シェリくん、栄養失調? | SAVE THE RABBITS BLOG(うさぎの里親募集)

SAVE THE RABBITS BLOG(うさぎの里親募集)

里親募集している保護うさぎの様子や適正飼育の発信などうさぎ飼育について幅広く発信します。

ミモザちゃんにお譲りいただいたマット類、いまやシェリくんに大活躍中・・。

 

去年の夏に保護した10歳のシェリくんは推定11歳になりました。

私にとってシェリくんはポルテちゃん以外のシニアうさぎではあるのですが、シェリくんはいたって健康うさぎなので年齢的な衰えはあるものの何か特別なサポートが必要であるわけではなかったのです(いろんな面で)

 

身をもって「6歳だからシニアに入った」「8歳だから柔らかい牧草にしないと」とか「フードを変更しないと!」なんてことは当てはまらないなと感じました。あくまでそのうさぎの個体に合わせた生活があるんだなぁと感じております・・

 

 

 

 

でも言っても11歳推定のシニアであることは変わりはなく。

 

 
シェリくんの変化に気づいたのはやはり毎日一緒に過ごしているから気づく些細なこと。
とにかく寝ていることが多く、いつものような活気がなくなりました。
食欲はやや低下しているようで食べないわけではありませんが、ちょっと違うなと。
 

 

 
ケージの中では割と今までも大人しくわちゃわちゃしていたわけでもありませんし、本気で寝るとなかなか起きなかったりトイレの上で寝てたら転げ落ちたりもして「あぁ、シニアさんなんだなぁ」と感じることもありました。

 

 

 
ただ外に出ると1歳未満のうさぎたちと同じようなテンションでずーーーと走り回ったり、おしっこを飛ばしたりひねりジャンプをしたり、高いところに登ろうとしたり好奇心旺盛で他の男の子うさぎに対しても勝気でサークル越しで鼻に噛み付いたりすることもあるくらいでした・・・。シェリくんはフリーで遊ばせているので見ておかないと写真のように高いところに乗ったり無茶もします。
 
ただいつも興奮して自分の体力と気持ちがついていってないのではないかな?とも心配はしていました。お正月を開けてから部屋んぽ中に寝ることがありました。撫でていると本気で寝てしまいますし、写真のキャリーの上でも寝ています(危ない)
 
なんとなくあれ?というのが続いたので念のため病院へ。
 
レントゲンでは骨の骨粗しょう症はやや改善しており、ホッとしたのですが血液検査の結果で栄養失調であることがわかりました。体重も少しだけ下がってしまっています。ちなみに現在は1.2kgです。
 
image

 

フードは1日にして36グラムを完食しているので決して少ないわけではなく「増やしてみて」と先生にはアドバイスいただいているのですがシェリくんにしてみてはそれ以上は食べないあせる牧草も3番刈りよりも1番刈りの柔らかいところを好み最終的にはほとんど食べつくしていますし、これ以上となるとペレットの他のものを足してみようかなと思っています。あるファルアファリーフ(食べない)とかお野菜、あとはサプリメントでしょうか?

とにかく初めてのものには躊躇して食べないという頑固なところもありますので、根気よくがんばってみたいと思います。

 

ただの栄養失調でこんなに急激に活気がなくなるものなのかな?とも思っているので様子を見ながら他に何か考えられるものはないか?など探っていこうと思っています。

 

※未去勢のアダムくんが来たことがとても嫌だったようにも感じますあせる