元WBCライト級王者M・A・ゴンサレス(東京三太)「アルコール中毒!」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

協栄ジム所属選手として東京三太のリングネームで日本リングで活躍した、元WBC世界ライト級V10王者ミゲル・アンヘル・ゴンサレス(メキシコ)が、アルコールと麻薬による中毒により、メキシコシティの街をさまよっている所が目撃された。この報に接したかつての対戦相手、フリオ・セサール・チャベス(メキシコ)は早速、彼のリハビリを助けたいと救いの手を差し伸べている。カルロス・サラテも、アルフォンソ・サモラも立ち直った。ゴンサレスもまだ50歳。やり直せるはず!。

 

ミニボクシンググローブ・ぺアセット ミニボクシンググローブ・キーリング

イベントバナー