ジュンリエル・ラモナルvs久我勇作 結果 WBOアジアパシフィック・スーパーバンタム級王座決定戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

 31日、大田区総合体育館で行われたWBOアジアパシフィック・スーパーバンタム級王座決定戦。日本同級王者の久我勇作(ワタナベ)選手は、ジュンリエル・ラモナル(比)にまさかの初回1分24秒KO負け。ラモナルは10月に世界ランカーの和気慎吾(FLARE山上)選手を3回TKOで撃破したのに続く大金星を挙げた。控え目な好青年です。