ローマン・ゴンサレス 「5月見送り!」 ニエテスと王座決定戦へ! | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

5月5日(日本時間6日)に米・カリフォルア州カーソンで開催されるゴロフキン興行で、元WBC世界ライトフライ級王者ペドロ・ゲバラ(メキシコ)を相手に再起戦を行うと見られていたローマン・ゴンサレス(ニカラグア)は、この興行に出場しないことを表明。

 

 

シーサケット・ソールンビサイ(タイ)に連敗を喫している元4階級制覇王者は後がない。慎重に対戦相手を模索して来たが、先週の段階でロマゴン自身のコンディションが、「118ポンドのバンタム級で戦いたい」と言うことで、スーパーフライ級リミットなら戦うというゲバラとの試合は、開催が危ぶまれていた。

 

 

そしてロマゴンは、WBOから与えられえたドニー・ニエテス(比)とのスーパーフライ級王座決定戦へ挑むことを示唆。まずは一つ勝ってから先に駒を進めようとしていた陣営も、ロマゴンがニエテスとの対戦を口にしたことに驚きを見せている。今後に注目。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります