【Photo】 田口良一vsヘッキー・ブドラー 「完全版」 WBA・IBFライトフライ級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

WBA、IBF統一世界ライトフライ級タイトルマッチ。チャンピオン田口良一(ワタナベ)vs挑戦者・IBF同級6位ヘッキー・ブドラー(南ア)。5月20日、東京・大田区総合体育館。田口選手は8度目となるWBA王座と、IBF王座の初防衛を賭けてリングに登場。

 

 

挑戦者ブドラーは元WBA世界ミニマム級スーパー王者。

 

 

IBF立会人はベン・キールティ(豪)。

 

 

オフィシャルを派遣しなかったWBAの立会人は、JBCの安河内 剛 事務局長(左)が務めた。

 

 

須藤尚紀リングアナ。

 

 

ブドラーは初回から飛ばした。

 

 

王者もジャブから試合を作ろうとしたが。

 

 

挑戦者は上下へ多彩なパンチを打ち分け、すぐにサイドステップ。王者に的を絞らせない。

 

 

ブドラーに傾いた試合の流れを変えようと田口選手が打って出る。

 

 

しかし、ブドラーもしつこく反撃。

 

 

中盤以降、王者は強い左ボディで挑戦者の動きを止めにかかる。

 

 

終盤、さすがに疲れの色を見せたブドラーだが、手数は衰えなかった。

 

 

いよいよ最終ラウンド。

 

 

「倒せるぞ」のセコンドの声に送られた田口選手の左フックがヒット。

 

 

ブドラーはキャンバスへ落ちたが、サム・ウィリアムス(米)主審はスリップとし試合続行。

 

 

KOを狙った田口選手だが、ブドラーも懸命に逃げ切り試合終了ゴング。

 

 

ワタナベ会長が主審に猛抗議。

 

 

最終回終了後、主審がミスを認めダウンに訂正。今度はブドラー陣営が立会人に詰め寄った。しかし判定はブドラー。

 

 

公式スコアはマイク・フィッツジェラルド(米)、ネヴィル・ホッツ(南ア)、中村勝彦(日本)が揃って114-113でブドラー(最終回は10-8に訂正)。

 

 

2階級制覇を達成したブドラー(30歳)は、32勝(10KO)3敗。新王者は「勝ててうれしい。すごく公平なジャッジだった」と話し、オプション契約により日本で行われる初防衛戦は。「田口が相手でもいい」。ワタナベジム陣営も再戦への動きを見せており、田口選手のリベンジ戦に期待!。

 

★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります