スタバでだららん~スターバックスマニア生活
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

スターバックス・夜のカフェテラス

前回は昔のスターバックスマグ、

ナイトホークスを紹介しましたが、もう一つマグの紹介を。


 

スターバックス・夜のカフェテラスマグ

 

1999年アメリカで発売されたマグカップ。

ゴッホの1888年の作品「夜のカフェテラス」をモチーフとしたもので、星が輝く夜空、ガス灯で明るく照らされ、人でにぎわう夜のカフェテラス、、




ちなみにゴッホが描いたこのカフェ、一度消失していますが再建されて同じ場所で営業しているそうで、いつかはアルルを訪ねてみたいもの。


そしてさりげなくスターバックスの看板をプラスしているスターバックスバージョンの「夜のカフェテラス」マグ、スターバックスジャパンでもこのイメージのコンセプト店舗をつくってほしい^ ^

 

このアート系のスターバックスのマグは何種類もあり、好きで結構集めました。また何かの機会があれば紹介しますが、昔のスターバックスマグって独特で存在感があり、そこがまた魅力的ですよね。

 

 

 

 

スタバ・MIYASHITA PARK店とマグ

さて昨日オープン、

スターバックス・MIYASHITA PARK店。

 

夜は夜景をバックにシンプルな店舗が映えるのですが、公園内店舗ということもあり、

静かで何となく寂しい雰囲気も、、




この雰囲気、どこかで見た記憶があるような?

と昨日からずっと考えていたのですが、、


わかりました、このマグのイメージそのもの!




 

スターバックス・ナイトホークスマグ


エドワード・ホッパーの1942年の絵画、「ナイトホークス」は深夜の食堂にいる人々を描いた代表作。それをオマージュして作られたスターバックスのマグカップは1999年にアメリカで発売となりました。

 

ガソリンスタンドをイメージしているといわれるMIYASHITA PARK店ですが、どことなく寂しい雰囲気、シンプルな外装、深夜の食堂の片すみ感といい、実はこのナイトホークスの世界観が再現されている感じがしますがいかがでしょう。

 

話題のMIYASHITA PARK店ですが、ナイトホークス・スタバと心の中で呼ぶことに、

この世界観、ぜひ体験を。


 

スタバ新店・渋谷 MIYASHITA PARK店

さて今日オープンの新店へ、

 
#1790 スターバックス
MIYASHITA PARK店!
 
 
これは、、妙にすっきりとした外観。
白いスターバックスというネーミングもどこかでみましたが、
コンセプトはガソリンスタンド、というだけあって非常にシンプルな印象。
 
 
公園なので屋上は芝生広場のような感じになっています。
夜は夜景を眺めながら芝生でまったりという感じですが、この日はなんとなくひっそりとした感じで、、
いろいろな意味であまり盛り上げない雰囲気にしている気がします。
ここは昼間に寄った方がいいのかも。
 
さて行き方ですが、渋谷駅は改装を重ねて複雑なので、分かりやすい行き方を紹介。
 
①B1出口を目指す。
②B1出口出る(目の前にスタバあり)
 

③左を向いて横断歩道を渡る
 
④目の前の階段を4階まで昇る
 
 
⑤スタバMIYASHITA PARK店到着
 
 
現在下の商業施設は事前予約ありで入場制限しているので、全体的に空いています。
4階の公園は入場制限ありません。
 
 
限定アイテムは行列でき整理券配布したそうですが午後には完売。
また翌日販売ですが、通年販売なのであせらなくていいのでは、、
 
 
念のため事前予約していったので中も見ましたが、こちらは空いていて快適。
「パンとエスプレッソと」や「カフェKITSUNE」などのカフェ、日本初上陸スムージー「Jamba」、エッグサンド専門「eggslot」、「キットカットショコラトリー」など、どの店舗も程よい入り具合でいい感じです。
 
 
公園内店舗であり、コンセプト店舗でありのガソリンスタンドスタバ、
晴れた日にぜひ!
 

スタバ新店・CIRCLES銀座店!

さて続々と新店舗オープンしていますが、
今日はここ、

#1879 スターバックス

CIRCLES銀座店



スターバックスと
Think Labによるコラボ店舗で、はたらく人のための「夢中になれる」新店舗というコンセプト。

マロニエから30歩くらいと予想以上に近い!



ビジネスユースを主体としたスマートラウンジやソロワーキングスペース「Think Lab」など、

新しいシステムも、



スターバックスで働き方改革、的な雰囲気を感じながらも遅刻しそうなので会社に…


ちょっとだけここでワーキングしてみたいです^ ^


スタバ・今年一番のスペシャル店舗!

さて4連休、あまり遠出はできない状況なので、

近場に新しくできた植物園に。

 


 園内は花が咲きみだれ、奥には、、

 


日本初、植物園内スタバ

#1858 スターバックス

よみうりランドHANA・BIYORI店!

 

ここ凄いです、

植物園の奥のスペースにスタバがあるのですが、

太陽の光が降り注ぐ開放的な空間、



大きな水槽にはカラフルな魚が舞い、

天井からはフラワーシャンデリア!




 

とにかく花と緑に囲まれたスペシャル店舗です。

店舗コンセプトが「New life style with coffee」ということで、スタバと植物園&アクアリウムは最高の組み合わせ。



 

4連休中なので混んでいるかと思いきや、、空いてます。

入場料は1200円ですが2時間までは駐車場代無料、さらにスタバで1000円以上購入でさらに1時間無料。

 

園内は美しい庭園が広がり、いろいろイベント「花とデジタルアートショー」や

かわいらしいナツメカワウソまで盛り沢山とスタバ以外も充実のHANABIYORI・はなびより。


 

今年訪ねたスタバで間違いなくベストワン、

植物園スタバHANA・BIYORI店

ぜひ体験を!

 

 

 

 

スタバ・サマープロモ

さて都内も少しずつ日常が戻りつつありますが、スターバックスジャパンもサマープロモ?スタート、店頭を新アイテムが飾ります。


今回はどれも少なめな感じですが、派手なオブジェ風マグあり、ステンレスマグありで個性派揃い。



とはいえ一番はこれ、 


マグ アイコンズグリーン!

デザインといいサイズ感といい、近年まれにみる素晴らしさは即買い!


お揃いのスターバックスカードがあるのもポイント高く、使う用と保管用に2個買い。

ああやっぱりマグっていいですよね。

スタバ新店・With HARAJUKU店!

さて徐々に戻りつつある日常、、

久しぶりに新店は6/9オープン
#1738 With HARAJUKU店!

原宿駅も大きく様変わりしましたよね。



その原宿駅前にできた都市型IKEAを横目に1階奥に入っていくと、横に長い店舗が、


入口で消毒と体温も計られて、大丈夫なようなら入場が許されます。


壁も海っぽいイメージもあり、不思議な空間。
向かい合わせでの着席は避けてほしいとの紙も置いてあり、かなり余裕ある店内です。


ついゴロッとイチゴをオーダー


場所が場所だけに混みそうな感じですが、3密を避けながらの絶妙なバランスも期待、久しぶりの原宿エリアの新店舗にぜひ。


都内スターバックス再開へ

さておおよそ40日振り、都内スターバックス再開へ!

長い長い休みとなりましたが、今日からいろいろな対策をしながらの営業再開、灯りがついているとホッとします。




レジ前はしっかりしたクリアパネルで保護されてますし、当面はTOGO対応のみ。




ああ、久しぶりのアイスラテが染み込む感じ。


新しいスターバックスカードも3枚購入、イチゴと、すでに夏模様なスイカ&花火カード。




そもそも大手町は人通りも少ないですから、特に行列もできない静かなスタート。

ですがまずは一歩前進、私たちの生活も徐々に正常化していくのを焦らず行きたいですよね。

スタバ・営業状況

さて4/16の非常事態宣言エリア拡大に伴い、スターバックスジャパンも店舗営業制限エリアを拡大、TOGOのみの対応店舗や営業時間短縮などの非常事態対応となっています。




これは当面は守備的に、
首都圏のスタバは休業中なので、せめてものスタバ気分を、、



かなりスタバっぽい写真が撮れて、、



そう、実はここはスターバックス!




もちろん営業休業中ですが、今日とおりがかったスタバは休業中でも座席は使用可といううれしいサービス。

ちょっと前の日常がなつかしくも、長期戦も覚悟しつつ気をつけていきましょう。


スタバ・銀座松屋通り店

さて今日も残念ながら都内で仕事、、
在宅が一番いいのですが、やむを得ず息をひそめながらの通勤です。


帰りに通りかかった銀座も歩いている人はほとんどいません。そもそも営業している店舗もほとんどありませんから、夜8時過ぎの松屋銀座前がこの状況。

そしてスターバックスジャパン1号店、銀座松屋通り店は暗闇の中でも静かにたたずむ存在感。




またにぎやなか街が戻ってきますように。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>