パキエのブログ

パキエのブログ

ブログの説明を入力します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人きりでいるとき、よく聴いた曲です

 

 

 

ぼんやりとした明かりの下で

 

窓際の花が、優しく自分の香りで僕を包んでくれました

 

 

そういう時は

 

自分の中の回路が広がるのを感じたものです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パリ派の絵を見に美術館に行った帰りに

 

 

美術館内で販売していた画集を買い忘れていたことを思いだし

 

在る書店で探したのですが見つからず

 

 

それから数日後になぜかまた書店に行くのが躊躇われました

 

 

 

その時の感動が画集を買うことで、失われていく気がしたんです  

 

 

7歳の子供のような感覚でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナのおかげで(笑)家にいる時間が増えました

 

 

 

 

でも用事は待つてくれません

 

しぶしぶ電車に乗り

 

読みたかった本もページを開かず

 

ぼんやりとした中で流れていく窓の外の景色を

 

ただぼんやりと見ていました

 

 

 

 

 

 

おそらく

 

公園の池を見ていても 蛙が池に飛び込む音も

 

聞くことはできないのでしょうね

 

 

 

 

 

蛙が呆れて僕を見たかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人がたくさん歩いている街中も

 

 

 

 

なぜかいつものざわめきがないような気がします

 

時というのは、それぞれの人間により

 

それぞれの早さで走るもの

 

 

と誰かの本に書いてありました

 

 

 

 

 

でも今

 

走るという感覚はあまりありません

 

 

 

 

 

 

かといっていい機会だから、じっくり本でも読むか

 

と、思ってもなかなか読めないものです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京にある詩集ばかりを集めた古書店に入った時

 

 

なぜか落ち着かないのですが

 

そういう古書街のいいとこは

 

 

 

 

鎌倉のように

 

山も海も寺もあるのに似て漫画だけの書店や

 

中には絵の額まで置いてある店もあります

 

 

 

 

 

 

そして落ち着いて寛げる美味しい珈琲を飲ませてくれる店まであります

 

活字好きにはたまらないエリアですね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来ならこの季節

 

 

散歩するにはいちばんいい季節のはずです

 

 

 

 

 

某電車に乗り小一時間ぐらいで

 

落葉がたくさん積もった中を歩くとクサいちごや、キノコが

 

隠れているのを見ることができます

 

 

 

 

 

これも不要不急の外出なんでしょうね

 

 

 

 

 

 

それより

 

コロナで病気になられた方たちが

 

早期に健康に戻れるといいですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思えばいつも風に吹かれていた気がする

 

 

でも気にすることはない

 

 

子規でさえ

 

「禅宗のいはゆる悟りといふ事を誤解していた」

 

 

と自分の書物に書いている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しだけ 休んでいたような気がする

 

 

もっとも今

 

 

 

コロナ問題で家に閉じこもる事に関して 全然気にしなくていい

 

世間は非常にアバウトだし・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漱石が生きていたら

 

 

 

 

 

ぼやくだろうな

 

 

 

    

 

 

 

 

   おそらく・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

載せた写真は今年撮ったのでなく

 

 

数年前のです

 

 

 

 

 

この数日

 

歩く距離は蟻に負けているかもしれない

 

 

 

  不要の用事もないし

 

 

 

しかし小池さんのマスク

 

素敵だなあ・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜が散る頃

 

 

旅への誘いが毎年あったけど

 

今年は全然その気にならない

 

 

でもこの騒動が落ち着いたら、ローカル線に乗り

 

駅で弁当を買い

 

美味しいお茶を買い

 

 

欲のない旅に出たい気がする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時の翼に乗れば

 

悲しみは飛び去る

 

 

  て、誰かが寓話に書いているし・・・・ (笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっとも

 

信の世界に偽詐が多いらしい

 

偽の世界のが真理が多い、と誰かが書いている

 

 

 

まあかなり眉唾だけどね・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもマスクがそろそろ無くなる

 

 

買いだめの好きな友人がいて

 

彼にいくつか貰ったけど

 

もう頼めないだろうな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テレビで母親に久しぶりに会えた女のこが

 

母親に抱きつくところを見た

 

 

 

ああいうのを見るのは辛いなあ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

静かな時間の中にいるとき

 

 

すぐれた記憶などいらない

 

記憶など気まぐれなものだ

 

 

 

手の届くとこに好きな本が数冊あればいいのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時々

 

冬が好きになったりしたり

 

とても嫌いになったりする

 

 

 

 

 

冬から「憐れみ」を感じたりするときがあるのだ

 

 

寒さに震え

 

歩くのさえ嫌がる僕を見ているのかも知れない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう冬は夏に嫉妬しているのかもしれない

 

 

 

 

 

 

海辺の寂れたホテルで

 

月を朝まで見ている人は

 

 

冬にはホテルには泊まらない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何年か前に

 

 

 

 

伊東の静かな宿に泊まり

 

優しい温かい湯に歓び

 

何度も湯に入り

 

 

 

湯の中から見える月を眺め

 

 

 

月は鬱の日に生まれたのだな

 

なんて思いながら静かな中に長く身を浸した記憶がある

 

 

 

 

 

これは優れた記憶ではないのだ

 

 

 

 

 

 

 

その時の想いが漠然と

 

たまに頭を過ぎるだけなのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ読めない本が

 

無数に書棚の中で悲鳴をあげている

 

 

 

 

 

 

 

それを冬の優しい陽がなだめている

 

 

たまに冬陽が書棚を中まで射しこむ時がある

 

 

 

 

 

 

 

それを僕は横目で見

 

古いスピーカから音楽を流してやる

 

 

 

せめてもの慰めだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬はとても野菜が美味しく感じる

 

 

 

 

出鱈目に野菜を買い

 

出鱈目に皿に盛り

 

 

 

 

好きな曲を聴きながら食べる

 

 

 

 

焦げたパンを食べ

 

濃すぎる珈琲を何杯も飲み

 

 

冬の花を見る

 

 

 

 

ささやかな冬の恩恵だ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬に歩くことは嫌いではない

 

ただ

 

年々外に出る時間が少なくなった気がする

 

 

 

 

 

風が木を騒がす

 

ザワザワという音を春まで待ちたいのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ冬の日は

 

ポケット中にあるチョコも溶けないし

 

 

 

 

西行のように

 

早足で歩けるのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ

 

足下で泣く

 

枯葉のつぶやきは、冬しか聞けないだ

 

 

 

彼等は夏の光を覚えているのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心に響く音楽を聴いたとき

 

 

聴いた時に胸に去来するものは

 

自分の中に在る本当の心かも知れない

 

 

 

この動画がすべてを語っているように思える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

葉についた水滴も

 

もしかしたら泣いているのかも・・・・・知れないのだ

 

 

 

     

 

 

  「さようなら 私を見てくれた人

 

   もうじき私は枯れて土になります」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく一人旅をしてるとき

 

坂の下ほうに見える灯りが

 

 

「もう疲れたでしょう ここでお休みなさい」

 

と語りかけてくれる気がする時がる

 

 

 

引かれて行くと古い宿がある時がある

 

 

 

 

 

 

僕の中にあるアバウトな記憶の中で

 

もしかしたら(そんなことは決してないのに)

 

前にも宿泊した宿かな?

 

と初めて見た花のように思うのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもそういう宿には

 

必ずといっていいほど

 

宿のあちこちに、まるで花すだれのように

 

可愛い花が花瓶に挿してあるのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

部屋に掛けてある古い絵も、欠けた月のように

 

とても優しく話しかけてくれるのだ

 

 

 

 

 

 

 

  「あなたのために 今宵はいい夢を見れるように

 

   頼んでおいたから

 

   ゆっくり休んでね・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく自分が自分の部屋で夜やるように

 

 

 

 

 

 

そういう古い宿に泊まるとき

 

 

 

 

部屋の灯りをすべて消し、外から聞こえる滝の音

 

虫たちの声

 

川の囁きを少しのあいだ聴く

 

 

 

 

 

 

寒い時は数分

 

気持ちのいい宵は長く

 

そして夏虫が鳴いてる時は網戸から月を見る

 

 

 

 

 

 

呑めなくなった酒を、独り酌む

 

 

そのうち虫たちのコンサートが始まるのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しの酒で

 

 

記憶に色が付き

 

少しの酒で

 

衣桁に艶やかな紫の色をした着物が掛けてある

 

素敵な幻影をみることもできる

 

 

 

 

10代の子のように・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また宿帳には

 

知らない名前と住所を書いてしまう

 

 

 

宿からの誘いの手紙が来た瞬間

 

これらのことは

 

すべて記憶から消えてしまう気がするから・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

好きな季節は秋

 

 

 

だけどなんて秋は短いのだ

 

 

 

淹れたての熱い珈琲をテーブルに乗せ

 

 

さて何を聴くかなぁ なんて思考してると すぐに冷たくなる

 

 

 

 

風の囁きを聴く暇もない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セネカがまだ生きていたら

 

秋の短さについて書いてもらいたいぐらいだ

 

 

そう考えていたら

 

 

窓に当たる秋風がいやにわざとらしく、荒々しく吹いてくる

 

 

 

 

 

 

悪口じゃないぜ

 

 

秋の素晴らしさはその短さにあるのだから

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨夜

 

四時過ぎだろうか

 

 

今まで聞いたことのない鳥の鳴き声が

 

 

部屋のすぐ傍で聞えた

 

 

 

その近さはまるで僕の傍にいるようだ

 

 

 

真夜中の幻聴なのだろうか

 

 

 

 

 

僕に会いに来たのかもしれない

 

 

リアルに横から聞こえるのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても奇妙だ

 

少しして立ち上がりベランダを覗いても鳥は見えない

 

 

で鳴き声はやんだけど、それからが眠れない

 

 

 

 

紫陽花の葉に一枚だけたくさんの露がついているのを

 

見たことがある

 

 

 

その葉の紫陽花だけ花の色が違うのだ

 

 

 

 

 

見ることに躊躇いを感じたものだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それからが眠れない

 

 

で、起き上がり枕元の小さなCDデッキで

 

シャンソンを聴く

 

 

 

真夜中に聴くシャンソン

 

 

 

で、しばらくするとまた奇妙な鳴き声の鳥が鳴き出す

 

 

真夜中にシャンソンと鳥の鳴き声のハーモニー

 

 

 

 

  カフカに聴かせたいぐらいだ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかしたら夢を見てるのかもしれない

 

 

 

 

壁にかけてあるモジリアニの複製の女性が

 

 「そうよ 夢見てるのよ」

 

 

となだめてくれるような気がした

 

 

 

でもその絵の首を傾げた女性には、目が描かれていない

 

 

 

 

 

でも灯りを消した部屋でその時に見る絵には

 

 

優しく僕を見てる優しい女性の絵には

 

 

優しい瞳が見えた気がしたのだ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で いつのまにか

 

 

鳥の鳴き声もやみ奇妙な孤独も去り

 

 

でもまた数日後に僕に会いに来てれるかもしれない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寝室の飾りの中の陶で作られた子猫の顔が横を向いている

 

 

でそれを直し、

 

 

寝直ししたけど、気がついたら

 

 

もう朝になっている

 

 

 

 

やれやれ

 

 

まるでスリナガルにいた時と同じだ

 

 

 

 

 

でもシンデレラがガラスの靴を脱いで

 

夢の中に出てきてくれるかも知れない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       雨たちの言葉

 

 

 

       この広場に少し降ってあげない?

 

 

       だってもうじき

 

       優しい女性がここに降りるのよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   11月の雨

 

 

 

   雨たちもワルツを踊りたいのだ

 

 

 

 

     ジーン、ケリーでさえ

 

 

      雨の街で踊ったではないか w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    ある種の人たちには

 

 

     雨に寄り添う風も見えるのかもしれない

 

 

 

     その風たちは台風にそそのかされたのと違い

 

 

      優しく吹くのだ

 

 

 

 

 

 

     ボブ、デランの身体と心に吹くように・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     キャスリン、レインという詩人がいる

 

 

 

    素敵な名前だ

 

 

     真似してパキエ レインにしたくなる

 

    

 

     彼女は詩に書いている

 

 

 

 

         海よ、樹木よ、鳥よ ああ!

 

         海や樹や鳥だったのだ、  わたしも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     彼女は幼少のころ、ロンドン北部の

 

     ノーサンランドで過ごしたそうで

 

 

      この荒々しい土地に私の詩の根があると語っている

 

 

 

 

      僕のような凡人は幼少のころ、浅草で育ったのとは

 

      大分違う・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    このような店で駄菓子を買い

 

 

      ざる蕎麦を食べ

 

 

      オヤジに付き添い、寄席に行き

 

 

 

      風刺の笑いを分りもしないで

 

 

      帰りに寄る店だけが愉しみだった

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     中原中矢などの詩を読み出したのは

 

 

 

       それからかなり後などだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    子供の難渋は母の心を動かし

 

 

       若い男の難渋は若い娘の心を動かすそうである

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    この言葉は僕でなく ユーゴが書いている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   もうじき12月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 














本を読むときに

当然読む場所に本を運ぶ

腕に抱えたり、

自宅なら片手に飲み物を抱え

初めて読む本には、時には妙に心がざわめき

再読の本は、はてこの本を読み続けるか悩む





僕の心がワルツを踊っているときは

 時間が過ぎるのを感じ過ぎる本で


やむにやまれず読むのを中断した本だ




そういう本を読み始めたら、大体真夜中に読み終える


或いは陽が高く昇った午後に






















音楽の本は大体重く

自宅に所蔵できないので図書館にいく


でも図書館では冷えた好きな飲み物は傍に置けない

 (僕が行く図書館の場合はです)

で好きな音量で音楽も聴けない




でウオークマンを音がこぼれないような音量で聞く























先日もパリ派の画集を見ながら

ダベロのボレロを聴きながら、自然に手を指揮者のようにしてたら



少し離れた椅子にかけていた女性から「手でも痛いのですか? 大丈夫ですか?」


と、言われた




つい図書館にいることを忘れていたのだ




はい

もう治りました


て、嘘をついて半信半疑な優しそうな女性の視線から避けた


このことは、ある日教会にいき、懺悔するべきかもしれない






























すべての人間は、生まれつき、知ることを欲している

と、かのアリストテレスは言っている


ただ図書館で優しい女性に虚無の弁解をしていい

とは言ってない・・・


















窓から見える木の葉が

少しずつ土の上に落ちていく


枯れた葉が舞うように落ちるのを、よく下から見上げて見るけど

上から見るとあまり哀愁感はない




風に舞ながら落ちるから枯葉はいいのだろう


なぜか上から見る景色にはあまりときめかない




そのせいか、渋谷にできた高層ビル(名前さえ記憶してない)には

まだ行ってない




ていうかこれからも行くことはないだろうな


東京タワーでさえ一度もいってないのだ





























パリで仲良しになったパリジャンも

同じような事を僕にいった記憶がある



ェッフル塔?

一度もいったことはないよ



彼は赤ワインを呑みたくてよく僕を連れて安酒場に行くのだ

アジア人はそういう場所では珍しいからよく誘いに来る




で横目で落ちつかない僕を見て喜んでいるのだ






























今思えば僕もそういう匂いが好きだった


にたような香りが新橋のガード下の飲み屋や

浅草の飲み屋にもあるけど

やはり異質な匂いだ





新宿のゴールデン街も、僕の好きなオーナーが亡くなり

もう全然行かなくなった



店内の煙草の煙の中で

映画論や小説論を話すような人もいなくなったせいもある





























両手を広げ

いつまでも見てるK君も全然会わなくなった


猫をいつも大きな鞄に入れて吞みにくる、N嬢もどうしているのだろうか








てなことを考えていると

秋はすぐに冬になるのだ・・・






















































今の僕とパソコンとの相性は

記憶する中で

かなり悪いほうなのかも知れない




数日前にもブログがァップできなかった





かなり前からレコードを聴いている

みなブルーノートばかりなので他のLP盤からクレームが

僕のパソコンに来たせいなのかもしれない



やれやれ























ただ物書きでないので

書く(ブログを)度に、内容が変化する




家を出てどこかに散策したい欲望があるとき

フラリと小さな鞄に色々詰めて出かける時に



電車に乗る前の、あそこに行くか!

ていう想定が見事に変る





そよ風に漂う香りが

僕に囁くのだ




今日は夕陽が綺麗かも知れないよ



フムフム


じゃああの水辺に行こう とか


























僕の思考は


ある考えが僕を支配しようするとき

どこからか違う香りがしてきて


クーデターを起こすように

すぐに違う方向に進め時がある






散策の予定した場所が変るのも

そのせいかもしれない
























でもたまに混乱した状態になるときがある



そういう時はかなり高い確率ですべてを白紙に戻し


迷わずに美術館に行く




美術館で数分いると

自然にそこに溶けこんでいくのだ





鐘が鳴ったらすぐに教室に入らない癖が

まだ少し残っているのかもしれない

































テレビでニュースは


この数日あまりみないようにしてる





小鳥が木の枝でついばむ木の実を

木の下に捨てるように


ニュースの中身を捨てられないのだ




















秋の植物に芭蕉(ばしょう)という植物があるそうです



本にはバナナ科と書いてあります

秋の植物なのですがまだ見たことはありません



あのバナナのように実もなるそうです

でも食用にならない




風に弱く葉が破れやすいそうです

それらを見て詩人の松尾宗房は、松尾芭蕉と名を変えたそうです





我が身になぞらえて名前を変えたようですが

清い心だったのでしょうね

















でももうじき秋も終わり




あとしばらくは

夕立が化粧を落とさない秋の中に浸りたい気持ちです


































































この夏で生まれた花の側で


この夏に生まれた蝉が鳴いている




この夏で育った小枝に止まり鳴いている








日傘を差しながら歩いていく人びとの


上から蝉は、鳴いている




































僕は冷房の効いた部屋で


外に出ず、蝉の音を聴いている





なんていう暑さだ





しだれ桜の下の傷だらけの木の椅子にかけ


本を読むふりをしてうたた寝したのが


まるで夢のように感じる

































真夏のくせによく寝る





枕元には西鶴の本と,トルストイの本が置かれ


睡眠への誘いのために用意したけど




すぐに夢の中へ、、、







夏の夜は想像以上にすぐに睡魔が僕の横に来る、、、


で,呟くのだ




今夜もまたすぐ寝るのかい?


  やれやれ






















酒を呑め

それこそ永遠の命だ




   なんてオマル、ハイヤームが呟く






楽しめ

一瞬を




   うむ
























でも心配いらないさ



ベランダの花がすぐに,母音の色で


そんな事項など忘れさせてくれる



















ルソーもそう言ってる


  恋と同じで,夏の憎悪は人を信じやすくさせる





でも

夏だぜ まだ^^





















ごくたまに


集めている古い腕時計のネジを巻く






で,腕時計はよせばいいのに、忠実にまた時を刻みだす





ほとんどが手巻きの時計なので、優しくネジを巻く





そこで呟く僕の褒め言葉も

時計たちには飽きているのかもしれない



でも

秋がくれば、また変るかもしれない



































どうしても用事ができたとき


昼間の冷房が効いた電車に乗ることにしている







通勤タイムは,京の織子に似て


苦手なのだ







でごくたまに


中原中矢に似た少年が、文庫本を読んでいたり





鈴木重信が描く女性のような人が


盛んになにやらノートに何か書いている




そこにはスマホの影さえ見えない


































はやくエアコンなどかけずに


レトロな雰囲気が残る,横浜のバザーで購入した


扇風機を回して涼を得たいけど


まだまだ先になるかもしれない







せめて

心太やカキ氷を食べに出る





真夏の風が、背中を押してくれるのだ













































今の僕の住むとこには

駄菓子やがない




でも

近くの駅に行くと上野にある駄菓子やがある




若い女性や小学生に混じり


帽子で顔は半分隠し、レトロな駄菓子を買う



そういう行為は、椎名誠氏なら理解してくれるかもしれない


或いは


永六輔氏なら、、、




















でも愚痴を拙いブログに書いているうちに


もう秋が来る








































僕の気まぐれで


書棚の中の本を整理することがあります



SFはここ

推理小説はここ

純文学はここ


旅行記はここで、時代小説はここ



エッセイはここで、漫画はここ、でハードボイルドはここ


という風に



音楽を聴きながらやるのでゆるやかに時は過ぎて行きます





でその日の夜は


かなり高い確率で、空を飛ぶ夢をみます





夢の中で歓喜の声をあげているのです





























で、そういう夢を見た朝は


だいたい玄関に花を飾りたくなります





それを見て


壁にかけてある時計が

いつもより大きく,チクタクと鳴ります





僕の気まぐれに今さらながら


時計まで呆れているのでしょうね






























こう暑いと寝るのは真夜中過ぎになります




ベットのある部屋は


早く闇が夜を支配したくてうずうずしてるに


そこで寝る人は


真夜中なのにジャズを聴いたり


画用紙に漫画を描いて遊んでいるのです































さて寝ようとすると


冷蔵庫が呟くのです





ジャムも冷えてるし


トマトもレタスも冷えてるよ




昨日ワインを買わなかった?


寝るには惜しい夜だよ



     ううむ^^^^




















































冷蔵庫は基本物を冷やすためにある



しかし彼が言う言葉は


温かく、そしてとても優しいのだ




この気持ちはお気に入りのシャツに腕を通すのに



とても似ています






































そういう夜は,エアコンのありがたさに感謝します






花が咲き乱れる道を歩いているようです


外は真夏の夜なのに




舌の上に乗せた冷えたトマトは


開かない鍵が開いた気分です




で,思わず猫のように唸るのです










































寝る前にベランダの花に水を上げようと


ベランダに出たのですが



軽い衝撃がありました




凄い朝焼けを見たのです





過去にもあまりこれほどの朝焼けを見たことがないので


しばらく身体を固くして見てました



山に登る人はもしかしてこういう感動を



味あうために登るのかもしれない






































ギターのCDを聴き



残りのワインを呑み

心の中をワインとギターの旋律で満たしました



  


これからの数日のために、、、