WiFi6について勉強:徐々に製品がリリース、5Gと共に進化か? | 無線LANオタクのつぶやき:spectrum-tech
新型コロナウイルスに関する情報について

無線LANオタクのつぶやき:spectrum-tech

無線LAN関係の状況などをコメントしてゆきます。たまに、無線全般に書いてゆきます。見える化、脆弱性、セキュリティなど

1.はじめに

 WiFi6(元の呼び名は、IEEE802.11ax)の製品(ルータ、スマホ、PC)が出回り始めました。昨日、無線の専門家として学習しました。わかりやすく解説します。

2.WiFi6

(1)WiFi4,5,6の比較

wifi5(ac)に比べて3倍の速度。実際には、バッファローのルータは、3.7Gbpsでacと同じ。今後最終スペックが登場すると思われる

(2)WPA3について

これまで使っていたWPA2も古くなってきたので、WPA3が登場。暗号化も192bitsと深くなってます。すでにハンドシェークで例の教授から脆弱性が指摘。素人でハックできないと思いますので、無視でよい。

(3)5GHzの新しいチャンネル

5GHzでch144が許可されて少し利用しやすくなりました。既に海外は、WiFi6Eで6GHz帯への拡張する模様。Cバンドの衛星などがいるので、そんなに簡単に拡張はできないと思われる。

 

(4)製品群

製品は、スマホが先行して採用。ルータは一部。今後10GpbsをWiFiで利用するとなると、バックボーンのスイッチ、ルータ、回線を高速化する必要があるので固定系は時間がかかる。5Gのテザリング用で使うのが一番かも。

3.問い合わせ先

当社の強み

・無線LANの専門調査会社として、セキュリティから電波までの無線LANの専門性を強みとしております。

・無線歴35年、SI歴25年の専門家が対応します。

・自社所有の測定ツール(Linux,スペアナ、電波診断ツール、セキュリティ診断ツール、トラヒック診断ツール)により迅速に対応します。

スペクトラム・テクノロジー株式会社

https://spectrum-tech.co.jp

電話:04-2990-8881

email:sales@spectrum-tech.co.jp

担当:村上

 

via Spectrum Technology
Your own website,
Ameba Ownd