先日あるテレビ番組で残酷なコーナーがありました。

 

“レトルトカレーに勝てるか!!”というお題。

 

主婦の方Aさん・Bさん・2人出てきて、自分の子どもにカレーライスを作ります。

そして、自分の子どもに レトルトカレー、お母さんのカレー、Aさん、の子どもには

Bさんのカレー、Bさんの子どもにはAさんのカレーを食べてもらうのです。

 

一人一口ずつ食べて好きなカレーを指さすのですが、

なんと2人の子どもさん共もレトルトカレーを一番に指さしたのです。

2人のお母さんともショック!!!!!

 

そりゃそうです。毎日夕食のメニューは悩んでおられると思いますし、

カレーもただ野菜とお肉とルーを入れただけでなく、

隠し味や、子どもの好きな物を入れて工夫している。

 

もし自分がお母さんの立場なら・・・。

ショックで立ち直れません。

 

だけどお母さんはこれからも子ども達の為に作り続ける・・・。

すごい事ですよね。

 

でも最後まで見ていると今まで子どもさん2人はレトルトカレーを食べた事が無いらしく、

初めての味だったようで、“新鮮な味”だったんでしょうね。

 

私は子どもはいませんが、ぜひ子どもさんには 懐かしい味を覚えてて欲しいな~。

と思います。懐かしい味や出来事を覚えている事で

とっても心落ち着く事があるのです。

 

そして嬉しかった事や美味しかった物に再び出会いにっこり・・。

そんな出来事を増やしていきたいと思います。

 

だからという訳ではありませんが、                                                                                     

今年の母の日は家族みんなが大好きなカレーライスを食べに

行きつけの店に行ってきました。

 

ついこの前食べたばかりですがまた食べたい。

そしてそこのカレーを食べる時はみんな幸せ!! なのであります。

 

貴志悦子