は、手放したいもの、続けたいもの、手に入れたいものの、アートセラピーを行い、大いに沸いた。
何から先に書くか?私は手に入れたいものから。欲が深いのかな…と思った。
最後は瞑想。今日は参加された方たちの使命についての明確な映像が見えてお伝えした。
全てはすでに体に現れている。
次へ跳ぶために。
今立ち止まって、足踏みしている。

2020年10月31日満月メッセージー牡牛座


2020年10月31日満月メッセージ 牡牛座

起きることの全ては
大いなる存在からのメッセージだと思うと人生は豊かになります


苦しい出来事は
どこかで何度も気づいていたことではないか?


思い出してみてください


メッセージはすでに来ていたことに


感情は人を彩ってくれますが
物事を静かに見つめることを妨げます
感情を抑えて
自分のことを〇〇さんに起きたこととして眺めると
分かってきます
全てはあなたをあなたらしく良い方向へ導くために起きています


それを信じてください


時にはあまりにロングステージのために
結末が見えなくて
苦しみや悲しみに潰れそうになることがあります
その時はこれ以上自分を苦しめるのはやめて
空白の時間を作ってもいい
それを自分に許してください


時には病気が強制的にその人を休ませ


その後を変えてくれることもあります


メッセージをいつも感じるためには


いつも自分の気持ちや浮かんだ考えを大切に見ること


ないがしろにせずに拾い上げて
意味を見出しましょう


まだ名前を付けられない時は
心の中にそっと置いておきましょう


その積み重ねで
あなたの生は一本の美しい道を築きます


今日はブルームーン。見ると幸せになるとも言われています。


輝く月を眺めながら、気づきの「は行」を息を多くして声に出してみましょう。


メッセージを常に感じられるように。

教えていただくこと


教えていただくこと


カウンセリングの仕事をしていると、お客様から教えていただくことがたくさんあります。
先日は世界や日本の政治や歴史について、知る必要があることをしっかり学びました。
今まで政治は苦手だと思っていました。でも前世をリーディングするときは、その時代の国の状態、社会背景や文化が分かっていた方が、深い読みになります。


世界史って苦手だったけれど大切だったんだと、思い知らされます。


最近は新聞を前よりよく読むようになりました。


まだ「見る」の段階かもしれませんが。


過去の、特に戦争や国同士の争い、古い制度で今でも苦しんでいる人たちがいます。特に差別の問題。


また日本の中でも、様々な機関や公的な書類、その役割。


仕事についても、こんな仕事があるんだなと驚くことがあります。
知らなすぎて恥ずかしいことばかりだけれど、分かって前より少し注意深い人間になれたと思います。


知らないことに、いつも正直でいようと思います。


人は必ず社会やその歴史や国の影響を受けて生きているのも、自覚して生きていきたいと思います。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>