IBF王者ジョセフ・ディアスJr 「MTKグローバルと契約!」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

IBF世界スーパーフェザー級王者ジョセフ・ディアスJr(米)が、タイソン・フューリー(英)、ジョシュ・テイラー(英)を含む、約200人のボクサーを管理するMTKグローバルと複数年に渡るアドバイザリー契約を締結。米国人王者として初めてMTKと契約したディアスJrは、今後、米国以外での試合にも興味を示し、世界王座統一を目指す事を宣言している。

 

【ミニグローブ】   ペアセット キーリング