べテルビエフ 「コロナ陽性!」 ラミレスvsブラウン WBC世界ライトヘビー級暫定王座決定戦 | BOXING MASTER
新型コロナウイルスに関する情報について

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

1月30日(日本時間31日)にロシアで防衛戦を予定していた、IBF&WBC2団体統一世界ライトヘビー級王者王者アルツール・ベテルビエフ(ロシア)から、新型コロナウイルスの陽性反応が検出され、IBF5位アダム・デインズ(独)とのタイトル戦はキャンセル。これによりWBCは同級1位ヒルベルト・ラミレス(メキシコ)と、同級4位マーカス・ブラウン(米)による暫定王座決定戦を承認。対戦同意に達しない場合は、2月5日(日本時間6日)に入札が予定されている。