お腹が張る=日本人に多いお悩みですが、その理由は | 札幌中医学講座 漢方的食事で体質改善

札幌中医学講座 漢方的食事で体質改善

食べもの・暮らし・環境……
中医学(漢方)の知恵を通じて、病気にかからない健康的生活のコツをお伝えします。
正しい知識を持って、ご家族・ご友人と、楽しい毎日を過ごしましょう!


テーマ:

☆お腹が張る=日本人に多いお悩みですが、その理由は


「お腹が張る」


このお悩みは、漢方相談のお店「まつもと漢方堂」にお越しくださるご相談者さまの、結構大きな割合の方がおっしゃる、日本人によく見られる症状です。



お腹が張る 原因

もちろん、「お腹が張るんです……!!」はメインのお悩みではないことが多いです。


もっと別の深刻なお悩みのご相談があって、お身体の調子をお尋ねするうちに、「そういえば、お腹張りますね」と出てくることが多いんですけどね。


さて、これほど多くのひとが、「お腹の張り」を感じているのは、どうしてでしょう。


体調がイマイチで、漢方相談をしたくなるようなみなさんの中に、とくに多く見られるのは?


そして、「『漢方相談』に行こう!」と決意するほどでなく、「何となく張って、苦しいかも……??」くらいの方、日本人の中には結構な割合で存在するんですが、どうしてでしょうか?




「お腹の張り」の原因は、大きく2つに分かれます。


1つは「気」の問題。


2つめは「血」の問題です。


順にカンタンに解説しますね。




1つめ「気」の問題と言ったのは、正確には「痰湿」の問題です。


「痰湿」とは、食べたもの、飲んだものを完全に消化吸収・利用できず、じわじわと体内に溜まっていろんな悪さをする「老廃物」のこと。


胃腸の働きが低下していると、普通に食べたり飲んだりしているだけで、体内で「痰湿」が生まれます。


さらに、甘いモノや脂っこいモノは「痰湿」を作りやすい、危険な食べものですが、現代人はこういうの、よく食べますよね。


中医学の言葉で整理すると……


●胃腸=「脾」の


●働き=「気」が


●低下して=「虚」して


●老廃物が=「痰湿」が


生まれ、お腹が水の入った風船のような状態になっていくので、苦しい「張り」が現れる、となります。


なので、対処法としては、


「脾の気を補う」


ことをすればよい、となるワケです。


カンタンですね^^


実際、ご相談者さまでは、このタイプがとても多く見られます。


「胃腸が丈夫でない」タイプのみなさんです。


自覚のあるひとも、ないひともいます(「まさか、わたしが胃腸虚弱だなんて……!?」のみなさんですね)。


このほか、ストレスなどで「気」の巡りが滞ってプーッと膨らんで起こる張りもあります。




2つめ、「血」の問題というのは、お腹の内部に、「固形の何か」があって起こる張りのこと。


子宮筋腫や子宮内膜症に伴う張りや、肝硬変による張りなどがよく見られます。


婦人科系の不調で来られるご相談者さま、少なくありません。


「固形の何か」があまり大きく育ってしまうと、病院で取ってしまうより他なくなりますから、お早めのご相談をお勧めしたいところです。




「気」、とくに胃腸の働き=「脾の気」がしっかりしていないと、疲れやすかったり、おいしく食べられなかったり、便通が乱れやすかったりと、症状が増えます。


日本人に多い「お腹の張り」は「脾」を丈夫にすることが大事です。



札幌で10月から開講している、


自分と家族の健康を本気で考えている方のための

「お医者さんに頼らなくて良くなる」はじめての中医学


は、毎回単回受講していただけるのですが、


次回1月10日(木)10:00~12:00

第4講 「脾」と消化吸収


で、脾を丈夫にする方法、コンディションを整える方法についてお話しします。


中医学 基礎講座 札幌


お腹の張りや、疲れ、食欲、便通など、「脾」=胃腸に弱点がありそうなみなさんは、ぜひ1月10日の第4講にご参加くださいね。


こちらの「中医学5日間無料メール講座」にご登録のみなさんから、優先でご案内いたします。




また、


自分と家族の健康を本気で考えている方のための

「お医者さんに頼らなくて良くなる」はじめての中医学

全6講

は、


1月19日(土)・20日(日)の2日間


で、


<冬期集中講座>


を札幌で開催いたします。


こちらも準備が整いましたら「中医学5日間無料メール講座」にご登録のみなさんからご案内しますので、ご興味おありのみなさんは、今から登録なさっておいてくださいね~^^













札幌まつもと漢方堂
◆講座一覧
お問合せはこちら

TEL:011-215-7544

まつもと漢方堂さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります