9月 「ハイメ・ムンギアvsガブリエル・ロサド」 ミドル級契約 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

9月に次戦を希望する前WBO世界スーパーウェルター級王者で、WBO世界ミドル級1位にランクされるハイメ・ムンギア(メキシコ)=37戦全勝(30KO)=と、歴戦の雄、ガブリエル・ロサド(米)=26勝(15KO)13敗1分1ND=の対戦交渉が順調に進行中。6月19日(日本時間20日)、両選手はDAZN放映興行に出場。メインでムンギアが元世界挑戦者のカミル・シェルメタ(ポーランド)を6回終了棄権に追い込み、セミファイナルではロサドが、7戦全勝(6KO)のWBA世界スーパーミドル級7位ベクテミール・メリクジエフ(ウズベキスタン)に、逆転の3回KO勝ちを飾っている。試合はミドル級リミットで行われる。激しい試合になりそうです。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング

楽天モバイル