マルティネスvsカレロス 「結果」 WBC世界フライ級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

23日(日本時間24日)、メキシコシティのTVアステカ・スタジオで開催されたWBC世界フライ級タイトルマッチ。王者フリオ・セサール・マルティネス(メキシコ)と、挑戦者モイセス・カレロス(メキシコ)の一戦は、マルティネスが2回2分42秒TKO勝ち。初回、右ストレートから左フックでダウンを奪った王者は、2回、連打をまとめてレフェリーストップを呼び込んだ。前日計量でリミットを2.5キロオーバーした挑戦者は、全く成す術がなかった。

 

【ミニグローブ入荷!】   ペアセット キーリング