12/18 1位ラミレスvsロペス 「PPV放映」 4位ハンターvsウェリバー | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

12月19日(日本時間20日)に予定されていた、前WBO世界スーパーミドル級王者でWBC世界ライトヘビー級1位、WBA4位、WBO8位にランクされるヒルベルト・ラミレス(メキシコ)=40戦全勝(26KO)=の復帰戦興行が、18日(日本時間19日)に移動。試合は米・テキサス州ガルベストンで開催。ラミレスはNABF同級王者でIBF11位、WBO12位のアルフォンソ・ロペス(米)=32勝(25KO)3敗=と対戦。共同メインに出場する、IBF世界ヘビー級4位、WBO8位、WBA、WBC10位マイケル・ハンター(米)=18勝(12KO)1敗1分=は、来日経験のある元世界ランカー、チャウンシー・ウェリバー(米)=57勝(23KO)13敗5分=と対戦。この興行はFITE TVによりPPV放映(24.99ドル)される。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング