札幌中医学講座 漢方的食事で体質改善

札幌中医学講座 漢方的食事で体質改善

食べもの・暮らし・環境……
中医学(漢方)の知恵を通じて、病気にかからない健康的生活のコツをお伝えします。
正しい知識を持って、ご家族・ご友人と、楽しい毎日を過ごしましょう!

☆更年期以降「老化」を遅くするには

 

昨日は手指の関節に痛みが出たときの治し方を、中医学的にご説明しました。

 

痛みが出ているときには、まず状態の分析から行いますよ……とお話ししたのですが、その中でさらっと、

 

「腎精」

 

という言葉を使っていたことにお気づきでしょうか?


成長 老化 腎

 

この、

 

「腎精」

 

とは、人間が生まれてくるときに、お父さん・お母さんからもらってきた、大事な生命力のおおもと。

 

これを使って人間は、受精卵から成長して赤ちゃんとなってこの世に生まれ、大人になり、今度は自分の子供を産み出します。

 

そして、恐ろしいことに、「老化」によって起こるすべての変化は、この「腎精」が減少することが原因なのです。



 

むか~し昔の、人生50年時代は今知らず、80~90年この身体で生きていかなければならない現代。

 

腎精を蓄える、「腎」の働きはとても大事です。

 

腎が丈夫だと、スクスクと元気に育つし、年齢より若々しい見た目を維持できます。

 

腎が弱っていると、成長が遅かったり、骨がもろくなりがちだったり、老化による変化が早くきます。

 

化粧品を皮膚の外から塗っても、体内のコンディション、「腎」のコンディションが落ちてたら、追いつきませんよ!

 

ということで。



 

まつもと漢方堂の人気講座、

 

自分と家族の健康を本気で考えている方のための

「お医者さんに頼らなくて良くなる」はじめての中医学

 

第6講 「腎」と成長老化

 

では、

 

・「腎」という臓の働きと不調の表れ方

 

・もし不調が来ちゃったらどうすればいい!?=養生法

 

をお伝えいたします。

 

日時:9月1日(木)10:00~12:00


会場:札幌市まつもと漢方堂

 

です。

 

単回受講のお申込は、こちらの「中医学入門7日間無料メール講座」にご登録のみなさんにご案内しますので、気になる方は今から登録なさっておいてくださいね。↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌まつもと漢方堂
◆講座一覧
お問合せはこちら

TEL:011-215-7544

 

 

 

 

☆手指の関節に痛みがある・変形してきたの治し方

 

指の関節に、じんわりと鈍い痛みを感じる方、多いですね!

 

とくに、「そろそろ『更年期』かしら……??」という頃合いに、よく始まります。

 

そう、この「指の関節部の痛み」は、更年期に起こりがちな、よく見られる症状のひとつです。


ヘバーデン結節 指関節の痛み

 

これ、放っておくと、関節の腫れや変形を招きますので、早めのお手当が大切です。

 

……とはいえ、病院へ行っても、「シップ」とか「テーピング」とか、なかなか効果的な対策を紹介されないんですよね。



 

中医学では、関節に痛みがあるとき、まず、


 

1、腫れや赤みがあって、部分に熱を持っていないか

 

2、加齢による影響が出てきていないか

 

3、細かい関節部分に、充分に栄養が行き渡る環境が維持されてるか


 

を確認します。

 

中医学用語で解説すると、


 

1は湿熱の邪気の存在確認←存在すれば、取り除きます

 

2は腎精不足の程度を確認←どのくらいの濃さで補うか決めます

 

3は血瘀の程度を確認←痛みと直結するので、お手当の強さは大事


 

となります。

 

よく改善しますよ!



 

痛みがある段階なら、数日でよくなってくることが多いですし。

 

関節の変形も、改善した方多いです。

 

でも、できるだけ、変形まで進む前にお手当していただきたいです。

 

漢方薬はとても効果がありますが、もうひとつ大事なのは、やはりここでも「養生」。

 

指の使いすぎを止めないと、漢方薬で痛みが取れても、またすぐ再発します。

 

たとえば……


 

・食器洗い

 

 関節に力が入るだけでなく、水に浸してる時間もよくない(>_<)

 「ゴム手袋は感覚が分からなくて、キライ」という方はとくに要注意です


 

・雑巾がけ

 

 「絞る」動きは、関節にムチャムチャ負担かかってます

 せめて古布を切って使い、絞らず捨てるくらいの気持ちで


 

・草むしり

 

 やった後に痛みがくる家事No.1です

 シルバー人材センターに頼むとか、「わたしがやらねば」を放棄して


 

などなど、普通の、当たり前のことなのですが、「当たり前」なだけに回数が多いです。

 

ここの回数や程度を減らすことが大事ですよ。

 

このほかに、

 

「買いもの袋を手に提げて歩く」

 

も痛みが出やすいですし、盲点としては、

 

「手洗い後、手を振って水を切るときに、無意識に関節をパチンと弾くクセ」

 

のあるひと、多くないですか?

 

ひとつひとつは細かなことですが、毎日毎日、着実に指の関節には負担になってますからね。

 

これからの人生、まだまだ長いので、更年期近辺で身体にかかってる負担を見直すのって、意義が大きいと思いますよ。



 

ということで、


 

●指の関節に痛みを感じるみなさん

 

 ……まつもと漢方堂の漢方相談へどうぞ!

 

●漢方相談のプロになりたいみなさん

 

 ……「腎精」「血瘀」「湿熱」の関係を整理して、お客さまを治せる技術を身につけてね


 

以上、本日の結論でした。






 




 




 

札幌まつもと漢方堂
◆講座一覧
お問合せはこちら

TEL:011-215-7544

☆【動画公開】【3分でわかる】アトピー性皮膚炎の本当の原因 / 漢方・中医学のプロが解説

 

月に2本更新しております、

 

まつもと漢方堂YouTubeチャンネル

 

ですが、新作動画をUPいたしました。

 

【3分でわかる】アトピー性皮膚炎の本当の原因 / 漢方・中医学のプロが解説

 

 

です!

 

ついに、わたくし松本比菜の、もっとも得意とするところの、

 

「アトピー性皮膚炎」解説動画

 

でございます。

 

やっと、たどりつきましたね、ココに。

 

これから、「原因」「治し方」「漢方」……と続いていきますので、

 

まずは、アトピー性皮膚炎という病気の原因と仕組みについて解説しておりますので、ぜひご覧くださいませ。

 

「チャンネル登録」「Goodボタン」もお願いいたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌まつもと漢方堂
◆講座一覧
お問合せはこちら

TEL:011-215-7544