11/21 ポベトキンvsホワイトⅡ 「WBC世界ヘビー級暫定&ダイヤモンド戦」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBC世界ヘビー級暫定&ダイヤモンド王者アレクサンデル・ポベトキン(ロシア)と、前暫定王者ディリアン・ホワイト(英)の再戦は、11月21日(日本時間21日)に英・ロンドンで開催。8月22日(日本時間23日)に行われた初戦は、4回に2度のダウンを奪ったホワイトが、第5ラウンドにポベトキンの左アッパー一発で、深々とキャンバスへ沈み逆転負けを喫している。今度もスリリングな一戦となりそうです。

 

【ミニグローブ】   ペアセット キーリング