栗原慶太vs井上拓真 「結果」 東洋太平洋バンタム級タイトル戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

14日、東京・後楽園ホールで開催されたOPBF・東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ12回戦。チャンピオン栗原慶太(一力)選手に元WBC世界同級暫定王者の井上拓真(大橋)選手が挑んだ一戦は、偶然のバッティングによりカットした栗原選手の左目上の傷が原因で9回2分25秒負傷判定となり、90-81、89-82、89-82のスコアで井上選手が勝利。井上選手は2019年11月にノルディ・ウーバーリ(仏)に敗れて以来の再起戦を飾った。