6月 ジャモール・チャーロvs22勝(22KO)モンティエル WBC世界ミドル級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBC世界ミドル級王者ジャモール・チャーロ(米)=31戦全勝(22KO)=の次戦は、6月に開催されるPBC興行で、同級5位ファン・マシアス・モンティエル(メキシコ)=22勝(22KO)4敗2分=を挑戦者に迎えて行われる事で交渉が進展中。昨年12月にカムバックロードで世界入りを狙った、元世界1位ジェームス・カークランド(米)を初回KOに切って落としたモンティエルの強打がどこまで通じるのか。正式決定が待たれます。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング