今年も暑かったですね。まだまだ暑い日が続いておりますが

如何お過ごしですか?

 

もう、9月ではありますがかき氷の話題に・・・。

実は以前コラムに載せた氷屋さんのお話です。

今年の夏もいつも通っている氷屋さんに・・・。

「おっ来たな!!」と息子さんが声を掛けてくれました。

 

息子さんといっても60代、私たちの中では

この店の主は90代のおじいちゃんなのです。

威厳があってかき氷を作る姿はなかなかかっこいいのです。

 

珍しくお父さんが居ないなあと思いながら

いつもの“イチゴミルク”を注文し食べていました。

また次の週にもいつものイチゴミルクを注文して食べながら

息子さんと話していると「去年は初盆やったからお店休んだけど

今年は開けるわな。」と一言。

 

「えっ!もしかしてお父さん!」と言うと、

「言ってなかったかな、去年亡くなってんで」

「93歳、最後まで食欲旺盛でしっかりしてたわ」と一言。

とってもショックでした。私はお店に行き始めて6年ほど、友人などは

30年前からその店に通っています。

 

いつもいる人が居ない。こんなさみしいことはありません。

無くてはならない人が居ないとなんか違和感がある。

息子さんも「おい!なにしてるねん!さっさと準備しんか!」

とおじいちゃんが上から降りてきそうやわ~としみじみ。

お父さんの話を息子さんと沢山話しました。

 

「でもおじいちゃん幸せや。みんなにこんなに話題にしてもらって

きっと天国で喜んでるわ」と息子さん。

 

さみしいけど味は引き継がれる・・・。

 

お父さんが居ない夏・・。

 

私たちは少し物足りないけど、今年も沢山のお客様が列を作っていました。

人の心に残る人・・。

 

本当に素敵です私も少しでもそうなれるよう日々精進していきます。

 

 貴志 悦子

 

AD