66歳 ソネジュンコ、後輩女子に送ります。歳を取るってそんなに悪くない。キレイなおばあさんを目指そう!
  • 20Nov
    • シニアになるまでにやっておくべき五つのこと二つ目は?

      ハロウィーンが過ぎて、山々が色づいてきて、朝晩冷え込むようになってきて、このあたりから一気に年末モードに突入していって、スピード感が増していくのでしょうね。流されないように。自分の感覚をしっかりと持っていなきゃ、と毎年この時期に思います。シニアになるまでにやっておくべきこと。今日はその二つ目です。お一人様に慣れておく特に私たちシニアの世代は一人で喫茶店(今のカフェです)に入ったり、一人でご飯を食べたり、映画を観たりすることに慣れていない、抵抗がある、という人が多いのです。一人で寂しそうに見える。可哀そうに見える。気の毒に見える。確かに、背中を丸めておばあさんが一人でボソボソと食卓に向かっている絵は、想像しただけでいい気持ちはしませんよね。その昔、私たちの世代の女の子は(おばあさんたちにも女の子と言われた時代があった)「一人で喫茶店に入るなんて不良のすることだ」とか、「一人で映画を観に行くなんてありえない」だとか、ずいぶんいろんなところで制限があったものです。今の中東の女性を取り巻く社会情勢に似たところがありますよ。もう今ではそんなことを言う人もいなくなってきたと思いますが、まだまだ心の中では一人で行動するということに一歩を踏み出せない人が、実はたくさんいるのです。どこかに行くのに、誰かを誘う。誰かから声をかけられるのを待つ。「一緒にトイレ行こう」のノリの人が多いのです。でもね、誰かが誘ってくるのを待つよりも、自分一人で行動を起こす方が早いのです。逆に人を誘って自分を合わせるよりも、自分一人で決断する方がしんどくない。パートナーがいる、いないに関わらず、一人で考えて動くことに、今から慣れておく。大事です。そんなあなたを見ても誰も「変な人」とか「寂しそうな人」とか思わないですから。一人で旅行に行ったら、もちろんご飯を食べるのも一人。温泉に入るのも、絶景を見るのも、一人で、写真を撮るのも一人。女の一人旅なんて、昔は訳ありだと決まっていたようですが、最近ではとても多くなってきたように思います。私はもちろん、友人たちと行動することもあれば、一人でさっさと決めて、さっさとどこかへ行っちゃうことも。どこかへ行きたい、何かをしたい、という時に、そばに誰かがいたら一緒に行動しますが、誰もいなかったら躊躇なく一人で行動することにしています。その方が早い。時間は無限にあるのが当たり前だった若い時代とは、考え方が違ってきました。一人でパリに行ったのは一昨年でした。憧れのモンマルトル寺院で、自撮り写真、へた一人旅は慣れているのに、自撮り写真はいつまでたってもヘタクソです

      7
      テーマ:
  • 17Nov
    • シニアになるまでにやっておくべき五つのこと一つ目は?

      朝晩、急に冷え込んできました。風邪ひきさん続出です風邪のためキャンセルの連絡が目立つのもこの時期ならでは。今風邪をひいている方、ひきそうな方。早めの対処をしてくださいね。引きずることのないように、早く治してくださいね。シニアになるまでにやっておくべきことって、身体を鍛えるとか、お金を貯めるとか、友達をたくさん作るとか、習い事をするとか、想像すると思いますが、私が勧めたいのは、そういう一般的なこととは違う視点から考えたことを挙げていきたいと思っています。私はもう誰がなんと言おうとシニア真っ只中。もちろん若い頃に比べて衰えてきていることは当たり前なのですが、このおめでたい性格もあるのか、あまり歳をとるのがツラいとか、嫌だとか、思わずにここまできているのです。それどころか、もっと歳をとったらどうなるか、早く70歳になってみたい、という好奇心でいっぱいなのです。恐怖心はなく好奇心だけ。いつまでも若い頃と変わりなく元気だったら、いつまでたっても消えていけないじゃないですか。いつか綺麗に消えていけるように、今を楽しんで生きていきたい。負け惜しみじゃなく本当にそう思っている私が、シニアライフを楽しむためにお勧めすることを五つ挙げていきたいと思っています。さて、前置きが散々長いようですが、一つ目です。断ち切れる「依存」は断ち切る方向で考えるようにする。「依存」って何?ニコチン、アルコール、ギャンブル、あまりいいことではないとわかっているのに、やめられない。それがないと、禁断症状を起こしてしまうことですね。断ち切れそうなら断ち切っておくと、やっぱり後が楽です。タバコもそう、お酒もそう、ギャンブルもそう。言われなくてもわかってらい、と怒られそうですがそれほどの大層な依存でなくても、結構依存しているものってあるのです。たとえば、朝食。昔から朝食は必ず摂るようにしよう!朝食こそ大事!朝ごはんを食べない子は成績も素行も悪い、なんていうイメージがありますが、それは大きな間違いだ、とファスティング愛好者の私は心から思います。おなかが要求していない、朝起きた時にあまりおなかがすいていない時は、朝食を抜いてみてください。結構午前中身体が軽いし、昼ご飯が美味しい。おなかがすいて集中力が低下するイメージがありますが、まったくその逆。かえって集中力はあがります。白髪染めこれも依存の一つ?ちょっと伸びてくるともういかん早く染めなきゃ、ということで私も以前は根元だけ隠しのスティックとか、いろいろさんざん試したあげく、もうや~~メタと今度は逆に黒い毛の方をブリーチしていましたが、それももうおしまい。ほとんど見えるところは真っ白になってくれたので、念願の「グレーヘア」ならぬナチュラル「ホワイトヘア」で通しています。時間もお金も楽になりました。サプリ依存高齢者向けのサプリのCMの多いこといろいろ飲んでいる人に「どのサプリが一番効いているか」尋ねてみたところ、わからない、と答える人が多いのにびっくりします。なのにどうしてそんなにたくさんサプリを飲む?サプリの大量摂取はかえって内臓の負担になる可能性があるのです。一度サプリの断捨離、サプリ依存を断ち切るやっておくべきかもしれません。それ、本当に必要なの?子ども依存シニアになる頃はもう子どもたちも大きくなって独立している頃でしょうか?私の亡くなった母は良妻賢母の専業主婦でした。子どもである私たち兄弟がそれぞれ巣立ちかけの頃に実家を尋ねたところ、誰もいない暗い居間でポツンと一人寂しそうにソファーに座っていたのです。驚いて尋ねる私「どうしたの?電気もつけないで」「だって、誰も帰ってこないから」と答える母の丸まった背中、寂しそうな顔が忘れられず、私の方がツラい悲しい思いで泣いてしまったことを思い出すのです。自分の子どもたちにはそういう気持ちを持ってほしくない。子どもは将来独立するのが当たり前。それは寂しいことでもなんでもない。むしろ、独立するようにお尻を叩いていくべきだと思います。親の方から子離れするべきだと思うのです。自分の子どもを千仭の谷(せんじんのたに)に突き落とす獅子のように。というふうに言いたい放題、書いていきますね。次回もお楽しみに

      6
      1
      テーマ:
  • 14Nov
    • シニアになるまでにやっておくべき五つのこと

      来年私は67歳になります。67歳というのは私にとって一つのヤマなのですね。それは何かというと、母が亡くなった年齢が67歳であったこと。自分がその年齢に近づいていくのは、やっぱり感慨深いものがあります。母は65歳の時に悪性リンパ腫という診断を受け、その後1年半壮絶な闘病生活を送り、一旦は退院したもののすぐに再入院。最後は意識不明の植物状態になって67歳の生涯を閉じました。それがほぼ30年前のこと。30年前と比べて、医療の世界はもちろん、社会情勢も大きく変わりました。30年前はまだパソコンが普及していなかった。携帯電話がまだこんな形だった。女芸人、平野ノラさんが持っているあれです。電話を引くのに、加入金を払った時代。(あれはいったいどうなったのだ?未だに腹が立つ)もちろんスマホなんてあるはずがない。自分から全世界に向けて発信できるようなアイテムなんて、想像すらできなかったですからね。その30年前は、60歳というとはっきり言って「高齢者」だった。おばちゃんからおばあちゃんに移行していく年齢。その頃は、おばあさんはおばあさんにふさわしい服装をするべきだ、なんていう暗黙の了解が世間にありました。そういう常識から逸脱した服装をしようものなら、ご近所でかなり白い目で見られたのではないかと思います。その時代から30年。「シニア」という言葉が使われるようになって、いろいろ便利になりましたね。「おばあちゃん世代」と言われるより「シニア世代」の方が耳にやさしいですからね。言葉って大事です。その「シニア」は何歳からなのか?それこそ30年前昭和から平成への移行時期の頃は60歳以上がシニアでした。大阪の地下鉄のその昔は60歳以上は無料だったと記憶しています。最近になってシニアの年齢はどんどん引きあがる一方です。これから先、年金だって受給年齢が引き上がるに違いない。(スミマセン私はすでにスズメの涙ほどをいただいていますが)シニアがまだまだ現場で頑張らないといけない時代が来ようとしているのです。そこで来年67歳になる私、まだまだ高齢者のひよっこで大きな声でアドバイスできるような身ではございませんが、歳を重ねていくのが楽しみだと言いきれる。(負け惜しみではなく)本当に楽しみなのです。これをやってきたからそう言えるのではないか。思いついたことを徒然にこのブログで紹介していきたいと思っています。全5回になる予定です。

      14
      1
      テーマ:
  • 12Nov
    • 一年前にゆるボールを発見した!

      ちょうど一年前、こんな記事を書いています。『無重力ストレッチ』体験してみませんか?この「無重力ストレッチ」というのは、「ゆるボール」というバランスボールの空気をわざと抜いて使うストレッチのことです。ストレッチする時は本来、筋肉に力が入って緊張しているとうまく伸ばせない、という原理はわかりますよね。そう、それには「脱力」がとっても大事でもわかっているけど脱力できない。多いのです、そういう方が。自分が脱力できていないことに気がついていない方も多いのです。ストレッチは、いえほとんどのスポーツ、パフォーマンスは脱力さえすれば、うまくいく場合が多いのですが。でも、その「脱力」がとっても難しい。「脱力」なんて簡単だと思っている人はたぶん、脱力ができていませんちょっとわかるようになってくると、自分が今脱力ができているかどうか人を見て、脱力ができているかどうか見て判断ができるようになってくるのです。判断ができるのと、脱力が完璧にできるのとは違うのでお間違いのないようにあ〜〜、それほど難しい脱力。指導する側にとっても難しい脱力。その「脱力」が一瞬にして誰でもできてしまう方法それが「ゆるボール」を使うストレッチ法なのですね。この方法を発見した時は、ちょっと震えました。そして、いろいろ調べて、誰もやっていないことにまたまたびっくりそれが1年前なのですね。今や、スタジオ ソネのメインのストレッチコンテンツになっています。スタジオレッスンで取り入れたところ、みなさんが一様に大喜びしてくださった。みなさんが「自分のために発見されたストレッチ法だ」と言ってくださるのですね。その時、スタジオ ソネのお客様の半分近くがすでに「バランスボール」を自宅に持っている。「でも、空気を抜いて物置にしまっている」「以前持っていたけれど、切り裂いて捨てた」その当時、ちゃんと使っている人はほとんどいなかったのですね。「ゆるボール」ストレッチを知ってからはそのバランスボールがリビングの必須アイテムで家族で取り合いになる、という方もたくさん。特に、カバーをつけると使いごごちがまったく違うのですね。カバーは販売しています。販売ページからどうぞこのゆるボールストレッチの優れた点は、筋力があまりない、弱い、という方でもちゃんとしていただける、ということ。高齢者の方でも(私も高齢者ですが)十分していただける、ということなのです。激しい運動ができない(たとえば糖尿病の方)など、運動はしないといけませんが、激しい運動で筋肉を傷めるとかえって悪い数値になってしまう、という方にもぴったりなのです。『ゆるコアトレーニング』として、世の中に広めていきたい、最近になってそう強く思うようになりました。67歳ソネジュンコ、がんばります

      8
      テーマ:
  • 07Nov
    • 明日から東京レッスン

      明日、明後日、二日間、東京千代田区麹町K-studioで「パーソナルレッスン」をさせていただきます。お待ちしています。初めてお目にかかる方、よろしくお願いいたします。お会いできることをとても楽しみにしています。私のレッスンを受けていただいたご感想です。ストレッチのイメージが変わった。自分の身体を変えることができるという自信ができた。何歳になっても身体は変えられることに気づいた。あなたを変えていく自信があります。お待ちしています。先日、カメラマンの地天順子さんに撮影してもらったプロフィール写真の中から1枚をご披露します。あとの写真はまた後日。

      13
      1
      テーマ:
  • 02Nov
    • 11月東京レッスン残席1です

      昼間がいいお天気だと、朝晩冷え込みます。放射冷却という現象ですよね。窓に結露がつき始めるのもこの頃。冷え込んでくるとどんどん嬉しくなってくる寒さ好きの私。今年のアウターファッションはどうしようかなあ今年はたくさんのデザイナーズブランドがファー離れになっているようです。あれだけファーを使ってきたのにね。動物愛護なのでしょうか?なんか変だと思うのは私だけ?今月の東京レッスン、11月8日(木)、9日(金)残席1、今のところ空きは11月9日金曜日 13時だけになりました。次回は12月9日 日曜日です。東京レッスンのご予約はこちらからどうぞ

      12
      テーマ:
  • 01Nov
    • 脂肪1キロの衝撃

      昼間はまだ少々汗ばむこともありますが、朝晩は冷え込んできましたね。季節の移り変わりがはっきりわかるこの時期。ファッションも1枚1枚重ねていくことになるのです。今日から11月。大好きな季節です。年末までカウントダウンが始まるなんて考えないで、このいい季節を楽しみたいですね。秋野菜が美味しい。新米が美味しい。サンマも美味しい。大根おろしも美味しい。もうたまりませ〜〜んなんて言いながら、食欲にまかせて食べると、体重はあっという間に増えてしまう。あまりにリアルだったので、ついつい購入してしまったもの。美味しそうですが、食べられないリアル脂肪1kg結構持ち重りがするから3kgくらいあるように思うのですが、きっちり1kg。オペ担当の看護師さんが、開腹手術をするとこういうのがむにゅーっと出てくると言っていましたっけこれを初めて見た方は必ず自分のおなかに当てて納得するのです。ふんふん、これが何個ついてるんだ、とね。にっくき脂肪。でも身体を守ってくれているのです。脂肪をとことん落とすと、免疫力が下がることが実証されているのですから。女性の身体は、筋肉の上にふんわり乗っている脂肪があるからこそ、しなやかなラインになるのです。脂肪を味方につけなきゃね。この脂肪が、なんと名古屋名物にお菓子にそっくりらしいのです。わ〜〜、どっちがどっちかわからない

      6
      テーマ:
  • 30Oct
    • クラウドファンディング参加しました!

      9月4日、大阪を襲った台風21号。台風がここまで恐ろしいものだということを身をもって知らされた日でしたね。そして、その恐ろしさがわかったのはその後でした。大阪野菜の農家さんの被害が、想像以上だったのです。スタジオ ソネのお客様でもある山口沙弥佳さんが経営する「となりの畑」から毎週大阪野菜を送っていただいていることはこのブログでも紹介しました。そして、大阪野菜の新鮮さ、美味しさに、すっかりファンになってしまったのです。そんな大阪野菜の農家さんたちが、存続の危機に面しているというのです。仕入先を一気に失ってしまった彼女たち。途方に暮れて凹んでいるだろうなと思いきや、さっさと次の仕入先を長野県で見つけてきたのです。そのフットワークの軽さ、適応能力の高さ、いいですね。大阪野菜のいい意味での泥臭さに比べて、スマートな印象の長野県産の野菜たち。それはそれでとても美味しくて届く日が毎週楽しみなのです。そういう状況から大阪野菜農家さんたちを救おう、と立ち上がった彼女はエラい!クラウドファンディングといういう形で広くたくさんの人たちの協力を募ったのです。そんな彼女に賛同し、一肌もふた肌も脱ぎたいとスタジオ ソネから「リターン品」を提供することにしました。クラウドファンディングはこちらから多くの皆様の参加をお待ちしています。

      12
      テーマ:
  • 28Oct
    • 今日はオフデー

      10月最後の日曜日、街はハロウィーンモードで溢れかえっていますいつからこうなった?いやはや、すごいです。今日はスタジオ ソネが入っている新大阪キドビル全体が、電気工事で停電なので、スタジオもお休みをいただいています。いいお天気の一日、デザイナーさんと打ち合わせのため、なんばのディープな場所で待ち合わせ。法善寺横丁近くの、昭和レトロな純喫茶「アメリカン」その昔、藤山寛美さんが贔屓にしていたという、今では希少価値だという純喫茶。ほんっと、店内レトロです。アムロちゃんに刺激されて、ミニスカートにニーハイーブーツなんと9cmヒールだぜ髪が伸びましたこうやって見ると、怪しい占い師のようにも見えません?髪が伸びたので、今週、プロフィール写真を撮り直します。それにしても、なんばはインバウンドだらけ。台風21号の後はどうなるか心配されていたようですが、まったく問題なしですね。

      10
      1
      テーマ:
  • 26Oct
    • 東京レッスン、ありがとうございました!

      2日間の東京レッスンを終え、先ほど帰阪しました。今回もありがとうございました昨日と今日、東京はとても気持ちのいいお天気あまりのいいお天気に、東京駅から丸の内のオフィス街を有楽町まで歩いてみました。東京の玄関、丸の内は変わりましたよランチタイムの丸の内は、歩行者天国になっていて、いたるところに屋台というか、今風に言えばキッチンカーというか、移動販売の車が道路の真ん中に止まっているのです。そこで、三々五々ランチを楽しんでいる人たち。インバウンドの方も多く、以前はオフィス街でしかなかった場所が観光地になっている。有楽町駅から東京メトロ有楽町線に乗って麹町「K-studio」まで、すぐです。初めてお越しいただいたお客様、私を見つけてくださって本当にありがとうございました。ところで、出張中は当然外食になります。外食は野菜中心にしたところでやはり糖質、脂質よりのメニューになってしまうのですね。ところが、麹町近辺で偶然通りかかった、「野菜たっぷり夜ごはん」という看板に引き寄せられるように入ったお店が大当たりでした。本当に野菜たっぷり。こんなに野菜ばかり食べられるだろうかというほどの野菜の量。大きめどんぶり鉢にいっぱいの野菜。上に乗っているのはチキン。さっと湯がいてあるものの、根菜類もたっぷり入っているので、噛むことに集中しないと食べられないほどの量です。おまけに小鉢も温野菜、ディップが何種類もあって、大満足。おなかいっぱい、大満足なのに不思議におなかが軽いのは、さすが野菜たっぷりだけのことはある。五穀米もついて1,500円は安い!シェフとすっかりお友達になってしまいました。毎晩来るお客様もいるらしいです。お酒も充実していますよ。ただビルの地下にあって見つけにくいのが難点。明日は大阪でレッスンです。お待ちしています。28日日曜日はビル全体のの電気工事で停電になるため、スタジオはお休みになります。そして、29日月曜日急な出張のため、申し訳ありませんがスタジオレッスンはお休みさせていただきます。

      15
      テーマ:





プロフィール

ボディメイキングスタイリスト  ソネジュンコ(66歳)

血液型:
B型
お住まいの地域:
大阪府
自己紹介:
『歳を取るのはそんなに悪くない』 1952年大阪生まれ。 『優等生だった小中学生期』 小さい頃...

続きを見る >

フォロー

月別

一覧を見る