【望みを創造的に叶える、ルノルマンブログ】
  • 31Oct
    • 初・“メタトロン”体験してみました。

      先日、初「メタトロン」を体験してきました。と、言っても、大天使のメタトロンではなく…ロシアで開発された波動測定器の方です。全身をスキャンしていきます。画像はネットよりお借りしたので私のではないですが、イメージとしてはこんな感じ。オペレーターの方が丁寧に説明してくれます。以前、アメリカで開発された「QX-SCIO」というホメオパスが使っている測定器は体験させてもらったことがありましたが今回はさらにメタトロンで詳細を…9月から久々に肉体ケア用の波動水を飲んでいたので、今回はもっと絞り込んで何を摂るか何をやめるかを知りたくなりました。脳波から次々とスキャンされていく自分の内臓の世界は・・・いくら見ていて飽きませんね。映し出される臓器はダミーというかサンプルなので自分のではありませんが一通りスキャンが終わると、本来の臓器の周波数とズレている部位に波動調整をしていきます。(各臓器にはそれぞれ特有の周波数があってそのズレをメタトロンが見つけ調整まで行います。)で、意外にも、盲腸(虫垂)あたりに不調のマークが「盲腸、具合悪いですか?」「えっ…あ、いや、そうですね…」ここしばらく、お腹の右あたりが痛いような違和感があったような…数カ所、周波数のズレがあったのでそこへむけて調整波動をぐわぁ〜んやってきました。波動が…たぶんみんな体感できます。この感覚。もうまるで温泉に入っているようでした。私は。体が緩んで、全身の血行がよくなり手からも氣が流れ出てくるというか溢れ出ちゃうような感覚。氣持ちいい。それが終わると3ヶ所の部位の調整波動を転写した水をつくっていただいて持ち帰れます。PCの画面には食物鉱物界植物療法ウィルスアレルギーサプリメントホメオパシーなどなどその人の今現在の、合う/合わないの一覧リストで出てきます。私の食物リスト上位は肉ばかり肉、肉、肉 え…無理…食べられるものを探していくとようやくあった果物は“コケモモ”これもややマニアック。とりあえずその下あたりにプルーンを見つけて、ほっ。これならすぐ買えそう。リストの一部結構ナッツとか買ってあったけど今の体内状況には合わないみたいねー。コーヒーもしばらくやめてたしなー。あ、ココナッツオイルも使ってたよねー。などなど自問自答タイムを楽しめます合うレメディが家にあったのでまた久々のホメオパシー復活。またしばらくしたら変化しそうですがとりあえず集中的にやってみようかと。そんな日のデイリールノルマンは指輪+女性+本アドバイスカードは太陽指輪はサイクルやリンパなども表します。また本は精密検査などのときにもよく出ます。センターは女性、これは私自身でもありオペレーターさんが女性ということもあらわしていました。リンパもかなり滞っていたようなのでそのことも言っているよう。メタトロンは車一台分ほどの高価なものでもありそれは指輪のカードがあらわしてPCにつなぐので形状は本のカードのような四角いもの。そしてアドバイスカードの太陽は活気と生命力を確かに帰り道は足取りも軽く生命力で満たされた感覚でした。次は180分フルでやってみよ〜と思うほど面白かったです。ルノルマンベーシック講座 11月10日(土)11:30ー16:30 場所:原宿https://www.stellamistica.com/2018/10/15/11%E6%9C%8810%E6%97%A5-%E5%9C%9F-%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9/

      75
      テーマ:
  • 24Oct
    • リーディングにつかうとほぼ100%「このカードはなんですか?!」と聞かれるオラクルカード

      今日はルノルマンとともに使える魅力的なオラクルカードについてご紹介いたします。私も、周囲も、なんとなくいまアニマルスピリットからのメッセージがたくさんきているようです。彼らからのメッセージをぜひ受けとってみてください。この猫ちゃん絵のモデルかな?このオラクルカード、リーディングでつかうと不思議とみんな・・・ハマってしまうのです。絵のもつ力ですね。リーディング後に「このカードは何ですか?」「どこで買えますか?」こちらもモデルの馬のようですねとほぼ100%聞かれるオラクルカード。今日はそのひとつをご紹介します。コレット・バロン・リードさんの「スピリットアニマルオラクルカード」The Spirit Animal Oracle(現在のところ英語版のみ)日本語版も発売してくれると嬉しいですね昔からある伝統的なメディスンアニマルカードも好きですがコレットさんシリーズもとても氣持ちよいです。「スピリットアニマルオラクル」は「ウィズダムオラクル」「ザ・マップオラクル」「グッドタロットオラクル」「ミスティカルシャーマンオラクル」なども手がけたコレットさんのシリーズの最新オラクル(今のところ英語版のみ)コレットファンにとってはこちらのNewカードもやっぱり氣にいってしまうかもですね。「スピリットアニマルオラクル」https://www.amazon.co.jp/Spirit-Animal-Oracle-68-Card-Guidebook/dp/1401952798Instahttps://www.instagram.com/colettebaron_reid/?hl=jaインスタは表情豊かな動物たちとのショットがたまりません。このカードはアプリもあって携帯用にも便利です。

      38
      テーマ:
  • 15Oct
    • 基礎の力はいつも"私"を助けてくれるもの「ベーシックコース」日程のお知らせ

      こんばんはルノルマンカードリーダー&講師の沙夜あやこです。11月のベーシック講座の日程が決まりましたのでいくつかのサンプルリーディングとともにご案内させていただきます。この写真は先日、金沢から軽井沢へ旅行したときのものなのですが私は旅先にいつもカードをもっていきます。この旅の途中もずっとカードからのメッセージにナビゲーションされ金沢から軽井沢へと車で移動していました。↑(先日の日本全国を駆け抜けたあの大きな台風の最中)普通に考えてみれば旅行をキャンセルせざるを得ないような威力の気象。が…しかしカードを展開するとまったくそんな気配を感じさせない。トラブルやキャンセルというメッセージがなにもない。むしろ、のんびりするとか満足しているとか幸運を感じさせる並びとカードばかり雨には降られましたが後から台風に追いかけられているような状態で全てがスムーズで写真の「クマ+指輪+クローバー」のように心強い協力な後ろ盾に守られ約束どおり順調とてもラッキーな待遇を受けるという数日間でした。この「データと現象をすり合わせる」という地味にみえる日々のワークによってカードとの信頼関係を築いておくことでなんの躊躇もなくメッセージを実行することが可能になります。この基礎の力がイザというとき、未来を具現化していくための大きな力となってくれるのを日々実感しています。旅の途中、天気と相談しながら途中下車してある施設へ寄ろうとしていたとき「でも、ここで渋滞にハマッちゃうと天気ちょっとまずいかもね」というシーンがありました。すかさず、カードを2枚引きすると「庭園+山」このメッセージが意味するところは庭園=その施設に行くことで山=遅れるとか障害になるということなのでそこはスルーして高速へ戻り次の目的地へと向かいました。ルノルマンカードを手に取った日から少し先のことが目に見えるようになります。ルノルマンカードがはじめての方は見えない世界からカードを通してメッセージを受けとる始まりの日独学で学習されていた方は他者の視点を新鮮に感じる日かもしれません<11月のルノルマンカード・ベーシックコースの日程が決まりました>日時:11月10日(土) 11:30〜16:30場所:原宿詳細:https://www.stellamistica.com/2018/10/15/11%E6%9C%8810%E6%97%A5-%E5%9C%9F-%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9/

      42
      1
      テーマ:
  • 31Jul
    • サプライズ、それはまさかの待ち伏せ…

      このルノルマンはお氣にいりのひとつなのですがこれで展開するとかわいさとウラハラにカンが冴えることを発見しましたみなさんもそういうカードきっと、ありますよね昨日のデイリーメッセージは庭園+花束+鎌アドバイスカード:犬この日はなんとなくアドバイスカードもひいてみましたアドバイスカードがなければ庭園+花束+鎌なので近所や身近な環境で、突然の贈り物というふうによみましたがアドバイスカードに「犬」が出たので普通なら友人や第三者とよむところですがこの日は週末から氣になっている近所にいるノラ猫のチャトランの顔がふと頭をよぎりましたまさか…彼女から何か…えチャトランに待ち伏せされましたエントランスの前にちょこんといるではありませんかニャーーー。ええー。帰宅時間いつもばらばらなのに猫のカンは鋭いですねそんなこと初めてなので本当にびっくりです猫がエントランスで待っているというメッセージもしっかり読み解きたいと思いますが鎌のカードが出ると一瞬、身が引き締まります花束とのコンビネーションではかなりの確率で嬉しい驚きということに遭遇することも記しておきたいと思います

      100
      テーマ:
  • 30Jul
    • そのギャップは、知っておいてもよいかもしれない

      私のところにはだいたい2つのどちらかでリーディングにいらっしゃる方が多いのですが・仕事・人間関係今日はなかでも人間関係のことルノルマンでみる、男女間のギャップについて感じていることを書きたいと思いますこちらにこられる方は女性がほとんどなので必然的に女性側の視点で現状をおうかがいしてリーディングすることになりますリーディングが展開されていくとん?これは…おうかがいしていた状況と相手の氣持ちには温度差が…ということは、わりとよくあることなのですがわかりやすいイメージをネットでみつけました↓このくらいのギャップ…男性側の氣持ちをカードでみると利己的な氣持ちでいることも、多々ありますもちろんその逆もありますこちらには女性のクライアントさんが多いためここではあくまで女性側のひとつの視点としてチャクラでいうと1、2、3チャクラあたりで男性は相手をとらえこれに対して女性は4、5、6あたりで相手を感じていますこれは男性性/女性性の使いやすいチャクラの違いということも言えそうですがルノルマンカードの前では良くも悪くも本心が丸見え「ガードが堅いな…」「出かけるのは面倒…」「他にも数名いますから…」「束縛しないでくれよ…」という男性側の本心が次々と展開されていきます3チャクラより上にスイッチが入っていないとその絆は3チャクラ以下のところでつながっていそうです本人があえてそれを体験してみたい場合にはそれでもよいのでしょうがそうではない場合「このギャップ、どうしたらよいですか?」とルノルマンカードに聞くと木+月+コウノトリ+女性+ムチというメッセージでした木:ゆっくりと成長していく様子、価値観の一致、ソウルメイト月:ロマンス、氣分、魅力的な、思いコウノトリ:変化、前進、進化女性:テーマが女性なので、ぴったりのカードが出ていますムチ:トレーニングやセクシャリティのカードでもあります魂のつながりがある人とは確実につながれるという揺るぎない思いをもつことは大切かもしれません木のカードがはじめに出てきたことからも魂の深いつながりというワードとゆっくり育てるというメッセージを強く感じますミラーリングしてみると急がないことをいかにキープできるかということと同時に魂のつながりのある相手とはスピードが速くなるよともよめますつながりの深い魂同士であればお試しも多いかもしれませんが必然的に状況や環境がそういう方へながれるでしょうゆっくりと育てるというゆるぎない価値観(木)と思い(月)をもつことが進展するための(コウノトリ)女性(女性)にとってのトレーニング(ムチ)という風によめました男性からの話も聞いてみたいものです

      17
      テーマ:
  • 27Jun
    • ロシア発、ノスタルジックで幻想的な世界

      Vladislav erko(ウラジスラフ・エルコ)氏の描くノスタルジックで幻想的な世界挿絵や絵本などのイラストを描いているイラストレータのようですがプレイングカードも手がけていてその圧倒的な絵ヂカラに・・・思わずネットサーフィンしてしまいました。でも・・・ロシア語がまったくわからないので日本語の情報しか拾えないのが残念ですが絵画といってもよい作品たちの雰囲気だけでもご紹介したいです。ロシア語の得意な方面白い情報発掘してみてください。ロシア圏はフランスやドイツなどヨーロッパとはまた違ったカード文化のようです。興味しんしんです。©Vladislav erko©Vladislav erkoAはルノルマンの指輪でもまるでこの女性はへびのカードのよう。(ワル)知恵のある女性にも見える貫禄。情熱的なオペラのカルメンのようにも見えフリーダカーロのようでもあり黒い髪のマドンナのようにも見えるA 指輪Q へび©Vladislav erkoJ はルノルマンのムチこちらは両手に剣をもっていますね。©Vladislav erkoJ ルノルマン「鎌」のカード 遠くを見つめ、ぼんやりと深刻さはなさそうJ 「ハート」のカード この人物はアルコール片手にのんきですそうハートはいつでも楽しいなんでもOKって感じでしょうか?©Vladislav erkoAは「女性」のカードですね。鏡をのぞく女性と、鏡に映った老婆のコントラストはまるで女性の一生のようです。プレイングカードまで手を出すともう収集がつきませんので眺めて満足ということにしようかと思います。各国のトランプの呼び方https://en.wiktionary.org/wiki/Appendix:Playing_cards©Vladislav erkoウラジスラフ・エルコ氏プロフィール1962年ウクライナのキエフ生まれ。1989年からウクライナ芸術家協会のメンバーとなる。1987年にモスクワ国際ポスタービエンナーレを受賞。細部までこだわった筆使いによって作り出される深みと鮮やかな色彩。幻想的で迫力のあるイラストが人気。絵本<雪の女王>

      73
      テーマ:
  • 20Jun
    • 子供の役割が終わった日

      父の日に、父が亡くなりました。雛祭りに生まれた父は肉体を抜けたのも“父の日”どこまでイベント好きなんだろうか・・・というスケジュールでこの世界から去っていきました。末期のガンが発覚したのが今年1月で私と妹がそれを知ったのは3月の半ば。両親は何十年も前に離婚していて母はすでに感情が大きく動くこともなく。自由に生きた父に対する私たち姉妹の接し方も実に淡々としていてそれは父というよりも“自由に生きてるおじさん”という感覚にちかく父の新しい家族とは遠くの親戚との付き合いのようだった。その日のデイリーメッセージはなぜかこのような不思議な形になっていったこのままではおさまらないわ…絶対に、あやしいニュースがはいってくると思っていたところ母違いの妹から「今、電話してもいい?」とメッセージがきた。「今、出先なので後ほどでいい?」と返事するとすぐにメッセージがきたそこにはえ?まさか…そこまでだったか…という内容のことが書かれていた。私も大抵のことは驚かないですがその知らせにはもうお互い、笑うしかなく真っ先に脳内に浮かんだことはこの設定は何?自分自身をまずは振り返ろうということでした。子供としての役割はほぼ終わったけれど父から新しい謎解きを示唆された父の日。自分自身の真実へたどり着くための新しいゲートが開かれた日でもあったようです。目の前にあらわれた「鎌のカード」が意味していたことhttps://ameblo.jp/stella-mistica/entry-12369625814.html

      42
      テーマ:
  • 14Jun
    • 同時多発的にあらわれた棺と十字架のメッセージが意味するものは

      今日はフランス革命とマドモアゼル・ルノルマンについて生い立ちやストーリーを(やや時空を超えたところで)3人で語っていました。マドモアゼル・ルノルマンは描かれる絵によって、かなり違います。彼女自身の生い立ち。実の母親を亡くし、父親を失い、継母も失い…続々と身近な人たちが亡くなっていく。そんな中で発揮される集中力と直感それを行動へ変えていくパワーと信念。無いなら、生み出してしまおうというまるで錬金術師のような側面近くにいたら、間違いなくその強さに圧倒されただろう女性。そんな話をしながら・・・「そういえば、みんな今日のデイリーメッセージはなんだった?」共通して出ていたのが十字架私はこちら→月+棺と十字架今日は、特に痛みもない終わらせることもないそのままよむと「亡くなった有名人」というコンビネーション輝かしい賞賛を浴びて亡くなった人月は、今日は新月ですしね。新月の日に亡くなった方を想う。マドモアゼル・ルノルマン以外には考えられなかったデイリーメッセージ。というデイリーメッセージをアップしたところ本日、別の場所でもMさんたち数名も「マドモアゼル・ルノルマンとはどういう人物だったか?」を話していたそうそちらのグループでも棺と十字架が多く出ていたようなんですね。場所を越え同時多発的にあらわれた十字架と棺のカードはまさにカードにその名のついた"マドモアゼル・ルノルマン"だったようです今でも花が絶えることがないと言われている、マドモアゼル・ルノルマンのお墓ふと命日を調べると亡くなったとされるのは6月25日命日も近かったのかMさんとの会話の中で「マドモアゼル・ルノルマンも双子座じゃない」「本日は双子座の新月だしね…」場所を超えてカードのシンクロがやってきた新月。マドモアゼル・ルノルマンはこのカードを使っていたわけではないけれどそのスピリットはいまでも多くの人たちに真実へダイレクトにたどり着く方法として送ってくれていると思われるような同時多発的デイリーメッセージなのでした。いま、ここで自らを明らかにしていくためにとても心強いパートナーです。今日はそんなパワフルで本氣のマドモアゼル・ルノルマンのエネルギーを密に感じる日でした。

      41
      1
      テーマ:
  • 29May
    • 保守的な執着を手放し、女性原理を解放するためには

      個人的にこのコンビネーションリーディングとても氣にいっています。宇宙意識をリーディングするには最適のギャラクティックルーツカードと具現化が得意でグラウンディングの強いルノルマンカードこのふたつを組み合わせることで「それは、遠い星の意識ですか・・・?」という一見、漠然とした概念(シリウス、プレアデス、オリオン、アルクトゥールスなど)が「今、地球ではこうすればよいのでは?」と具体的なガイダンスを提案してくれます。このパワフルな満月にはそれぞれの中にある女性原理と保守的な執着に意識を向けてみるのもよいかもしれませんね。<ギャラクティックルーツカード>女性原理(ベガ/過去)+保守的な執着(地球/現在)<ルノルマンカード>クローバー+棺古代ベガでは女性原理をスピリチュアルな表現によってさまざまなものを具現化して開発していました。争いや外の世界から何かを手にいれようとすることではなく全てが内にあるという在り方によってさまざまなものを生み出す女性原理内なる領域と深くつながることによって私たちは壮大な宇宙そのものとつながっていますその女性原理への抵抗はここ地球で長い間続いている保守的な執着によるもの保守的な執着とは、変化への恐れや行き詰まった思考や固定観念などです。すでに機能していない古い習慣を手放すことを先送りにするほど強制的な変化としてやってきます。女性原理を受け入れるスペースをつくりましょう。ルノルマンカードでこの宇宙意識を地上的なものに変換すると「クローバー」と「棺」これまで慣れ親しんだやり方なんとなく・・・何も考えずにここまできてしまっていることもうそろそろ終わりが近づいているようです。別次元への移行クローバーと棺のコントラストがそのように見えます。古く機能していない保守的な執着(方法)を葬らない限り、内なる女性意識を目覚めさせるのは難しいのかもしれません。クローバーの時間感覚は短いです。タイミングよく古い執着をあっさり手放すことも可能なのかもしれません。棺があわらすのは終わりでもあり、別次元への旅立ち火の力をかりて昇華させることハーブ&火のエレメントの力を借りてみるのもよさそうです。6月9日(土)恵比寿にてイベントを開催いたしますフェザーワンド/光のリーディングエネルギーリーディングによるネイル💅アートガイドからのメッセージ/ルノルマンカード/ギャラクティックルーツカード/ライトボディヒーリングハートのクリアリングなどなどご予約なしでもOKですお氣軽にご来場ください。会場:東京都渋谷区恵比寿南1-20-9 さくら4F11:00から17:00(最終のご入室が17:00になります)山手線・埼京線・新宿ライン/JR恵比寿駅より徒歩 5分地下鉄日比谷線/恵比寿駅より徒歩 5分

      62
      テーマ:
  • 15May
    • 6月9日(土)恵比寿にてイベント開催のお知らせ

      来月、6月9日(土)恵比寿にて5人でイベントを開催いたします。JR恵比寿の西口ロータリーからアトレ西館の横を上がって5分ほどになります。恵比寿はかつて住んでいたところですが今でも大好きです。女性が好みそうなものがたくさんありますよね恵比寿、代官山…お買い物ついでにでもイベントにふらりとお寄りください6月の夏至に向かってエネルギーも勢いを増しイメージしていたことが現実になるのも、消えるのも早いこのごろ。意識をクリアに保ち、立ち位置をぶらさずそれを持続するのもなかなか大変です。進む方向を見失うことなく消えていくものを追うことなくいたいですね。イベントでは普段のセッションにはないメニューや偶然の出会いや、出来事も楽しみでもあります4人のみなさんをお一人ずつご紹介したいと思います。Shingoさん私もフェザーワンドをつくってもらったフェザーワンドクリエーターShingoさんのセッション。大きなフェザーワンドのスピリットとともに降りてくるエネルギーに圧倒されます。大自然のエネルギーを纏いつつもその穏やかさにいつも癒されます。ワンド好きにとっては細部まできっちり仕上げられたフェザーワンドはとても魅力的です。エネルギーがシャープなもの、より風をよぶもの、やわらかなエネルギーのものフェザーワンドの個性はそれぞれです。ぜひご体験ください。EARTH BRANCHチャネラー、ヒーラー、フェザーワンドクリエイターとして人々の魂の役に立てるよう、地球の為、宇宙の為に、ライトワーカーとして学びを続けています。SHINGO.Khttps://sites.google.com/view/shingoSHINGOさんイベントメニューチャネリング 20分/3000円光のリーディング 20分/3000円エンジェルヒーリング 20分/3000円トータルクリアリング 30分/5000円ご予約なしでお越しいただいてOKです沙夜あやこイベントメニュールノルマン+ギャラクティックイベントなので通常セッションでは行っていない組み合わせでリーディングを予定しています「上にあるがごとく、下にも在る」というのは錬金術の思想ですがギャラクティックとルノルマンの組み合わせはそれを実感できるコンビネーションではないかと思っていますギャラクティックカードで宇宙ルーツからメッセージをもらいそれをルノルマンで具現化させる。という試み。ルノルマン好きにはグランタブロー(ダイジェスト)もご用意しています。沙夜あやこイベントメニュールノルマンカードルノルマンリーディング  20分/3000円 グランタブロー(ダイジェスト) 30分/5000円ギャラクティックカードカードチャネリング  15分/3000円ギャラクティック+ルノルマンカード 15分/3000円オラクルメッセージ 10分/1000円ミスティカルウイズダム、ソウルズジャーニ、Qカードなど女神エッセンス・・・3000円(エッセンス1本+ミニリーディング付)ご予約はこちらより▼(ステラミスティカのサイトへとびます)https://www.stellamistica.com/20180609/<イベント詳細>2018年6月9日(土)11:00〜17:00(最後のご入場が17時です)東京都渋谷区恵比寿南1−20−9 レンタルスペースさくら4F

      43
      テーマ:
  • 20Apr
    • 4/28(土)ルノルマン・マジックを体験するはじめのステップ『ルノルマン・ベーシックコース』開講

      第10回「ルノルマン・ベーシック」コースルノルマンのマジックをリアルに体験する。ベーシックコース(3枚引き)を4月28日(土)に開講いたします。http://u0u1.net/JEoK3枚引きとはルノルマンのマジックをリアルに体験できるはじめのステップ。このカードの最大の魅力はシンプルなかわいらしさと同時にムダのない鋭さでしょうか。女性、男性、指輪、ハート、クローバー、木、鍵、花束・・・とてもシンプルで誰が見てもイメージできるシンボルたち。たった3枚でおきている現象をストーリーとして見せてくれるルノルマンカード。ルノルマンのシンボルがいっぱい…そのマジカルでキュートなルノルマンカードの使い手になってみませんか?ルノルマンカードとは?歴史的な背景にも触れつつ各カードの生きた意味について学びます。多くの方がすでにご存知のようにマドモアゼル・ルノルマンはこのカードをつかっていません。では、なぜ名前がついているの?誰が・・・?そのようなことを知っているだけでカードをよむときの理解度が深まります。このカードをただの占術として利用するかあるいは自分の霊的成長のためにつかうのか意識の持ち方によってもリーディングは変わるでしょう。メッセージや直感を受けとったあと、行動していますか?ここにも少しコツがあります。すでに、基本を学んでいる。独学である程度よめる。そのような方にも「そんな読み方もありなの?」「そう読むの?」という発見があります。このベーシックコースで主に学ぶこと・自分の真実にダイレクトにつながる重要性・宇宙からのメッセージはルノルマンのシンボルを通してやってくる・理論と直感のバランス(左脳と右脳の使い方)・マドモアゼル・ルノルマンの人物像・シグニフィケーター・なぜ今ルノルマンカードなの?・36枚のカードの意味・理論と直感と言葉あそび・カードのニュアンス・リーディングルール・コンビネーションリーディングによってどう変わるか・カードのもつ時間感覚・表層/深層の読み方・希望のゲームの再現  など受講後も継続して学べる環境をご提供しています。受講生のルノルマングループがありますのでご参加はご自由にどうぞ。集まった方のエネルギーによって内容が若干変わりますのでご了承ください。ルノルマンベーシック 4月28日(土)11時〜16時https://www.stellamistica.com/ルノルマンカード講座/

      54
      テーマ:
  • 19Apr
    • 目の前にあらわれた「鎌のカード」が意味していたこと

      3月半ばの卒業旅行でのグランタブローまだ続きます。浮かれている姪っ子ここまでのポイントは「本+船」で卒業旅行をあらわしていたこと。「手紙+ムチ」で繰り返しパスポートチェックを受けたこと。でした。もうひとつ、氣になるポイントは「女性のカード」の目の前に横たわる「鎌のカード」鎌のカードのキーワードは突然に、ショッキングなこと、キャンセル、中断、アクシデント、断ち切る絵の並びによっては単に“突然に”というスピードを強調していることも多々あります。(例:鎌+花束はサプライズということが体験的に多い)行方を追ってみると私自身に起こるアクシデントというながれではないようだった。鎌の先に続くのは百合と男性…男性のカードは通常はパートナーをあらわす。この組み合わせから予測すると親族の男性あるいは高齢の男性に関連したこととよめる。百合の下にいる蛇・・・男性の上にある棺・・・このあたりがちょっと氣になるけれどその時点では親族も高齢の男性に関することもどれもピンとこない。でもエネルギーとして、ここに存在している。このグランタブローは旅行中のことをみているので鎌+百合+男性に関することは、帰ってからではなく旅の途中で、きっと突然やってくるのだろうなと。思いつつも…妹と姪っ子のものすごい氣力と体力におされながら毎日10キロ以上歩きまわり朝、買ったマフィンを三人で押しつけゆずりあってどうにかひとつ食べるという、ぐったり食欲もない私たち。ホテルへ戻りトランクの整理をして寝る支度をしていた。「おねえちゃん・・・」「パパがもうあまり長くなさそうだって・・・」私たち姉妹には、母の違う妹がもう一人いてその彼女から、突然のメッセージ。確かに・・・父は高齢だ。でも病氣とは聞いていなかった。年齢から考えたらいつそうなってもおかしくないけれど。まさか、これとは。リーディングをしているものにとっても慎重に扱うエリアの(病氣や死にまつわること)ことだ。人の健康や命にかかわることへのコメントは本当に繊細なもの。最大限の愛をもって、言葉は慎重に選びたいと思う。実際、クライアントさんのグランタブローで病氣の兆候が複数のメッセージによって示唆されているとき(通常は単体では起こらない)これはもう本当に氣をつかって欲しい。言葉は無意識に入って一人歩きしてその人の中に刻まれてしまう。でも「伝えない」というのはまた別の問題でメッセージとしてあらわれているものをリーダーのエゴによってないものにしてしまうのも違う。表現力そして伝え方はカードリーダーとしての力量を本当に試されるところですね。私たちは翌日の早朝、予定どおり日本へ帰って父と会う日を決めたのでした。<関連記事>1「ルノルマンは、トランクで行けという」https://ameblo.jp/stella-mistica/entry-12367005854.html2「駅へ向かうまでのストリートルノルマン」https://ameblo.jp/stella-mistica/entry-12367410837.html3「グランタブローにあらわれた、手紙とムチの行方」https://ameblo.jp/stella-mistica/entry-12367961592.html<4月のルノルマン講座>ルノルマンベーシック 4月28日(土)11時〜16時https://www.stellamistica.com/ルノルマンカード講座/

      23
      テーマ:
  • 17Apr
    • 太陽のカードの“成功”は方法を限定しない

      あるプロジェクトに参加するかどうかを迷ったことがあってカードをひいたときの話。出たカードは「太陽」。カードを引く前に漠然と想像していたこうなっていくんだろうなというイメージが目の前で「太陽」となってあらわれた。力強い生命力、強力な幸運、成功という36枚の中でもっともパワフルな「太陽のカード」クライアントさんからのご相談で出れば「ぜひ、やってみてください!」と伝えるでしょう。太陽は私の体験では、プライベートよりも社会的なシーンにおいての成功や活躍を表すことが多いです。その「太陽のカード」をひいたプロジェクト。その時点で見えていた方向性には進まず、結果としては成功とは言えないものだった。ところがそこに集った人と有機的なつながりが自然発生的に別のプロジェクトを生んで目指していた方向とはまったく違うところでそれは思った以上に発展していくのでした。「太陽のカード」は成功や達成という方法を限定しないようだった。太陽のカードがあわられたら太陽の示す光はそこに存在しているただ、それは想像と違うこともあり成功の方法は限定しない方がよい。ということなのだと思います。私もその結果、プロジェクト自体ではなく。そこでのつながりが核となりプロジェクト以上に大切なものとなっています。一枚ずつをリアルな体験に【4月のルノルマン・ベーシックコース】 4月28日(土)11時〜16時https://www.stellamistica.com/ルノルマンカード講座/

      29
      テーマ:
  • 13Apr
    • グランタブローにあらわれた、手紙とムチの行方

      渋谷駅までバタバタと向かつつも無事空港に到着。妹と姪っ子に合流。出発前にこの旅行の様子をグランタブローしてみよう。「本」がまずあらわれましたね。グランタブローでのコーナーは読みのポイント。対面には「船」本+船本は秘密や学び、学業船は旅であり、新天地でのあらたな展開。そうそう。これから姪っ子の卒業旅行につきあってソウルへルノルマンは卒業旅行を船+本であらわしてきました。家と犬で誰といるかも示されています。家族旅行の様子もあらわれています。これはテーマとしてはそのものですが氣になるのは「手紙と鞭」お知らせや書類に関することで繰り返し、何かが起こるここで、書類といえばパスポートやチケットまたはアナウンスが繰り返しされるとか?一応、氣をつけておこう。女性の前にある「鎌」も少し氣になる。何かアクシデントでも?行方を追うと、危ない雰囲気はないので何かが突然割って入ってくるだけなのかもしれない。妹たちはショッピングに忙しい様子がでている。私は妹たちとは同じようなテンションでお買い物にそこまでは興味がないのでつきあうと消耗しそう、途中別行動もアリかな。と、私の頭上のネズミと十字架が物語る。ポイントをリーディングしつつ。まずはチェックインしちゃいましょうカウンターへ行こうとしていたら係員の人に自動チェックインへと誘導される。隣でチェックインしていた妹と姪っ子はすんなり終わり私は途中同じところまでくると何度かエラーが出て進まない。「お姉ちゃん、ちょっとまだやってるの?」的な圧を少々感じつつもやはり・・・何度やっても最後ではじかれる磁気がおかしくなってるのかなぁ「すみません…このパスポート、自動でチェックインができないみたいなんです」近くにいた係の人に聞くとお借りしていいですかとサクサク手際よくあるところまでは…。「お客様、お名前はあっていますか?」「えぇぇまさか…」パッと開かれたところページには旧姓がお名前が違うので自動チェックインではできませんがカウンターで大丈夫かもしれませんので聞いてみてください。と、大丈夫かもしれません聞いてみてくださいとは…ダメな場合もありますよ。というニュアンス?(まさか…私、やっちゃった????)(私なら、ありえる…)(えぇー、初のトランクもって空港見送りか…)(あれ?…でも名前変わってからインドいったような)(行った行った)(そのとき、名前変更したじゃない〜)頭の中妹たちからの視線はま・さ・か…お姉ちゃんたら やってくれちゃったあれだけ確認したのに…人のいるカウンターに促されたあと記憶がやっと蘇る(遅)やだ〜いくら私でもそれはないよーーー。ハハハハハそうだよね〜さすがにね。(一瞬、脳内は真っ白になりましたが)この瞬間、脳内にはグランタブローの手紙+ムチがフラッシュバックしました。これかぁおそるべし、ルノルマン。まさに鞭打たれるような出来事。パスポートの名前とは。もちろん名前変更はしてあるのでこちらには落ち度はなかったもののこれは先が思いやられるなぁだってチェックインしたチケットには旧姓が刻まれている…一体 どういうこと名前変更したパスポートでチェックインしたのに?旧姓のチケットが手元にそれで乗れちゃうんだ。。。「ルノルマンは、トランクで行けという」https://ameblo.jp/stella-mistica/entry-12367005854.html「駅へ向かうまでのストリートルノルマン」https://ameblo.jp/stella-mistica/entry-12367410837.html楽しく学びましょう【4月のルノルマン・ベーシックコース】 4月28日(土)11時〜16時 https://www.stellamistica.com/ルノルマンカード講座/

      31
      テーマ:
  • 10Apr
    • 駅へ向かうまでの、ストリートルノルマン

      結局、ルノルマンのアドバイスからソウルへは中サイズのトランクで行くことにしたわけなのですが・・・些細なことをリーディングして意味があるの?ということに関しては、個人的にこう思っています。ルノルマンカードにはネガティブカードポジティブカードニュートラルカードがあります。ネガティブカードによって危機や遅延、トラブルなどを知らされることで回避できることポジティブカードによって背中をおされ、行動することで達成できることなどはルノルマンリーダーにとってはよくある体験だと思うのですがルノルマンカードのメッセージは占術的にももちろん素晴らしいですが、私の個人的な趣味の一つは→ブロック(自分の感情、行動、思考などのあらゆるパターン)はずし。ルノルマンからの「中サイズのトランクで行ったら?」のどこがブロックはずすのよ〜と、思いますよね?みごとに私のブロックにヒットしていました。・近場の旅行にトランクってちょっとダサくない?(という自分のへんなこだわり、思い込み)・身軽で行きたい(着陸したらすぐ降りてトランク待ちしたくない、というせっかちさ)・電車でトランクはちょっと迷惑なのでは(という迷惑がられるのではないかという、恐れ)「中トランク」を持参した時点で、最初の二つはクリアしましたが、残りのひとつ。トランクをもって電車に乗る。は時間帯が微妙すぎて通勤の人に迷惑すぎるかもしれない…このブロックは次回。エクスプレスは渋谷からも乗れるから、そこまではタクシーで行こう。と、3つ目のブロックはズルしちゃたわけです。これがこのズルが後にハラハラさせることになろうとも知らずに順調に行って渋谷まで所要時間が10分ちょっとですが、すでにその時間になっても、空車タクシーはいっこうに来ない。来るのは全て人が乗っている。つ、つ、つかまらない心臓ばくばく(口から出そう)そうだ、ちょっと落ち着こう。ちょうど良いタイミングで全ては起きてるはずだから。道でおもむろにルノルマンのアプリを取り出しストリートルノルマン「タクシーはつかまる???」ドキドキドキドキルノルマンからのメッセージは・・・雲+花束あぁぁ〜〜〜良かったカオスのあとに訪れる、喜び。最終的にはうまくいく。もうギリギリになっても大丈夫。心配もここで終了。カードのメッセージのとおり…そのあとすぐにタクシーが一台来ました。スムーズに駅に着き…というか本当にジャストでした妹と姪っ子の待つ空港へ。姉はこんなことをしていました。「ルノルマンは、トランクで行けという」https://ameblo.jp/stella-mistica/entry-12367005854.html 【4月のルノルマン・ベーシックコース】4月28日(土)11時〜16時 https://www.stellamistica.com/ルノルマンカード講座/

      24
      テーマ:
  • 09Apr
    • ルノルマンは、トランクで行けという

      こんにちは。 ルノルマンカードリーダー沙夜あやこです。久しぶりの投稿です。共有したいルノルマンのデータが満載なのですがタイムラインを追って特に印象的だったデータを書いていきたいと思います。蠍座木星の影響がわかりやすく、旅行や海外などに関連して出た年初め。妹から妹「お姉ちゃん、3月に3人でソウルへ行かない?」私「ちょっとスケジュール確認してみないとわからないけど…」妹「あのさ、旅費なら出すけど」私「えーーー?!」いきなり太っ腹な妹からの連絡で始まった年初め。姪っ子の「卒業旅行」を計画しているらしい。スケジュールを確認してみるとまだ撮影などの予定が入っていなかったので「10年ぶりのソウルだしね、行くいく」と返事をした。でもなんで・・・旅費を払ってくれるのかしら?という疑問はまずはおいておこう。たった3泊なので、荷物は小さくて手軽にしていくつもりだけれど、海外は久々だな〜なんとなく旅の荷造りがヘタになっている予感…。せっかくなのでルノルマンをひいてみた。1)機内持ち込みの小さなバッグで行くと?(予定はこれのつもり、荷物多いのイヤだし)月+錨2)小さめのトランクで行くと?星+ねずみ3)中サイズのトランクで行くと?船+太陽という展開に。予定していた1)は恋愛や関係性の質問なら《氣持ちが安定する」とも読めて一見良さそうですが私にはこの「錨」が氣になります。バッグのことを質問しているので安定と読むよりも→重さと、いうことはつまり…「重くなるよ~」と伝えているのでは、と直感が受け取りました。月はムードもあらわすので、浮かれてお土産買ったりショッピングして→バッグが重くなる“絵”が浮かびます。そうかそれはイヤ。実際、私はこの「錨」で重いということを何度か体験しているのでした。2)の展開はネズミが出てます。キラキラした部分が何かしら消耗するという風に解釈しました。それはつまり、鍵の部分あたりではないか?と(私のトランクは鍵以外はキラキラしていない)扱い次第で破損しそうな雰囲気。それにふりまわされる様子が見える。星は方向性などもあわらすことから、トランク自体が行方不明なることも想定される。壊れたカギが開かず、荷物が出せない、入れられないとかそれは本当に煩わしそうだわ。えーーーーたった3泊に、まさかのこれ?3)中トランクか。。。と思いつつも。これは一番移動がスムーズの様子。形状からトランクとキャスターの部分を表していそうだ。1)の「キャスターなしでは重くなるよ」と合わせてみても、それがこの一連のカードからのメッセージなのかもしれない。形状からのメッセージとカードのベーシックなメッセージを合わせてみても旅のカードである「船」と勝利をあらわす「太陽」があらわれた中トランクを無視するわけにはいかない。そうか今回は中トランクで行くのがいいのか…。カードの展開と出来事がどのようにリンクするかな。それは実際に体験してこよう。カードはひいただけでは終わらない。引いた後は実行する。行ったのは3月。暖かい日と寒い日、温度差の激しい天候だった。中トランクなんて大げさと思っていたけれど、かさ張るお土産(食品)とダウンでいっぱいになっていた。当初予定していた機内持ち込みの小さいバッグではキャスターはついていないので、手にはダウンをもち、お土産の詰まったバッグはキャスターなしそれはやはりそれなりに重くなり、帰るまでにヘトヘトだっただろうなと想像すると、ルノルマンからのメッセージによって未来の自分を助けた氣分だ。的確なメッセージを発信するルノルマンカードによって直感が磨かれていきます。テキストどおりにリーディングするだけではなく体験と意味をリンクさせることでよりその人にとってのメッセージを受け取れるようになります 【4月のルノルマン・ベーシックコース】4月28日(土)詳細はこちら https://www.stellamistica.com/ルノルマンカード講座/

      21
      テーマ:
  • 06Dec
    • ルノルマンメッセージはキャッチ&リリースで

      ルノルマンメッセージを受け取ったあとみなさん、どうしていますか?出来事について関係性について人物について商品についてプロジェクトについてビジネスについて財政や金運について健康についてなどなど質問した“瞬間のエネルギー”(波動)に反応してメッセージはやってきます。つまり…ルノルマンメッセージはその瞬間に、その選択をした場合の可能性を見せています。スピードをあげて進むのか今は待ったり、止まるときなのかキャンセルするのかコンタクトするのかいくつかの選択肢があります。よく私たちがやってしまいがちなことは…。そのコトについて何度も、同じ質問をなげかけて“OK!”のメッセージを受け取っても恐れや不安から、結果として行動しない。ということやOKが出るまで、カードを展開する。というようなこと。こういうパターンを自分がもっていたらカードやオラクルは必要なさそうです。どちらのパターンもすでに自分の中で答えが決まっているのですから。カードと上手に付き合うとしたら問いかけた質問へのメッセージにはまずは受け取る。そしてそれを実行することをおすすめします。同じ質問や相談を何度も繰り返してまったく行動を起こさない相手には聞く方も真剣さはなくなってきますよね…。あぁ。この人かまってほしいだけ話したいだけなのね…。とこれは人間関係だけではなくカードも同様に波動の反射の法則でそんな自分の波動と同等なものをただ見せます。例えばある仕事やプロジェクトについて質問をしたときに受け取ったメッセージが「コウノトリのカード」だったとします。これは変化のカードです。家族→新しい家族が増える、妊娠の知らせ子供なら→進級や進学会社勤めのパートナーなら→異動や転勤また引越しなど、移動もあらわし変容を促すカードです。つまり、今の状態から何かしら変化、変容、進化しますよ。という知らせ。ここをスルーして翌日も、またその翌日も同じ質問を投げかけた場合ある瞬間から、それは「ネズミのカード」に変わったとします「あぁ、やっぱりやめておいて良かった〜。」と思いますか?これはその時点で立てた質問のエネルギーは変化、進化の「コウノトリ」だったのにその後すっかり執着や恐れなどに覆われてしまい結果として、そのことが自分のエネルギーを消耗(ネズミ)させているということです。それはもうコウノトリを引いたときの自分のエネルギーとは別物です。そのとき、すぐにコウノトリのもっている「ステージが上がる」というエネルギーを動かしていたらそれは具現化していたでしょう。ネズミに変わるまでカードを引き続けていたら…それはいちど止まりその質問自体も手放してみるのがオススメです。行動を起こし、変化に乗るためのリーディングが逆に依存や執着を増やしている…。というマイナスのパターンにはまってしまっているからです。仕切り直して、新しいエネルギーでリーディングをスタートさせてみてください

      155
      2
      テーマ:
  • 02Dec
    • クローバーのカードのサプライズ

      ルノルマンのメッセージがどのように現実につながっていくか?どんな現象が起きるか?またどうやって現実化させるか?コツコツ検証するのが本当に好きです。ライフワーク。そんな昨日のルノルマンメッセージは『犬+クローバー+百合』【犬】第三者、友人、後輩などの人物や信頼、誠実さ、サポートカウンセラー、セラピストなどの職業もあわらします。【クローバー】ラッキー、運、喜び、偶然シンクロ、ギャンブル、遊び宝くじ、ハーブなどを。「クローバーを見つけたとき」をちょっとイメージしてみてください。なんてラッキーなの〜!!こんなにたくさんある中から〜!!と、思うあの一瞬です。それは継続しませんが全身を瞬間で“喜び”に変えます。連続すればそれはシンクロに変わります。【百合】クローバーと時間的には対極にあるのだ百合。こちらはとても長い時間をあらわします。落ち着きがあり穏やか経験豊富、シニア、長期的なことセクシャリティなど範囲は広いデイリーなので軽く「今日はどんな日?」という質問ですが(犬)がメッセージに出てくるときには第三者が絡むことが多くペットを飼っている人にとっては愛犬ということもあります。この日は久々の友人(犬)と食事の約束をしていたのですがそこで、ばったり(クローバー)偶然久しぶりの別の友人と遭遇。犬+クローバー自体がとてもポジティブなコンビネーションでここからまた長い(百合)友情がよい影響を与えあい、続いていくのでしょうね。

      53
      テーマ:
  • 29Nov
    • 「ブルーバード・ルノルマン」の第2版で改訂されているカードたち

      人気の「ブルーバード・ルノルマン」私も大好きなカードです。カフェなどでリーディングするにはちょっと大きいのですがクラシカルな絵の世界が氣にいっています。第2版がそろそろ発売されるみたいですねカードが入手できていないので実物のご紹介はできないのですがいくつかのカードが改訂されているようですこちら初版のカードですがこのあたりのカードが変わっていました。子供→一人に指輪→リングのみに鎌→鎌のみに棺→棺に乗っているフクロウがいなくなっている月→月が拡大雲→明るいところと暗いところのメリハリがアップ家→よりわかりやすい家にその他いくつかありましたが第2版はますますバージョンアップしていました。楽しみですねぜひ男女のカードが向き合うといいなぁ

      29
      テーマ:
  • 21Nov
    • 出来事をそのまま描写する、ルノルマンメッセージ

      こんにちはルノルマンカードリーダー沙夜あやこです。ルノルマンリーディングは大きなことから小さなことまでリーディングできるのも魅力の一つですが日常でのメッセージはクスッと笑ってしまうことが度々でよきパートナーです今日のメッセージはこちら「魚+手紙+犬」ミニカード魚お金に関すること、豊かさ自由、解放感、ビジネス、フリーそのまま魚や海のものも膵臓や腎臓手紙お知らせ、書類、メール、インターネット、SNS文字や指先犬信頼、忠誠、サポート、友人、慕ってくる人カウンセラー、セラピスト、第三者ペットこのカードを展開してすぐに「ピンポーン」とドアホンが鳴りました。はやっ具現化…。郵便局から届いたのはまさに「受付完了しました」というお金に関するお知らせのハガキ本日は私は「お金に関する書類を第三者が運んで来るよ〜」とのことでしたデイリーメッセージは出来事をそのままあわらすライトなメッセージが多いのです棺が出たときには「寝たら?」「眠かった〜」「頭痛い」ということもそのような感じで日々の出来事を笑っちゃったり、驚いたりしながらカードとの信頼関係を築いてみてください。

      46
      テーマ:

プロフィール

沙夜あやこSaya-Ayako(ステラミスティカ)

性別:
女性
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
沙夜あやこSaya-Ayako(ステラ・ミスティカ主宰) 「見えない世界を、見える、感じる、創造する...

続きを見る >

フォロー