きままな日々

❉ お知らせ ❉

 

きままな日々-logo


講習会はのんびり再開予定です
お問い合わせは
tsumami.fukusaya*gmail.com (*=@) まで
 
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

便秘と漢方

image
今回は便秘のお話。
うちの末っ子、時影は、膀胱炎でご飯を下部尿路ケアに変えて以来、結構な便秘になりました。
4月末から通院し始め、7月頭くらいにサプリの力も借りつつ、まぁまぁ安定して便が出るようになりました。

便秘気味になった時に、獣医さんにも一応相談していたのですが、西洋医学的には下剤と浣腸以外対応策はなさそうだな、という感じで、私としては特に望まない対応だったのと、先生も「まだ若いし」ということでその処置をお勧めって感じでもなかったです。

そんなわけで、様子を見ていたのですが、ゴールデンウィークにまさに入ろうという4月末の土曜日、1時間半くらいトイレを出たり入ったりしてきばり続け、ついには30分おきに2回吐く、というところまできてしまいました。
その前の数日、頑張ってるのに便が出てないことも気付いていて、そろそろ病院へ行くべきかもしれない、と思っていたところでした。

ダメだな。ってか、即対応しないとヤバイな。ってことで
その日のうちに病院へゴー。

たまたま、コロナでちょっと時間に余裕ができてたので、漢方や鍼灸治療をしてくれる動物病院を探して、ここに行ってみようかな?と思っていたところがありました。

それと同時に、腸内環境を整えようとめっちゃたくさんの乳酸菌サプリを購入してました。
なにが効くか分からないし、食べない可能性もあるので、良さそうと思うものを複数種類買って様子を見たいので色々準備しようとしていた訳です。(間に合わなかったけど)

病院では、現状への対処療法とともに、中長期的に中医療法による体質改善を求めていることをお伝えして、先生を指定。

レントゲン撮ってもらって、かなり詰まっていることが判明。しかも、カチカチの便。
とりあえず、浣腸をしてもらったけどたいして出ずとのことで、下剤と漢方を処方してもらい、鍼治療の予約をして初回終了。

週明けすぐに1回目、同じ週の金曜日に2回目の鍼治療へ。
ゴールデンウィークに突入しちゃうのでちょっと詰めたのもあります。
2回目の鍼のあたりから便が割と定期的に出始め下剤は終了。
シロップ状で、シリンジで口に流し込まねばならず、慣れるのに大変でした(ニンゲンが)。

下剤終わったあたりで、乳酸菌サプリを投下開始。(これは獣医さん推奨ってわけではなく、私の勝手な判断)
今までも細々と与えていたのはいたのですが、規定量では全然効いてる風はなかったです。

クチコミを見ていると、ひどい便秘の子はやっぱり「規定量では何も変わらず」「倍与えて、まぁ何とか」「3倍与えてます」などのコメントがあり、なるほどね。と納得。

とりあえずは、1種類ずつ1週間くらいをめどに与えて様子を観察することに。
結果、どれも規定量では効かず、倍量くらい与えるのが良いことが判明しました。
他の3匹は規定量与えると軟便になるので、逆に1/3くらいで十分でした。

ということで、だいたい
4月:週2で鍼+漢方2種類を朝晩各2錠ずつ+下剤
5月:毎週鍼+漢方2種類を朝晩各2錠ずつ+乳酸菌サプリ
6月:隔週で鍼+漢方2種類を朝晩各2錠ずつ+乳酸菌サプリ
7月:隔週で鍼+漢方2種類を1日合計5錠(1種類の処方量が減った!)+乳酸菌サプリ

という感じでやってきました。

鍼と下剤やって1週間で200g体重が落ちました。
要は、それだけ便が詰まってたってことなんだろうな、と思った次第です。

image
そして、治療を始めて1ヶ月くらい、やや不安定な時もあるし、量にもばらつきはあるけど、まぁ、便は「出てる」って言って大丈夫かな、くらいまできたあたりで当該猫が痩せ始めました。

体重に変化はないのですが、見かけがかなり変わって、背中の肉や腰回りが減りました。
腹下のタポタポは残念ながら健在ですが、今までは脂肪と脇腹が一体化してたのが分離(?!)しています。
あんまり良い比較写真がなかったのですが、写真で見ると、顔つきが変わってますねぇ。

給餌量は特に変えておらず、むしろ、投薬のためちゅ〜るを毎日与えていることでおやつの量が今までの倍くらいになっていることを懸念しているところです。

おまけで、使っているサプリのまとめ。
時影の場合、こんな感じ。ってところです。

植物性乳酸菌 K71
2019年12月から与えていたもの。規定量しか与えてなかった時は効果ない、と思っていたけど、朝晩規定量の倍くらい与えると緩やかに、しかし、目に見えて変化がありました。比較的少量で良いので、倍量にしても割と苦労せずに食べさせられます。
リンク貼ってないけど、楽天で買えます。

プラチナ乳酸菌5000α
倍量くらい必要ですが、即効性があります。最初は2−3日で出るようになり、今では与えると次の日には必ず便が出ます。
規定量がすごく少量で、倍にしても全然どってこと無い量です。
さらに、私が選んだ中では、短時間での効き目という意味ではこれが一番でした。
初期投資がちょっとお高めなので、躊躇うかもですが、コスパは悪くないと思います。

TAMAの乳酸菌・酵素
規定量与えると緩やかに変化があります。が、1週間投与程度では必ず出るわけではなく、出たり出なかったりを繰り返しました。時影にはちょっと威力たらなめ、と感じましたが、現在サプリのサプリとして使ってます。
規定量が結構多いので、倍量与えるのは辛いかな、と思いました。

猫の腸キレイ
カツオエキス入りで、猫の食いつきは抜群です。関係ない他の子たちまで欲しがります。
規定量がかなり多く、うちの場合、単体での使用は不可能と判断しましたが、何せ食いつきがいいので他のサプリの上にまぶしておくと皿まで舐めてキレイにしてくれます。しかも、これも乳酸菌サプリなので相乗効果もあるんじゃないかな、と期待して。

イーストスリム
うっかり買ったのを忘れていたので、単体での検証し忘れ。
規定量は少なめなので倍量使用も苦ではない量です。普通に食べてくれます。

水溶性アカシヤ食物繊維
お腹に優しそうな食物繊維ですが、緩やかに改善するもので袋にも「1ヶ月程度は使ってください」とあります。
私は急いでいたので、これ単体の検証はしていませんが、他のに混ぜて使っています。

きっちり倍量で毎日与えているのはプラチナ乳酸菌で、他のは適当に与えてます。
でも、朝晩この粉が出てくるわけです。
ということで、時影はここ数ヶ月、やたら粉のかかったご飯を食べさせられています。
しかも、ちゅ〜るも毎食出るのでありがたみもなく、かつその中には漢方が埋め込まれているのでやや不満そうです。

しかし、便が毎日ある程度でて、身のこなしも軽くなり、四六時中お気に入りのおもちゃを持ち運んでは「遊べ」と要求してくるようになり、今まで飛び上がれなかったところにも行けるようになる、など、多分彼の生活はよくなったはず。
なので、もう少し、粉っぽい生活を続けてもらおうと思います。

鍼治療は、最初具合の悪い時はまぁ大人しく行っていたのですが、最近は「僕はもう病院はいらんねん」と不満をたれます。
でも、施術中は大人しくしていて、先生や看護師さんに写真撮られたりしてます。(私は怠け者なので、最初の1回を撮ったっきり)。

鍼の効果は、ガチガチだった背中の筋肉や腰回りが緩んでハリのある感じになってきたこと。
ツボを刺激することで内臓も刺激されるので、便通やなんかにも良いはずなのです。
そして、肩周りの塊っぽいのがなくなってきたこと。
肩周りは、どうやら肩こりだったみたいで、鍼打って柔らかくなりました。

まだ要治療・経過観察ですが、「改善した」と言えるくらいになった、と思うのでここで一旦まとめでした。

瓢箪ランプ

imageなんとなくランプに目覚めて、以前作ったトルコ のモザイクランプみたいだけど、ちょっと違うのが作ってみたくなりました。
これは、なんぞや?と思っていたのですが、調べて見ると「瓢箪ランプ」でした。

しかも、買うと結構高いのね・・・。

何かの体験に行く時は、綿密に下調べをして行きます(笑)

徹底的にどんなデザインのランプがあるのかを調べ、自分の欲しい雰囲気の路線を決定。
そして、本番(体験)に挑みます。

結果、こんな感じに。
とても満足。

灯りをつけても、消しててもいい感じです。(私的には)

サボテンの花

image今年は、サボテンが咲きまくりました。
まだ寒いうちからどんどん何かを伸ばして、葉っぽいものをつけたハオルチア。
結局これは何だったのかな?と思って終了。

その後、サボにゃんずから花の兆し。
ピンクと白です。

わーい!と思っていると、昨年は大人しかったヒト(緋牡丹)も花が!

特に何か花を咲かせる努力をしたわけではないですが、花が咲くとやっぱり嬉しいものですね〜。

大きい子とミニミニを1つ、死なせてしまってちょっと凹んでいたので、より嬉しいです。

デンドロビウム の発芽

imageコロナ支援で買った蘭と一緒にきた、おまけの切り花から芽が出てきました。

こういうこともあるかもしれない、と花が終わっても後生大事に活けておいたのです。
全部が生き残ったわけではないのですが、残ったヒトたちがメキメキ伸びてくれれば良いのです!

ここから、根が出て、成長して、花が咲くまでには2年だそうです。
頑張れ、お花。
頑張れ、私。

白いお花のデンドロビウム です。

猫はおまけです・・・。

メディカルアロマ

image恐ろしく刺激の少ない毎日を送るのにも飽きてきた頃、ふっと本来ならば仕事で行けないはずのセミナーのことを思い出しました。

行けるじゃん!

私がアロマやハーブを始めた1番の理由は、うちの猫のアレルギーでした。
現在は、アレルギーに加えて、膀胱炎と便秘がおります・・・。

ニンゲン用のアロマとハーブに動物用の本を足して細々やっていたわけですが、ペット用のアロマとハーブのコースを見つけたので行ってみたいと思っていたのです。

ニンゲンにも使えて、犬や猫にも安全な使い方をお勉強してきました。

この投稿、カテゴリー的には「ねこ」にすべきか、「アロマ・ハーブ」にすべきか、悩んだけど「アロマ・ハーブ」枠で。

DIY: 丸棒シェルフ

image 癒しを求めて、職場を大改造。
自粛のおかげで、1週間誰とも会わず、誰とも喋らず、黙々とパソコンを眺めるだけ、なので、なんか有機的なものに触れたいじゃないです?

ってことで、コロナ支援でゲットしたミニ胡蝶蘭とミディ胡蝶蘭、アンスリウムまで入れて、私の楽園造成中。
出来れば、メダカ 水槽をもう1個増設したい考え(ってか、すでに1個あるっていうね。自粛でも職場に来ないとメダカ 、死んじゃうわ)
色々やっても文句を言われない職場、万歳!

ホントは、5年前に赴任した時に片付けておくべき場所なのですが、今までほぼ手付かずでした。家と違って段ボールに入りっぱなしのものがないだけ、ましかな?(レベル低っ)

今回、色々物色してたら、ラブリコの丸棒シリーズ っていうのを見つけました。
なんぞ可愛くない?と思うと同時に、ラブリコ 、進化してる!!

お花支援

image
コロナ自粛の影響でいろんなところがかなりの被害を受けています。しかも、結構深刻です。
身近なところでは、通勤や用事で使う道にあるお店やご飯処がどんどん消えていっています・・・。
こういうところには、何もすることができないのですが、自分にできることは、できる分だけ。

ってことで、困っている農家さんや、業者さんの助けにちょこっとでもなれば。と、青果・生鮮食品を買ったり、給食食材を買ってみたり、お花を買ってみたりしてます。

まぁ、私個人ができることなんて、どってことないレベルで助けにすらならない感じかも知れないですけど。

そんなわけで、我が家にはバラと蘭が増殖。
いつも食べない苺や柑橘をもりもり食べて、いろんなところから魚の干物や肉が届きます。

そんな中でも、洋蘭がヤバイ。
可愛すぎる。
どうやら1000種類以上あるらしく、いろんな意味でやばいです。

お花支援、facebookページ で募集してました。
ご興味あればぜひ。
バラやダリヤなんかの切り花もあります。

芳香蒸留水:日向夏

image
大量に日向夏を消費するので、皮をなんとかできないかな?
と思って、芳香蒸留水を作ってみることにしました。

惜しげなくバンバン皮を突っ込んで、ボコボコ沸かして、待つだけ。
惜しむらくは、もうちょっとちっちゃく皮を切っておけば良かったな、ってことくらい。
いい香りのお水ができました。

蒸留の残り水をお風呂に投入して、いい香りのバスタイムも満喫。

後3−4回は作れそうなくらい皮があるので、どんどん使って消費したいと思います。

石鹸作るのも楽しみだな。

羽織紐

image
作っていたプラパーツを使って、羽織紐を作りました。
これで、出かける前に「なんか適当な紐とかなかったっけ?!」と焦って羽織紐の代わりになるリボンとかを探さなくて済みます・・・。
何度そういう目にあったことか。

というか、羽織作ってから何年もなんで準備しなかったんだ・・・。
違うバージョンとか作ってみたいと思います。

季節のジャム

image
日向夏と桃薫でジャムを作りました。

どちらも、コロナの訳あり果物です。
DASH村を観てたら、学校給食用の小松菜が1.5t/週捨てられてるとか言ってて、悲しい気分になったので、多分、行く先を失ったとわかってても止めることのできないものを作っている人たちに何かできることがあれば、と思ったからです。

日向夏は予定通りにたっぷりできたんですが、桃薫は、想定外!
美味しくて、生でモリモリ食べてしまいました。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>