アドニス・ステベンソン 「開頭手術から復帰!」 前WBC世界ライトヘビー級王者 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

昨年12月1日(日本時間2日)に、カナダ・ケベック・シティのビデオトロン・センターで開催された、WBC世界ライトヘビー級王座統一戦で、アレクサンデル・ゴズディク(ウクライナ)に11回TKOで敗れ、試合後、病院に搬送される救急車の中で意識を失い、緊急の脳手術を受けていたアドニス・ステベンソン(カナダ)が、地元メディアに元気な姿を見せている。傷跡は痛々しいが、まずは良かった!。