アンドラーデ 「対戦相手コロナ感染!」vs35戦無ハリソン 「スーパーミドル級10回戦」 | BOXING MASTER
新型コロナウイルスに関する情報について

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBO世界ミドル級王者デメトリアス・アンドラーデ(米)が、11月27日(日本時間28日)に米・フロリダ州ハリウッドのセミノール・ハード・ロック・ホテル&カジノで開催される、ジェイコブスvsロサド興行の

アンダーカードで予定していた、ダスティ・エルナンデス・ハリソン(米)=34勝(20KO)無敗1分=とのスーパーミドル級10回戦は、ハリソンから新型コロナウイルスの陽性反応が検出され中止に。アンドラーデは次戦に付いて、指名挑戦者リーアム・ウィリアムス(英)相手の防衛戦か、WBO世界スーパーミドル級王者ビリー・ジョー・ソーンダース(英)への挑戦になる事を示唆。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング