万寿の森の庭は初秋のやさしい佇まい。

コスモス、ススキ、キクイモの花、ホトトギス、栗や柿の木が夏の暑さから解放されて心の安らぎを感じさせてくれました。

小池のワキンも大口を開けて餌のおねだりをしています。

 

今日の活け花教室は「みずき棟」。

もちろん秋の花材が登場しています。

 

「はい、これはコスモス」

「はい、これはホトトギス」

「えっ!」

「花なのに ホトトギス?」            

                      

そう言われてみると、なるほど不思議です。

なぜ、その名がついたのでしょう。

 

 

それは

 

花びらの裏面が、紅白色の地に紫紅色の斑点があって、下部には黄色の斑が付いていて、それがホトトギスの胸毛に見えることから付けられたんですって。

 

 

そう言えば似ているような気がします。

ホトトギスの花言葉は「永遠にあなたのもの」

今日この花を活けた人、みんなのものでした。

 

 

                  

今日参加してくれた花たちは       

 

セイヨウベニカナメモチ、ホトトギス、ススキ、コスモス、

キクイモ         、     

大自然に咲く花たちよ ありがとう!