胸糞悪い話

テーマ:

胸糞悪い事ばっかり。

 

子犬の時から9年間一緒にいた犬を、

高齢で連れていけないからって理由で

里親を探している欧米人がいる。

 

ずっとラオスにいない事は分かってたよね。

もともとこの犬も5年前にアフガンからラオスに一緒に連れてきたらしいし。

少し前に先に国に返すことだってできたはず。

 

計画性がなさすぎる。

 

陸路か、島国なら船で移動も出来るはず。

まだ元気なんだもん。

 

どんな理由をつけたって、ひどい仕打ちだよ。

 

猫は家につくっていうけど、

犬は完全に人につく。

 

9年、その犬にとっては今までのすべての時間を一緒に過ごしてきたのに、

捨てられるって・・・

 

子犬の時、若い時、大人の時、いい時間をずーっと過ごしてきて、

老いてこれから病気とかにもなるだろうし、

みとらないといけない時期だけ他人に渡す、とか、

どんな理由を並べても、絶対許されるものじゃないよね。

 

歳とったから捨てられる。

同じ仕打ちを受ければいいのに。

 

そして近所の犬の話。

その家に犬がいるって知らなかった。

いつもは小屋に入れて飼ってるらしい。

 

それが突然朝うちの前にやってきたの。

小屋のドアが偶然開いてたんだろうと思う。

 

目やにだらけで目はほとんど開かず、

爪は伸びすぎておかしなことになってる。

胴体とおしりに傷が確認できた。

 

飼い主が急いでやってきたけど、

どうやら噛み犬で触れないらしい。

 

野良犬をレスキューする時に使うような首輪をはめて、

ひっぱるけど、動こうとしない。

 

餌で釣ろうとしても餌だけ奪われる始末。

飼い主にもそんな、ってどういう事よ?

 

飼い主も絶対に触ろうとしないの。

棒でおしりを軽くたたいて歩かせようとしてたけど全然ダメ。

 

それを見てるだけでつらいのに、

うちの従業員が手伝ってるつもりなのかなんなのか、

一緒に棒で笑いながらおしりをぱしぱしやり始めて。

 

こいつ、この間ジミーの家に用事があって連れて行ったんだけど、

その時すごいジミーが怒って中に入れなかったんだよね。

 

その時はなんでだろうと思ったけど、

犬は見抜くって本当だよ!

自称動物好き女。

 

結局大きい毛布を持ってきて、

つつんで二人がかりで抱えて連れて帰ってたけど、

かなり弱ってたっぽい。

 

飼い主ふたり、なかなか抱えようとしないから、

私が最初に抱えたの。

抱えたらぐったりしてて、抵抗する気力もない感じだった。

 

餌も口に含んで、結局ほとんど地面に落してたし。

 

考えすぎなんだけど、

うちに助けを求めに来てたのかな、とか。

 

そこまでじゃないにしても、

ずーっと小汚い狭いおりに入れられてたから、

うちの前のスペースで少し寝たかったのかな、とか。

 

でもさ、飼い主も、

凶暴な犬だからと汚いおりに入れて隔離してるわけで、

途中でさびちゃんが現れたんだけど、

猫は危ない!って言ってたし。

 

何もできなかったんだよね。

 

いい病院あるよ、って一応言ったけど、

全然興味なさそうだったし。

 

ものすごくお金持ちの家なんだよ。

車も何台もあって。

 

せめて病院に連れていけたらな。

 

元気になって凶暴さが増すんだったら、と思って

飼い主も死を待ってるのかな。

 

貧乏人でも金持ちでも、

そして、老犬になって捨てようと思う欧米人もいるわけで、

ラオス人も外国人も。

 

人間は本当に大っ嫌いだ、という中2みたいな思考に陥ってる40歳。

 

 

ジミーの去勢手術は無事に終わった。

うちの猫達と同様、病院で大暴れ。

採血するにも鎮静剤必須。

 

木曜日に往診で傷の具合をみてもらうんだけど、

うまくいくかどうか。

 

ただね、血液検査で血小板が少ないってことが分かって、

詳しい検査を進められた。

 

詳しい検査の為の採血でまた絶食状態の鎮静剤使用が必須で、

ちなみに予算も200ドル以上。

 

学校行って少し言う事聞けるようになって、

心身ともに手術のダメージから回復したら行こうと思ってる。

 

犬用のカラーはでかいね。

 

 

これで思いっきり突進してくるもんだから、

ちょっとした凶器だよ。

 

手術翌日のジミー。

カラーに絶望してる。

 

今日のジミー。

ちゃんとポーズをとって決め顔をみせる余裕も。

 

私は毎朝行って、首周りを掻いてあげることしか出来ないけど、

頑張れジミー。

月曜日までの辛抱だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金欠

テーマ:

犬はさ、上を目指せばお金がかかってしょうがないね。

 

まずはさ、餌をオリジンに変えた。

でもこれは1日あたり250円くらいだからそこまででもない。

 

そして今週末はジミーの去勢手術があるんだけど、

それが250ドル。

車がないから、手術の日と翌日のお迎えで4000円。

 

で、手術から回復したら、ジミーを学校に連れて行こうと思うの。

 

ドッグパラダイスっていう、訓練とかもしてくれて、

犬が遊んだりできるところがあって、

そこの人が、ジミーが社会化できるか見てみよう、って。

他の訓練された犬たちが助けになるかもしれないって。

 

でもさ、正直あんまり期待はしてないの。

そりゃ社会化出来て、友達出来て、

そこでみんなと遊べたりしたら最高だけど。

 

でもジミーのあの性格は筋金入りな気がするんだよね。

 

待て、が出来るようになったらいいかな、くらいの気持ち。

 

それが1時間3200円。

往復の車代が2000円。

 

出来る限りの事をしてあげたい、って思っちゃうんだよね。

 

よって私の食事。

ひどいよ、最近。

お金無いのとめんどくさいのとがあいまって、

そしてお菓子を食べちゃいけない、

お肉も食べられない、って縛りもあって。。。

 

おかずは1品だけ。

 

白米と紅ショウガ。

白米としいたけ。

白米と茹でたかぼちゃ。

 

さび子ちゃんのワクチンも打ちたいし、

さび子ちゃんがなめてなめてなめまくってお世話してる旦那も打ちたいし。

 

 

茶トラ3兄弟。

この子はさび子の旦那。

人懐っこいにもほどがある。

 

 

うちの味噌。

最近顔が真ん丸。

 

 

これ、ある日のジミーの家。

 

電信柱、低いよね。

線も多いし。

 

すごい昭和な風景。

 

限界

テーマ:

もうさ、これが私の限界だな、って思ってる。

 

もーちゃん、おーとー、味噌。

これが家に入れられる限界。

 

そしてジミー。

さび子ちゃん。

これが外で面倒を見れる限界。

 

お金もそうだし、時間も。

 

朝ジミーを訪ねて、

お店をやってる時間はさび子ちゃんと遊んで、

お店を閉めてる時間はうちの子達を入れ替えながら遊んで。

 

あ、これが限界なんだな、って思った。

 

今月はさび子ちゃんの避妊手術が終わり、

来月はジミーの去勢手術。

 

今のところは大丈夫なんだけど、

門の外に放し飼いの犬がいっぱいいて、

雌犬が発情してたらジミーに火がついちゃうかもしれないでしょ?

まだカクカク腰を振る事もないんだけど、今のうちにね。

 

おーとーもぶーちゃんも去勢手術はしたけど、

ジミーは玉の大きさが違うじゃん?

それに猫はプリッとしてるけど、

犬は袋がだらーんとしてるよね。

 

術後の様子が心配だけど、

来週の土曜日に手術。

日曜日に引きとり。

引きとった日は一緒に住んでる子に、

ずっと家にいてもらえるように頼んである。

 

移動手段だけが心配なんだよね。

クレートに入ろうとしないから、トゥクトゥクの荷台で移動予定。

 

前の家から今の家に夜逃げしてきた時は、

ジミー、静かに荷台に座ってたんだよね。

 

首輪とハーネス2個使って逃げないようにするけど。

5匹もいたら毎月毎月何かあるよね。

 

もうこれが限界だ。

 

 

限界を超えた人がいるんだけど、

狭いところにたくさんの猫と犬。

死ぬことはないけど、生きてるって言えるのか?と疑問に思う事も。

金銭的にも破たんしてて、200ドル貸してくれって言ってきたことがある。

病院代もツケがたまってる。

最初ジミーを預かるって言ってくれて、一時預かりしてもらってたんだけど、

半月で100ドル払ったのに足りない足りないって追加で請求された。

ノミとり首輪代も60ドル払ったのに、

実際渡された首輪は20ドルのもの。

 

限界を超えたら、

せっかく動物を助けようって始めた事なのに、

人をだます事になっちゃうんだよね。

 

なので、私はこれが限界。

 

仲良く営業妨害中の2匹。