アンドラーデvsキーラー 「結果」 WBO世界ミドル級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

30日(日本時間1月31日)、米・フロリダ州マイアミのメリディアン・アイランド・ガーデンで開催された、DAZN興行のメイン。WBO世界ミドル級タイトルマッチ。王者デメトリアス・アンドラーデ(米)に、同級3位ルーク・キーラー(アイルランド)が挑んだ一戦は、アンドラーデが9回2分59秒TKO勝ち。初回開始早々、左ストレートで「ダウンを奪った王者は、2回終了間際にも左でダウンを奪う。早い回でのKOが期待されたが、以後、ラフな攻撃でもたつき、迎えた第9ラウンド、左でグラつかせた後、右アッパー、フックで追い込み、レフェリーストップを呼び込んだ。

 

【ミニグローブ・入荷!】  ★ペアセット  ★キーリング