ゲンナジー・ゴロフキン 「アベル・サンチェスと決別!」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

DAZNと契約。6月8日(日本時間9日)に米・ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンでの復帰戦が決まった、元統一世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)は、長年指導を受けて来たトレーナー、アベル・サンチェスと決別。侮辱的なトレーナー報酬を提示されたというサンチェス氏は、「貪欲であることは残念。恩知らず、誠実さがなく、この関係を終わらせることは残念です」と、コメント。IBF世界同級9位スティーブ・ロール(カナダ)=19戦全勝(10KO)=との再起戦に向けての新しいトレーナーは、まだ発表されていない。

 

        

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります