ニエテスvsレベコ 「結果」 IBF世界フライ級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

24日(日本時間25日)、米・カリフォルニア州イングルウッドのザ・フォーラムで開催されたHBOファイト・「スーパーフライ2」。IBF世界フライ級タイトルマッチ。王者ドニー・ニエテス(比)に、元2階級制覇王者フアン・カルロス・レベコ(亜)が挑んだ一戦は、ニエテスが7回53秒TKO勝ち。

 

 

試合は激しい主導権争いが繰り広げられたが、6回ニエテスのパンチでレベコは右瞼をカット。ラウンド終盤には王者の右カウンターで挑戦者がよろめく。続く第7ラウンド、一気に攻勢に出たニエテスはレベコをロープ際に追い詰め、左フックで倒れたレベコは何とか立ち上がったが、挑戦者コーナーが棄権の意思表示を示し試合はストップ。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

 

 

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります