BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

世界スーパーウェルター級王座統一戦。WBAスーパー王者エリスランディ・ララ(キューバ)vsIBF王者ジャレット・ハード(米)。4月7日(日本時間8日)、米・ラスベガス、ハードロック・ホテル&カジノ。WBA王座8度目の防衛戦となるララは、25勝(14KO)2敗2分。

 

 

IBF王座2度目の防衛戦となるハードは、21戦全勝(15KO)。

 

 

試合開始。

 

 

体格で勝るハードは多少の被弾も苦にせず前進。一方のララは、下がりながらもコンパクトななパンチを当てる。

 

 

激しい戦いが繰り広げられた。

 

 

ラストラウンド。残り時間も僅かな場面でハードの左フックでララは痛恨のダウン。

 

 

試合終了。

 

 

公式スコアはデイブ・モレッティ(米)114-113、グレン・フェルドマン(米)114-113でハード。バート・A・クレメンツ(米)は114-113でララのスプリット・デシジョン。

 

 

激戦を制し王座の統一に成功したハードは、22戦全勝(15KO)。敗者ララは再戦を希望しているが、WBC世界同級王者ジャーメル・チャーロ(米)が、6月9日(日本時間10日)に米・ロサンゼルスで予定する防衛戦(相手未定)に勝てば、秋にもハードとの3団体王座統一戦が実現する可能性が高いと見られている。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります