【Photo】 TJ・ドヘニーvs高橋竜平 「計量」 IBF世界スーパーバンタム級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

18日(日本時間19日)に米・ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデン・シアターで開催される、IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチの前日計量が同地で行われた。王者TJ・ドヘニー(アイルランド)と、急遽、挑戦が決まった同級10位高橋竜平(横浜光)選手は共に計量をパス。いよいよ、明日のゴングを待つ。

 

 

王者、挑戦者共に121.8ポンドで計量をクリア。

 

 

昨年8月、岩佐亮佑(セレス)選手から王座を奪ったドヘニー(豪在住)は、故郷アイルランドで大歓迎を受けるなど、王座獲得後のセレモニー期間も長く、決して難攻不落の王者とは思えず、高橋選手の番狂わせに期待したい。試合の模様はDAZNにて、日本に配信されます。