障害飛越 ♫

テーマ:

ゴールデンのさくらちゃんの障害飛越ベルベルベルベル




アップアップアップアップ

最初は低い所からチャレンジベルベルベルベル

ママさんが手に持っているのは木製ダンベルです  





アップアップアップアップ


ママさんの投げたダンベルを取りに行きますベルベルベルベル



アップアップアップアップ


綺麗に飛ぶさくらちゃんベルベルベルベル




アップアップアップアップ


無事、着地〜〜ベルベルベルベル


障害飛越

余り聞き慣れない言葉かもしれませんが、以前 映画化もされたラブラドールのきなこちゃんしっぽフリフリラブラブと言えば、ご存知の方も多いかとベルベルベルベル





アップアップアップアップ


こちらの画像はきなこちゃんサイトよりお借りしております


見ていると簡単そうですが、難易度は高いです





アップアップアップアップ


高さを上げて、挑戦中のさくらちゃんベルベルベルベル










アップアップアップアップ


無事 着地〜〜ベルベルベルベル




アップアップアップアップ

飛び終えて、ママさんが投げたダンベルを咥えて戻って来るさくらちゃんベルベルベルベル


次回は更にレベルアップする予定ですしっぽフリフリラブラブ

苦手なコわんわんもいる中、楽しくチャレンジしてくれるさくらちゃんベルベルベルベル


私も生徒さんワンコしっぽフリフリラブラブが楽しくお勉強出来る様に精進して参りますニコニコ音譜






告白 ⑥

テーマ:
みんなが居た時も毎日、散歩に行っていたが

それは金太郎が1人になってからも、唯一 変わらない日課の1つだった。


チワワやシェパード、ドーベルマンを出先で見ると金太郎はテンションが上がった。


尻尾を振りながら嬉しそうに見ていたのは事実だった。


私には、あっ! お兄ちゃんかも!  おねえちゃんかも!   という期待感で金太郎が喜んでいるとしか見えなかった。 


擬人化して見てたんでしょ。と言われたら、そこまでだが、当時の私には金太郎がそう期待感を持って、尻尾を振りながら自分の所に来てくれるんじゃないか。 としか見えなかった。

何せ朝、金太郎は獣医さんに預けて他の7頭は出先で亡くなってしまい金太郎にしてみれば、お兄ちゃんやお姉ちゃんは。。。と思うのは当然だ。


今、振り返ってみても やはりそう思ってしまう。


しかし、既に亡くなった7頭がそこに居る筈は無いのが現実だ。


そんな日々が続き私は段々と金太郎が不憫に思えて来てしまった。



家に居ても皆んなで遊んでいたオモチャを大事に抱えてたり、みんなの臭いが付いているだろう物に執着したり。 


勿論、金太郎のそういった寂しさを紛らわせようと私も精一杯、金太郎と遊んだり出掛けたりした。  と同時に私も金太郎に支えられていた事は紛れも無い事実だ。


と 同時に私自身、全く立ち直れてない日々だったが金太郎に悟られない様、普段通りの自分である様に努めた。


別に自分を美化している訳ではない。当時はそうする事に必死だったのだ。


そんな私は周囲からは奇異にみえたのだろう。


よく、平気でいられるね。  元気そうでよかった。  という言葉を掛けられた。


心配して声を掛けて下さる方。

興味本位で声を掛けてくる方と様々だった。

色々な雑音も入ってくる日々。


段々と平静を装っている自分に疲れてきた。

自分なりに色々な意味で戦って来たつもりだったが、限界は近づいていた。


 2016年10月6日、私は完全に心が折れた。 


私は金太郎と心中しようと思った。


そして、当時 親しくさせて頂いていたご夫妻の方にLineを送った。 本気にしては居ないであろう返信がすぐに来た。それで良いと思った。


因みにそのLineの文章はまだ生き残った私は今も持っている。


特に当時、お世話になっていた方には手紙をポストインした。


何故、金太郎を道連れにしようとしたのか。


里親を探すなりしなかったのか。

それには理由があった。


つづく。。。