中学校との面談。(後編) | star☆mayのブログ ~2人の自閉症児とうつ病の妻を抱えたパパの奮闘記~

star☆mayのブログ ~2人の自閉症児とうつ病の妻を抱えたパパの奮闘記~

自閉症と診断された2人の子供。
うつ病と診断された妻。
家族が、家族であるために。
右往左往しながらも、とにかく前を向いて、
一歩づつ、一歩づつ歩んでいます。

いきさつは前記事を参照下さい。

前回のいきさつ

 

(2018年3月22日)

卒業式も無事に終わり、事前に作った資料を持参して、

嫁さんと二人で、中学校へと行ってきました。

(娘さんの卒業式の様子は次記事にて!)

 

対応してくださったのは、一年生を担当される予定の先生と、

特別支援教育コーディネーターの先生でした。

 

 

私が最も心配していたのは、娘のパニックの事。

それについて、先生にお話しさせて頂きました。

娘がパニックを起こす最大のきっかけは、納得ができないとき。

 

①ルールや理屈へのこだわり

事前に説明等があれば納得できる。

 

②結果へのこだわり

結果に納得できずにイライラしている時、

人から失敗を指摘されると、パニックを起こす。

 

娘は、学校で暴れたりしてはいけないことは、十分理解しています。

我慢の反動で、頭を掻き毟る、といった自傷行為が出ます。

本人を否定するような声かけをすると、パニックを起こします。

 

本人を追い詰めるような声かけって、どんなことですか?

逆に、こんな声かけをする先生がいるんですか?

と、先生から逆に質問されました。

 

パニックを起こしている時に、その行動そのものを怒るとか、

さらに追い打ちをかけるような行動を行ってしまうと、

パニックがエスカレートしてしまいます。

先生からこんな対応を受けた、という意味ではありません。

もしもこのような対応をすると、パニックがエスカレートしてしまいます

という説明です、とお答えしました。

 

パニックが起きた時の対応としては、

 

①避難場所の確保

mayは人の気配が全くない所は、逆に落ちつきません。

人の気配を感じつつも、一人になれる空間が避難場所としては最適。

避難場所については、本人と相談しながら、娘が落ちつけるような場所を避難場所に設定して下さる事に    なりました。

過去に前例もあるらしく、学校としては全く問題ありません、とのことでした。

 

②クラスメイトへの対応(先生方からの提案)

教室でパニックを起こした場合、クラスメイトには娘の今の状態の説明をする。

ただし、障害名については伏せておく。

昨年度の経験から、親としても是非、そうしてほしいとお願いしました。

 

③避難時に娘の行先が分かるようにする

これについては、さすがに無いだろうと、先生も苦笑い。

でも、小学校で下の子で実際に起こった事なので、敢えて書かせて頂きましたと、補足。

 

親側は、避難したいときは必ず先生に伝えるよう、娘に事前に説明しておく。

学校側は、事前に娘の意見を聞きながら避難場所を決め、本人に伝える。

 

学校を飛び出すような事はありますか?

と聞かれたので、ありませんとお答えしました。

それならまず大丈夫、という事で、話はまとまりました。

 

薬については、飲んでいる目的と、その頻度をお伝えしました。

薬を飲む目的は、

①ADHDの特性を抑える。

②気持ちの切り替えを手助けする。

③気持ちを落ちつかせる効果を用いて、夜の覚醒を抑え寝つきを良くする。

睡眠薬ではありません。

飲み忘れると夜は覚醒し、テンションが上がって眠れなくなります。

 

薬を飲む頻度は、朝・夕毎食後の2回。

林間学校など、お泊まりの時の対応について先生方と協議しました。

 

①親側は、薬の袋に朝・夕の表示をして娘に持たせる。

②mayは声かけがないと薬を飲み忘れるので、薬は学校側が一括で管理する。

③もし、本人が薬を飲むのをクラスメイトに見られるのを嫌がる場合は、別室に呼んでから飲ませる等の配慮は可能(先生からの提案)

 

 

心配しなくてもいいから、

4月になったら安心して中学校に来るようにと、

そう娘さんにお伝えください。

先生から頂いたお言葉に、感謝。

 

今日は貴重なお時間を頂き、本当にありがとうございました。

 


 

 

ランキングに参加しています。

応援して頂けると大変励みになります。
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ 
読者登録してねアメンバー募集中

starmayさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス