9/7 ホルヘ・リナレスvsリッキー・バーンズ 「WBA世界ライト級挑戦者決定戦」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

ホルヘ・リナレス(帝拳)選手と、リッキー・バーンズ(英)の元3階級制覇王者同士が、WBA世界ライト級王座への挑戦権を賭けて対戦。エディ・ハーンは、9月7日(日本時間8日)に英・グラスゴーのSSEハイドロでの開催を示唆。しかし、この試合の勝者がスーパー王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)への挑戦者となるのか、現在空位の正規王座への挑戦権を得るのかは、明らかにされていない。正式発表が待たれます。